水虫薬で治療しても何度でも再発する水虫の簡単な治療法!みずむしが20分の超簡単な治療で完治します。水虫の再発予防方法と市販の水虫薬では治らないみずむしを皮膚の中から駆除

激安市場TOP

会社案内

たった20分で頑固な水虫が完治した!

水虫漢方
水虫TOP 白癬菌 水虫とは 感染経 防止対策 爪水虫 申込
水虫が30分で完治
水虫薬で治らない厄介な水虫の防止方法!みずむしの撲滅作戦
厄介な爪の水虫
爪水虫(爪白癬)は手足の爪が水虫になります。これは足と同じ白癬菌というカビによるものの感染症です。この菌は爪や皮膚にあるケラチンというたんぱく質を好む菌です。かゆみがないので、気付かない事もあります。ご自分の手足、ご家族の爪をチェックしてみては?
爪も皮膚の一部であるから、水虫になる。爪の場合は白く濁るので、すぐそれとわかる。通常は先端から内部に白濁が拡大する。白癬菌に侵されると、爪はボロボロに変性し、進行するとパンを焼いたように膨れて分厚くなって、内部は軽石状になる。この傾向は親指で特に顕著に現れ、靴が履けなくなるほど爪が厚くなることがある。同時に爪の幅は狭くなり、全体として縮こまった感じになる。皮膚に出来る水虫も爪の水虫も同じ白癬菌です。塗り薬などで治ったと思っていても、白癬菌は爪の中に潜んでいまので、また水虫が発症してしまいます。水虫菌は根深いので、しっかりとした対策が必要です。また水虫菌は感染しますのでご自分だけではなく、身近にいるご家族の予防も、とても大切です。家族内に水虫の人がいれば、一番身近にいる人が感染しやすく、家庭内では共有しているものがたくさんあります。例えばトイレのスリッパやバスマット、玄関マット、ベランダや玄関の履物などに注意しましょう。


【水虫の治療】

一般には、塗り薬で治療する。爪水虫や、足や手の角化型の水虫、また全身に及ぶたむしの場合は
飲み薬が必要となる。多くの場合、最低でも半年はかかる。
『治癒した』と思っても、なお1、2カ月は続ける必要がある。冬場になっても根気よく治療を
続ける事が、完全勝利への道である。

爪の中の水虫菌はしつこいので根気よく、治療をしましょう。

水虫菌はしつこいぞ!
今すぐ水虫漢方を注文