調布わいわいサロン
              まち歩き    
                                     
わいわいサロンのアウトドア版。
調布に関わる歴史、建造物、市民活動施設などを学び、見学。
自分の住むまちを知る「まち歩き」を実施し、参加者から新しい発見に感嘆の声が挙がっています。
好評のうちに終了した「野川ウォーク」全9回の資料を、冊子化する予定が進んでいます。

          まち歩きからのお知らせ

 野川ウォークの続編として次のシリーズを予定しています。

                 乞う!ご期待!!

  9回に亘りました「野川ウォーク」の資料を冊子化の声を多数いただきました。
 2011年3月に資料を元にして冊子が完成。
 お問い合わせはこちらまで 042-487-7744(小西)


企画リーダーより、シリーズ「野川ウォーク」のお礼

 6/12をもちまして、無事、野川を歩きとおすことができました。
 これもみなさまからのご協力とご指導をいただいた結果と厚く御礼申し上げます。
 野川ウオーキングが企画された時、現在の野川を歩くだけではなく、野川と野川流域の歴史、現在、未来をできるだけ紹介しようと考えました。
 現在の野川の紹介は見た通りを紹介すればいいテーマでしたが、過去(歴史)や未来は無形のものが多く、言葉や視覚で紹介しにくいテーマでした。それでも、資料や古い写真などを集め、さらには大岡昇平や松本清張の小説の一説を引用しながらも野川や流域を紹介してきました。
 今回、完結した機に、資料を一冊にまとめたらのお声もありました。
 ご参加いただいたみなさまに、感想文をお願いしました。その感想とともにまとめたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします
文中の参考資料


 大岡昇平著
 「武蔵野夫人」


 松本清張著
 「波の塔」

6月12日(土) 第9回 野川ウォーキング 
         〜野川の最下流を歩く〜 を開催しました
      
    真夏の暑さの中、ついに多摩川との合流点まで
    達しました。
    昨年4月に国分寺の源流を訪ねてから「兵庫島」
    まで9回、爽やかな感慨を覚えます。
    最終回の野川ウォークに参加いただいた皆様
    ありがとうございました。

 野川の最下流
多摩川との合流点 に最も近い橋にて