13:東日本大震災追悼行事 2012

 東日本大震災被災1周年の3月11日(日)、祈願ミサ、支援バザー、鎮魂のコンサートが行われた。
 祈願ミサには約90人が参加。震災で亡くなった方、復興に向かっている方、支援者たちに神様のいつくしみがありますようにと祈った。
 支援バザーにはカレー、マドレーヌ、アレンジフラワーなどが出品された。カレーのチケットは行列をつくるほどで順調に売れ、マドレーヌ、アレンジフラワーなどもまたたく間に売り切れになるほどの人気ぶりだった。
 午後1時からアンサンブル・ユビラーテ出演のコンサートが聖堂で行われた。道後教会青年の被災現地報告の後、演奏に入った。T.L.ヴィクトリア作曲の「レクイエム」(死者のためのミサ曲)が歌われ「永遠の安息を彼らに与えたまえ」の思いが重厚なハーモニーによって表現され、約60人の聴衆に感銘を与えた。