Dublin, Ireland [October, 2006]

 北IrelandのBelfastに日帰りしたことがありましたが、本家(?)はこれが初めて。たまたま現地の会社と仕事のつきあいができ、一度本社で話そうと言われての訪問。金曜までFranceで会合、土曜日にDublinに入り、月曜日の会合の後でGermanyに移動という日程でした。
 言葉は英語、通貨はEuroと、楽な滞在だったはずですが、天候に恵まれず行動範囲が限定されてしまいました。
 一つの要因は、hotelの選定を誤ったこと。繁華街にしておけば、どこに行くにも便利だったのに、当時HHonorsのgold会員だったので、ついついHiltonを選択したのが失敗。中途半端に街の南にあって、公共の交通機関での足回りに難がありました。
 東西に走る路面電車のLUASのred-lineがあちこち動くには便利なのですが、HiltonからだとLUASのgreen-line(最寄り駅はCharlemont)で北の終点のSt. Stephen's Greenまでの二駅だけの乗車。そこから500mほど歩いてLiffey川を渡り、red-lineのAbbey Street駅に行くことになります。代替手段はbusですが、これも停留所とhotelがちょっと離れていて、決して便利ではありませんでした。
 
 Parisから飛んできた際、うっかりcameraのbodyをcheck-inする荷物に入れてしまい、手荷物はlensだけ。Irish sea上空で、いざ撮影をと思ったらbodyが出てきませんでした。離着陸の衝撃に耐えただろうかと、余計な心配をする羽目に。結果はご覧の通りで、つつがなく撮影できています。帰国後に
見つけたのですが、ここに古い地図が掲載されています。
 
 Parisから飛んできて、hotelにcheck-in。散歩に出かけたところです。人通りが少なく、ちょっと心細くなります。Bus停が見つからず、そのままLUASのred-lineの駅まで歩きました。2kmほどの散歩です。  北に向かって歩いていくと、街がだんだんにぎやかになってきました。Darwinはイギリス人ですが、ここの大学にいたことがあったと、記憶が蘇ります。 
 首都らしいにぎやかさです。  LUASの駅を目指してLiffey川を渡ります。遠景の頭が丸い建物はFour Courtsという四つの裁判所の集合体。
 高いところから街の全貌をつかむ計画で、まず目指したのはChimneyという煙突展望塔。脇についているのはelevatorで、煙突の先端に二階建ての展望台があります。順番待ちでしばらく煙突の下にいましたが、周りは大半がドイツからの観光客でした。
 展望台からの眺め。曇っていて視界が開けません。窓ガラスの反射もあり、はなはだ不鮮明ですが、東の港を含め、街の全貌が何となくわかりました。最下段右には明日行こうと思っているGuiness Storehouseが見えています。 
何となく大阪を思い出してしまいました。  展望台を降りて駅に戻る途中で、これも明日来るつもりの施設の看板を見つけました。最寄り駅は今日と同じです。
LUASに乗ってO'Connell橋の近くに戻ってきました。Daniel O'Connellさんの像には足許に翼があります。彼の唱えた4つの美徳の象徴: 愛国心と勇気、忠誠心、それに雄弁だそうです(Lonely planetの受け売り)。

 この日はここまで。まっすぐ南に下ってLUCASのgreen-lineで戻ることにします。
結構肌寒かったので、途中の店でsweaterを買いました。

日曜日はさらに天候が悪化し、雨に降られるのを覚悟して出かけることにしました。今日は屋内競技に徹しようと考えています。
 もよりのbus停を発見。この街のポストはさすがに緑です。停留所の前に教会がありました。
バスを降りて、再びO'Connell streetへ。Spireという針のような建造物です。高さは120m! 右は、Abbey streetの駅。
James's駅で降りて、東に向かっています。塔が途中でなくなったような教会の前を通過。
目指すはGuiness storehouse。26ヘクタールある醸造所の敷地内に設けられた博物館で、1769年創業以来の歴史を学びます。
新旧混在という様相。トマソンもあります。
入場券を求める人の長い列がありました。Dublin passを持っていたので列に並ぶ必要もなく、すんなり中に入れます。7階まで順に見て歩けばご褒美にOne pint飲ませてもらえるとの説明。午前中から飲むのもどうかと思いましたが、ここは遠慮しないことにしました。最高で5,000人が働いていたこともあったのに、自動化の進展で600人まで減少したのだそうです。
順路通りに歩いて、最上階へ。首尾よくbeerにありつけましたが、天候はますます悪化。視界も開けません。写真は窓ガラスの写り込みの少ないのを選んで載せています。
 降りてきて、玄関付近。これより下は、記念撮影をする人たちの顔が並んでいるので、trimmingしました。 再び、LUASに乗って昨日も来たAbbey St.駅に。
わかりやすい矢印の標識に従って、次の目的地を目指します。後ろに見えているのは、St. Michan's Churchの塔。
Jameson蒸留所に来ました。ここはguided tourなので、申し込んでから自分のtourまで待ちます。その間に、軽い昼食をすませました。
 Guideつきなので、勝手なペースでは歩けず、写真撮影もままなりません。
Boschの絵に出てくる怪物を思い出す形状のstillが並んでいました。ここも最後に試飲がついて、おしまい。

外に出たら、雨が本降りになっていて、今日は店じまいした方がよさそうだと決めました。
川向かいを歩きながらずっと気になっていた教会まで来ました。Guide bookには載っていませんが、SS Augustine and John churchです。Cameraを濡らさないように傘を向けると、撮影者がしっかり濡れてしまうのを発見。繁華街までbus、そこからLUASに乗り継いで、hotelに戻りました。
記録のためだけの写真。Hotelの建物から右に突き出ている高架がLUASの線路です。 Hotelの前からGrand canalの対岸を眺めたところ。
円筒形の構造物の右がLUASのCharlemont駅になっています。
 翌日、予定通り仕事を終えて、夕方の便でBerlinに向かいます。この日は好天で、週末と入れ替わっていて欲しかったと思いました。ちょっと疲れていたのか、乗り継いだFrankfurtで本来乗るLH便と30分違いのflightのgateに向かって歩いてしまいました。

topに戻る。
Copyright(C) 2009/2013/2014/2018/2019/2021  CPU.BACH. All rights reserved.