調布わいわいサロン―
高齢を幸齢にプロジェクト 

高齢社会を幸齢社会へ!!
超高齢化社会をどう生きるかを考え、語り合います。
支えあい・助け合いの輪の広げましょう。
隔月程度のペースで企画を予定しています。

   高齢を幸齢にプロジェクトからのお知らせ

11月19日(土)開催 「食と睡眠で調布を日本一の元気な街に」ご報告
    話し手:遠藤拓郎医学博士(スリープクリニック調布院長)

 11月19日は朝から雨に風
 市役所前のイベントも中止の荒れ模様の中、足を運んでくださった皆様に感謝、感謝です。
 遠藤Drも、多くの患者さんの診療を終えて 雨に濡れながらパソコン担いで駆けつけてくださり
 有難うございました。
 「眠りを制する者は人生を制する」
 なるほど! 
 睡眠は習慣、悪い習慣は直して元気な毎日をと具体的なアドヴァイスを沢山くださいました。
 「子供は早寝、早起き、朝ごはん」 「高齢者は遅寝、遅起き、だらしなく」のお話にこれまた納得
 あっという間の一時間半、なんだか今夜はぐっすり眠れそうな気分で解散いたしました