(技術編) 桜はよく虫がつく?
 桜は本当に他の樹木と比べて、虫が多くつくのでしょうか?
桜を糧とする昆虫は、他の樹木と比べてけっして多いものではありません。他の広葉樹と比べると桜の虫害は、わずかばかり多い程度ではないでしょうか。
 それでは、なぜ、桜の名所では、時として大量に虫が発生するのでしょうか。それは、桜(特にソメイヨシノ)の単一植栽に原因があると考えられます。桜だけの植栽だと、いったん虫が発生すると、どうしても大量に発生してしまうのです。一般の桜の名所は、自然の植生を完全に破壊した形で成立している場合がほとんどです。そして、単一植栽でかつ、過密に植栽されている現在の桜の名所の環境は、容易に虫が移動(全生育過程で可能)し、そして、大量発生とつながっていきます。元来、山野に他の樹木と混在して存在していたはずの桜は、その本来の生育環境では、同様に成立している天敵となる昆虫や鳥類の存在があり、多様な生態系をささえる植物であったといえます。
 皆さんも、山野で桜だけが虫で丸坊主になっているのを見たことが無いはずだと思います。つまり人がつくりあげた現在の桜の名所の環境は、人の手によって破壊された結果、その代償を桜が負っているように思えてなりません。
 「日本の風景は、やっぱり松と桜」だといって、「エノキなどの雑木は、切ってしまった方が良い」という意見があるというのを聞いたことがありますが、これは大きな間違いです。天敵となる昆虫の住処の提供、野鳥を誘致するような樹木の存在、そういった樹木と桜を共存させることが、桜が健全に育つ環境づくりにつながるものと考えるべきです。

だから皆さん、桜は花が散ってしまえばおしまい、あとは虫がわくので大嫌い〜と言わないで下さい。
夏場に虫の食害をうけ、秋頃に出てきた芽(土用芽)、冬頃になっても落葉しません。
夏以降の急激な落葉は、くるい咲きの原因ともなりますが、こういったことが毎年繰り返されると樹勢は衰退します。
桜の代表的な害虫、モンクロシャチホコ
(お願いしたいこと)
 家庭にお庭でも実践できることです。

・天敵をむやみに駆除しない。
 クモやアシナガバチは、益虫です。最近、ハチといえば過剰におそれるあまり、小さなアシナガバチの巣まで駆除される方がおられます。
 アシナガバチ等、肉食のハチは鱗翅目の幼虫を捕食します。クモは産卵にくる成虫をつかまえます。
 また、桜によくアリがいるのを見かけますが、桜の葉にある蜜腺からの分泌液を求めて集まるものと推察されますが、アリも肉食が主です。
 いっぱいたかっていても桜に悪さを働くものでもありません。桜の葉を食い荒らす害虫から桜を守っているのがアリなのです。
 共存共栄の美しい姿ではないでしょうか。

桜の蜜腺に集まる蟻

・薬剤はむやみに多用しない。
 薬剤の多用は様々な面でマイナスです。桜をよく観察し、初期の段階(幼齢期の集団摂食)で捕殺しましょう。
 ただ、大きな木や本数が多いと物理的には無理です。


・桜を密植しない。
 桜を密植すると、枝の交差部分から容易に害虫が移動します。食べる枝がなくなると次から次の桜へ移動するのです。
 桜1本を大きく のびのび育てる環境作りと、様々な樹木をともに植栽させることをお奨めします。
自然の中のヤマザクラ
多様な自然を支える植物の一つです。

このはなさくや図鑑〜美しい日本の桜〜トップへ