中国でゴルフ。深セン、広東省、北京、上海のゴルフ場案内やゴルフ練習場案内。旅行とゴルフを楽しむには、中国でのゴルフ予約と送迎サービス。運転手付きレンタカー

激安市場TOP
海外ゴルフ案内。中国の深セン市近郊の最新ゴルフ状況とコース紹介

中国ゴルフ案内

ご利用の規約と会社案内

サイトマップ

TOP 価格別ゴルフ場ランク プレー予約代行 レンタカーサービス その他送迎サービス 申込
ゴルフショップ事情

最近は市内のデパート等や街角にゴルフショップも多くなってきた。また、各ゴルフ場の入口近くにも
数軒のゴルフショップが点在する。ボール等も豊富で、ロストボールも安価に手に入る。
その中には日本ブランドのボールもあり、現地調達が容易である。
ロストボールは大体が1個2-3元(30円から50円)と安価で、品質の良いボールや、ほとんど新しい
1回しか使用していないと考えられるボールもあるので、現地での購入が便利である。
メーカー正規品のクラブなどの価格は関税の関係で、日本と同じか、日本で購入するより少し高い。

羅湖駅の商業施設(駅ビル)の中には、数坪のゴルフショップが10軒ほどある。ここで売っているクラブや
グッズは殆ど偽者だが交渉でかなり値段も下がる。本物以上に飛ぶドライバーも売っているとの噂も
ささやかれている。ウエアも殆どが偽ブランドで品質は良くないが、交渉すると値段が5分の1くらいまで
下がることもある。たまに正規品の横流し品もあるらしく、これはお買い得。
2008年8月のオリンピックの際に、これらのゴルフ用品店は羅湖商業城から姿を消してしまった。
おそらく当局の取締りが厳しく、商売ができなくなった為と思われる。当然と言えば当然の結果である。


各ゴルフ場の門の外には大体数軒のゴルフショップが並んでいる。クラブ、シューズ、ウエア、ボール、
キャディーバック、小物などそろっている。ロスとボールもかなり置いてあるが朝早いスタート前はショップが
開店していないので注意。中国での人気ロストボールは、タイトリスト・ナイキ・キャロウエイで、日本製の
ボールを使用する中国人プレイヤーはほとんどいない。日本のボールメーカーの奮起を期待する。
しかし日本製のロストボールも数は少ないが売っている。

クラブに関して、日本メーカーの販売・宣伝は立ち遅れていて、アメリカのメーカーがほとんどを独占している。
日本メーカーでは、本間ゴルフ1社が頑張っていることは評価できる。

市街地から近い深セン名商高爾夫倶楽部深セン沙河高爾夫倶楽部の入り口近くには
ゴルフショップが数軒あり、ロストボールが1個2-3元(30円から50円)程度で買えるので現地での
ボール調達は簡単。もちろん新品もあるが日本と値段は同じくらい。その他ウエアやクラブ(本物)、
シューズも販売している。シューズ等はかなり割安で購入できる。
その他のゴルフ場の近辺には小さなゴルフショップもあり便利である。

長安のゴルフショップ

長安市内にある、長安ゴルフ場入口に通じる市街地の道路の両側にはかなりの数の(15-20軒)
ゴルフショップが集中している。長安では外国向けのゴルフクラブ製造工場も多く存在しており
近県からわざわざ買いに来るゴルファーも多い。クラブ・ウエア・ボール・バックなどすべてが安価に
購入できるが、模造品も多いので、クラブを購入する際は自分の目で確認するなどの注意が必要
近年は中国政府の模造品撲滅政策の推進のため、若干模造ゴルフ用品は少なくなってはいるが、
購入する人がいる限り、粗悪品も含めた模造ゴルフ用品は作成されている。
2008年の初めに日本でも話題を集めたパター、テーラーメイドのスパイダーが発売後すぐにショップに
売られていた。見た目にはほとんど見分けがつかない精巧なつくりで、打った感じも本物と遜色なく
中国の模造品作成スピードの速さには驚かされる。