千葉県バレーボール協会 会長挨拶

千葉県バレーボール協会
会長 古川 和男

ご あ い さ つ

 はじめに平成29年度の本県内で開催したバレーボール関係の大会や研修会は、各種目別連盟や各専門委員会の皆様のご尽力によりまして滞りなく盛会裏に終了したことに深く感謝と敬意を申し上げます。 

 また、本協会が主管した関東地域以上の大会、全日本バレーボール小学生大会全国大会(8月)、関東バレーボール6・9人制クラブカップ男女選手権大会(7月8・9日)、関東ソフトバレーボール・ブロックフェスティバル(1月21日)、関東バレーボール地域リーグ決勝大会(11月18・19日)、2017/18V・チャレンジリーグU女子(11月)、V・チャレンジリーグU男子(12月・2月)など、今年も県内大会や研修会と重なる厳しい日程の中、関係の皆様、ママさん連盟の皆様、関係高校・大学バレーボール部の皆様方には、準備から運営・片付けまで大変なお骨折りをいただきました。お陰様で無事終了することができました。心より感謝申し上げます。

 さて、今年も特出すべくチームの活躍を紹介したいと思います。
〇第33回関東小学生バレーボール大会において出場した5チームすべてが各ファイナル(コート決勝)に進出しました。男子は、印旛ヴィクトリー、丸山VSボーイズの2チーム、女子は鎌ヶ谷中部、印旛ヴィクトリー、佐原クラブの3チームです。頑張りました。
〇第47回全国中学校男女バレーボール大会に翔凜中学校と坪井中学校の女子2チームが進出しました。全国大会には県代表になり関東大会に出場しベスト8以上に入る必要があり、本県では史上初ということです。
〇第72回国民体育大会(愛顔つなぐ愛媛国体)バレーボール競技で天皇杯・第3位になりました。これは、第65回千葉国体(第2位)に次ぐ成績です。チーム成績は、男子ビーチバレー(高橋・上場組)第3位、少年男子(習志野高校)第5位、少年女子(柏井高校)第3位です。
 このような若い世代の活躍は、今後の本県バレーボール競技及び協会発展の礎になるものと確信しております。

 結びに、役員並びに関係者の皆様には今後も健康に留意され、バレーボール競技の普及・強化・運営にご尽力くださいますようお願いし、「あいさつ」とします。

 ホームページをご覧頂くにはAcrobatReaderが必要です。下のリンク先にて無償でインストールが出来ます。