総合格闘空手道連盟○○学校

空手道場の違いと選び方!
道場選びの前に知っておきたいこと!
入門をお考えの方の多くは空手道場にも様々な考え方やスタイルの道場があることをご存じない場合が多いようです。

近くにあったから知り合いがいるから入門した。
それがその人の空手となりますが実際にはもっと自分の目的やイメージにあった道場があるかも知れません。

何を学びたいのか目的やイメージに合う道場を選ぶことが長続きし後悔しないための道場選びです。



その一、武道空手とスポーツ空手
空手は本来武道ですが近年は武道性よりスポーツ性が強くなっている道場が多くあります。
武道を学ばせたいのかスポーツを学ばせたいのかが最も大切な道場選びとなります。
※ 武道とスポーツの違いは簡単に説明すれば以下の通りです。
○武道=精神教育 
※武道は日本の伝統文化を踏襲し武士道精神を元に礼儀を貴び人を尊重する心の教育を第一に目指します。
○スポーツ=競技力向上 
※スポーツは本来遊びが発展し競技化されたものですので楽しく健康維持や競技力向上を目指します。

その二、大きく二通りの組手(戦い方)スタイル
〇相手の身体に打撃を与えるフルコンタクト空手
※ フルコンタクト空手は手による頭部への打撃以外は直接打撃を与えます。
※ 投げ・寝技・関節技等はありません。
※ 組手重視で実戦的ですが型にはあまり重点を置いていません。

〇相手の身体に
打撃を与えない寸止め空手
※ 寸止め空手は打撃を直接与えることはすべて禁止です。
※ 投げ・寝技・関節技等はありません。
※ 型重視であまり実戦的ではないと言われています。


上記を基に以下を考えながら選びましょう。
※ 武道かスポーツか。
※ フルコンタクト空手か寸止め空手か。
※ 精神を教え高い志や理念を持っているか。
※ 使える護身術を学べるか。
(試合や形に重点を置き護身術としては使えない技を教えている道場もあります。)
※ 団体の長が教えているか。
(道場は団体長の教えがすべてと言って過言ではありません。弟子や指導員が教えている道場ではすべてを学ぶことはまずできません。)
※ 保護者がいつでも見学できるか。
(指導に自信のない道場は見学をさせたくないものです。)
上記を念頭にどんな道場なのか見極める為に体験をされることをお勧めします。


武道塾は四国唯一の武道空手道場!
武道塾は護身空手で純粋に武道精神を学びます。
スタイルはフルコンタクト空手に
柔術の投げ技・寝技も習得し万能な護身術を追求する空手道場です。
護身は殆どの場合突き蹴りだけでは対処できません。
掴み投げ倒れた状態で戦うことも想定されます。
そんな
どんな状況でも身を守れる実戦護身術を学ぶのが武道塾空手です。

※ 柔術も学べる空手道場は県下は基より四国にもありません。


武道塾は名の通り武の道を学ぶ塾です。

今の空手界はどちらのスタイルであろうと総じて武道性が薄れ競技重視のスポーツ空手の道場が多いのですが武道塾はその名の通り武の道を学ぶ塾として礼節や精神を基軸に指導を行っています。
競技大会にも参加しますが試合は数ある空手の稽古法の一部だと考えていますので試合偏重の稽古は通常は行いません。
ただ逆にだからこそ競技力のみならず精神力の強さが試される試合で武道塾は全日本・中国地区チャンピオンを幾人も輩出できているのです。

実戦的な空手だからこそ武道教育により精神を鍛えることが大切です。
実戦で使える技であれば有るほど悪用すれば恐ろしい凶器にもなります。だからこそその技を無闇に使わない自分自身への戒めが大切です。
武士は帯刀を許されていましたがその武士がなんの教育もされずにいたなら世の中は無法地帯となってしまったでしょう。でもそうはならなかった。それは帯刀を許されているからこそ無闇に使わないように倫理道徳を学び高い規範意識を持てるように精神教育をされたからです。
武道塾でも武士と同じように空手術を身に付けるということは帯刀しているのと同じことと捉え技以上に精神の教育を行っています。


怪我の心配は殆どありません。
武道塾空手は護身空手ですので攻撃より防御を特に重視していますので通常想像される空手のイメージよりも安全で怪我もほとんどありません。また他の武道やスポーツと比べても大きな怪我がないのが実は空手なのです。防具も着用しますので安全に稽古できます。

※武道塾はスポーツではなく礼節を重んじ心を重んじる真の武道を追及する道場です。

※心技体とも高いレベルで学べます。

※強い精神力を身に付けるため競技においても強い道場です。



秋の入門 キャンペーン実施中!

2回無料体験入門ができます。

更に以下の特典があります。
入会金 10,000円⇒0円!

以下の道場で体験入門ができます。
本部道場・坊っちゃん道場・石井道場・桑原道場 道場案内
※体験後に入門を強要することは一切ありませんのでお気軽にお越し下さい。

要予約 お電話でお問い合わせの上ご予約ください
TEL 089-955-1531