日本の桜

桜の種・品種等を
名前から検索
あ   行 か   行 さ   行 た ・ な 行 は   行 ま   行 や・ら・わ行
開花期から検索 早  い 同  期 遅  い 秋・冬咲き
 ↑ ソメイヨシノと比較(地域差があり、開花がおそいものでも同期に咲く場合あり)基準を参照のこと
日本に自生あるいは
栽培されている桜を
系統別に分類
エドヒガン群
カンヒザクラ群
シナミザクラ群
チョウジザクラ群
マメザクラ群

ミヤマザクラ群
ミザクラ群
ヤマザクラ群
 ・カスミザクラ
 ・オオシマザクラ
 ・ヤマザクラ
 ・ベニヤマザクラ
サトザクラ類
ヤマザクラ系等
serrulata

サトザクラ類
その他
serrulata
種間交雑
不 明
その他
このはなさくや図鑑〜美しい日本の桜〜 Topへ

開花初期、花弁にピンク色が残る。枝いっぱいに花をつけ美しい桜
(東京都台東区)原木
萼筒は細長い壷形、毛が多い 名の由来となった小松宮彰仁親王の像

名 称  Cerasus spachiana ‘Komatsu-otome’
 コマツオトメ(小松乙女)
花 色  淡紅白色 9501
花弁枚数  5枚
花 期  4月上旬 兵庫県基準
説 明  エドヒガンザクラの栽培品種です。
 東京都上野公園の小松宮銅像の付近に原木があることから、その名が付きました。
 2007年春、ソメイヨシノの起源について発表された論文を多くの報道機関が引用して、コマツオトメとオオシマザクラの交配の結果生じたものが「ソメイヨシノ」であるとの報道がありましたが、論文では、「ソメイヨシノ」は、コマツオトメのようなエドヒガン系栽培品種を母種としてオオシマザクラを父種として、交配の結果生じた品種であるとされており、このコマツオトメが片親だと断定されているわけではありません。
 なお、2012年以降の研究でコマツオトメはソメイヨシノの異母兄と推測されています。(コマツオトメは、ソメイヨシノ誕生よりも後年と推定)
 外観はソメイヨシノによく似ていますが、開花がやや早く、花の色がやや濃い(花弁の先にしばらく濃いピンク色が残る)です。開花が進むとほとんど同じ色となります。

文・撮影
桜旅人「兵庫県西宮市 桜研究家\(T.F)/」