16:東日本大震災追悼行事 2015

忘れません、被災者に寄り添って <東日本大震災の被災者支援続ける>
 道後教会では信徒たちが話し合って、復興が進まず今なお仮設住宅で苦しい生活をする方々への支援はまだまだ必要で続けなければならないと決めました。
 これまで現地のボランティアグループと提携して被災者への支援金のほか毛糸で編んだ手作りのひざ掛けなどの生活用品、ミカンなどを送りイベントを盛り上げるなどの支援を続けています。

◆追悼ミサとミニコンサート
 聖堂で、追悼ミサが川上栄治神父の司式で行われました。
 信徒ら90人が出席し、震災で亡くなられた人々の永遠の安息と、困難の中にある被災者のために祈りました。
 ミサ後にはキャンドルサービスが行われ、ローソクの灯がささげられました。
 また、コンサートではコーラスグループ「カンターテ カリタス 松山』が慰霊の祈りのこもった美しい歌声を披露しました。