HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XXII

CHAPTER XXII.
MODERN HERALDRY, ETC.
第十二章 現代の紋章
ODERN HERALDRY differs from ancient in about the same degree that electro-plated spoons of the present day differ from those found in old family plate-baskets. Both are of white metal, and serve the same purpose--but there the resemblance ends. Not but what genuine Coats of Arms are as procurable in this Year of Grace as they were five centuries ago, only as a rule the persons putting on such garments for the first time do not go for their outfit to the regular Heraldic tailors at the College, but prefer the slop work of Heraldic engravers, who "find arms." Where on earth these latter do find some of the specimens they present to their customers would, as a prize conundrum, puzzle nobody more than the finders.
現代の紋章は現代の電気メッキスプーンは、古い家族のプレートバスケットに見られるものとは異なることを同程度に古代とは異なります。両方はホワイトメタルであり、同じ目的を果たす - しかし、そこに似ているが終了します。唯一のルールとして初めて、そのような衣服に置く人物は大学の正規の紋章テーラーに自分の服のために行っていない、彼らは5世紀前にあったように優美のこの年のように調達可能ではないが、本物の何紋章ですしかし、紋章彫刻、のスロップ作業好む「武器を見つけるの。」どこ地球上でこれらの後者は、彼らが顧客に提示標本のいくつかを見つけるだろう、賞金難問として、ファインダよりもパズル誰も。
    As a rule, the process employed by these artists is somewhat as follows:--
    次のようなルールとして、これらのアーティストによって使用されるプロセスは多少あります: -
    Jones has made money in the tallow trade, and retires from the warehouse and shop. Jones is not ambitious, but Mrs. J. is, and thinks that a Coat of Arms with a Crest to match would be an acquisition to flaunt before the eyes of less fortunately endowed neighbours. So she makes enquiries on the subject of procuring the object of her ambition, and finds out how it is done. This information she communicates to Jones, who at first does not see it in the same light that she does. But when woman proposes she generally disposes as well; and the wretched Jones, finding his uncoated and uncrested life a burden to him, gradually comes round to her view, and in a rash moment consents, and starts for the Heralds' College. On his way he meets Smith, also retired, and confides his troubles to him, who sympathetically responds--"Lor' bless you, my dear boy, don't go to that there College. It'll cost you no end of money. Just you go to a Heraldic engraver, he'll do the job for you for half the price; and if you don't like the pattern when you've got it, you can just make him alter it to suit your taste." Jones has a frugal mind and follows his friend's advice, and in process of time a gorgeous Coat of Arms, Crest, and Motto complete, is sent home with a bill--this is paid, and the Joneses are happy.
    ジョーンズは、牛脂貿易でお金を作り、倉庫や店舗から引退しました。ジョーンズは野心的ではありませんが、夫人J.がある、と一致するように、クレストとの紋章が少ない幸い恵まれ隣人の目の前に誇示するために取得することになると思います。そこで彼女は彼女の野心のオブジェクトを調達の対象に問い合わせを行い、それがどのように行われるかを知ります。この情報は彼女が最初に彼女が同じ光の中でそれを見ていないジョーンズ、と通信します。しかし、女性は一般的にも処分を提案するとき。そして、悲惨ジョーンズは、彼のコーティングされていないとuncrested生命彼に負担を見つけ、徐々に彼女のビューにラウンド来て、発疹モーメント同意で、と告げる「大学のために開始します。そのそこの大学に行っていない、「ローリン 'はあなたを祝福、私の愛する少年それはあなたのお金の終わりを要しないだろう - 彼の方法で彼はスミス、また引退を満たしている、と同情応答彼に彼の悩みを、打ち明けます。 。ちょうどあなたは、彼は半分の価格のためにあなたのために仕事をするだろう、紋章彫刻家に行くと、あなたはそれを持っているパターンが気に入らない場合、あなたはちょうど彼がそれはあなたの好みに合わせて変更することができます。 「ジョーンズは質素な心を持っており、彼の友人の助言に従い、時間の過程で腕、クレスト、およびモットーのゴージャスなコートが完了し、請求書と一緒に家に送られている - これが支払われ、そして幸せがおカネで買えるワケは満足しています。
    The way the engraver has gone to work is very simple. He has looked up in a Heraldic encyclopaedia the arms of some family of a similar name, and slightly altering some point of the blazonry, has served it up all hot to the innocent Jones, who, naturally not knowing any better, is perfectly content, and stamps it all over his belongings in a reckless and fanciful manner--regretting, perhaps, that he cannot tattoo it on his own person--so that the whole world may see he Calls himself "Armiger," which he has about as much right to do as a bird of paradise has to wear a pea-jacket.
    彫刻家が仕事に行っている方法は非常に簡単です。彼は自然に任意のより良いを知らない、罪のないジョーンズ、に類似した名前のいくつかの家族の腕は、やや紋章のいくつかの点を変更すること、熱いそれまでのすべてを務めている紋章百科事典で調べた、完全コンテンツです無謀と奇抜な方法で彼の持ち物を超えるとスタンプはそれをすべて - 彼は彼自身の人にそれを入れ墨することができないことをおそらく後悔、 - 全世界が見ることができるように、彼は彼が程度と大いに関係している「大郷士、「自分自身を呼び出します。楽園の鳥として行う権利はエンドウジャケットを着用しなければなりません。
    Not but what real Heraldry exists in the present day, and Grants of Arms made by the sovereign are enrolled at the College as strictly as in former times. In fact none are genuine that emanate from any other establishment; so that those of our readers who desire to start a real Coat of their own had better apply to that old established concern, and see what Sir Albert Woods has to say to them.*
    ていないが、実際どのような紋章は現代に存在し、主権によって作られた武器の補助金は、厳密に昔のようにのように大学に在籍しています。実際にはどれも、他の設立から発するその本物ではありません。自分自身の本当のコートを開始することを望む人たちの読者のものが良い、古い確立された懸念に適用され、サーアルバートウッズは彼らに言っているか見ていたように。*
    * For this advertisement we shall expect the College to find us not only a Coat of Arms, but a whole suit of Armorial Bearings, gratis. We are not at all particular as to the pattern, but require something neat and durable, adapted for the road, the river, and indoor wear. Supporters we shall not require, but a Motto illustrating our good qualities is absolutely indispensable.
    *この広告のために我々は大学が私たちに紋章が、紋章ベアリング、無償の全体のスーツだけでなく見つけることを期待しなければなりません。我々は、パターンのように、すべての特定ではありませんが、きちんとして耐久性のある、道路、河川、および屋内の摩耗のために適合何かを必要とします。サポーターは、我々が必要としないものとしますが、私たちの良い資質を示すモットーは絶対に不可欠です。
    Jones having got his Coat of Arms, naturally longs for liveried menials, and hires them accordingly--and puts them into gorgeous attire, with tags, aiguillettes, facings, and all the luxuries of the season, complete. Whether he does it in strict accordance with the rules of Heraldry is more than doubtful, dazzling splendour being more the object he and Mrs. J. have in view, than armorial correctness.
    ジョーンズは腕の彼のコートを持った、自然お仕着せを着たmenialsために憧れる、それに応じてそれらを雇う - と完全な、タグ、aiguillettes、フェーシング、およびシーズンのすべての贅沢で、ゴージャスな装いにそれらを置きます。彼は紋章の規則に厳密に従ってそれをしないかどうかは、彼と夫人J.は紋章正しさよりも、ビューで持っているより多くの対象の疑わしいよりも、見事な素晴らしさです。
    The liveries of servants are governed by Heraldry, and rightly, for originally they were the clothes, as the name denotes, " livrée," or delivered to the retainers by their feudal lords. In fact, the mediæval liveries were exactly the same as the uniforms of modern times--the said "Baron's retainers so blithe and gay " cutting the throats of, robbing, or otherwise ill-treating, those persons who were obnoxious to the great man.
    使用人の統一デザインは紋章によって支配され、当然、名前が、意味としてもともと彼らは、服だったために、「livrée」、またはそれらの領主によってリテーナに配信されます。実際には、中世の統一デザインは現代のユニフォームと全く同じだった - と述べ、「そう軽率なとゲイの男爵の保持器」、の喉を切る強盗、またはそうでなければ悪い治療、偉大な男に不快だったそれらの人々 。
    It did not always follow that those persons who wore a lord's livery were his domestic servants; a duke's son might wear the livery of a prince, if it fitted him nicely and suited his complexion, and it merely meant that he followed that particular chief, and went on the war-path with him, until he was old enough to have a war-path of his own. But when the feudal system was getting to be played out, our kings came to the conclusion that the festive retainers were becoming rather a bore than otherwise, to quiet order-loving folks, including the monarch himself, for the latter did not always care about having a free fight going on among the Upper Ten of the period, and thought it was high time to put a stop to the retainer nuisance. So Richard II. passed a law that no one but those standing in menial relation to a lord, should wear that lord's livery--thereby hoping to put a stop to the army-on-a-small-scale business which those noble Christians were in the habit of accumulating. But, despite the law, during the Wars of the Roses the retainers flourished more than ever, and it was not until the accession of Henry VII. that they were fairly knocked on the head--for that particularly 'cute sovereign put the law in force, as the Earl of Oxford found to his cost. Henry, happening one day to visit the Earl, he, in order to do honour to his king, gathered around him, and clothed in his livery, a large number of nice young men, who doubtless looked very pretty, and all that sort of thing. But the monarch upon leaving, sent the Earl in a little bill to the melody of about 15,000 marks fine, for breaking the law, which that nobleman had to pay and look pleasant over, and this rather put a stop to the accumulation of retainers, since it made them expensive luxuries, which not even the Rothschilds of the time could afford.
    常に主の制服を身に着けていたそれらの人々が彼の家事使用人であったことをしていませんでした。それがうまく彼を取り付け、彼の顔色に合っている場合公爵の息子が、王子の制服を着用可能性があり、それは単に彼がその特定のチーフに従っていることを意味し、彼が持っているのに十分な古いなるまで、彼との戦争パスに行きました彼自身の戦争パス。封建制度が出て再生されるようになっていたときしかし、私たちの王たちは、後者のためにいつも気にしませんでした、彼自身を君主含め、オーダーを愛する人々を静止するにはお祝いのリテーナがむしろそうでない場合よりもボアになってきたという結論に達しました期間のアッパーテンの中で起こっている無料の戦いを有し、リテーナ迷惑に終止符を打つための高い時間だと思いました。だから、リチャードII。誰もが、主人に卑しいの関係にあるものは、その主の制服を着用してはならない法律を可決した - それによって、それらの高貴なキリスト教徒が習慣にあった軍・オン・小規模事業に終止符を打つことを望んで蓄積。しかし、法律にもかかわらず、バラ戦争中に保持器はこれまで以上に栄え、それはヘンリーVIIのアクまでではなかったです。それらはかなり頭をノックしていること - オックスフォード伯爵は、彼のコストに見られるようなことは特に「かわいい主権のために、力の法律を置きます。アールを訪問する1日が起こっヘンリー、彼、彼の王に名誉を行うために、彼の周りに集まり、彼の制服を着せ、素敵な若い確かに非常にきれいに見えた男性、およびすべてのその種の数が多いです事。しかし去る時に君主は、その貴族が支払うとオーバー快適な見ていたが、これはむしろリテーナの蓄積に終止符を打つ法律を、破壊するため、細かい約15,000マークのメロディーに少し法案にアールを送信しましたそれはそれらの時間もないロスチャイルドは余裕が高価なぜいたく品、作られたので。
    But to return to our Modern Liveries. Heraldically, the livery of a domestic servant should be of the two colours most prominent on the Shield; thus the colour of the coat should be the same as the field of the Escutcheon, while the facings should be that of the principal Charge.
    しかし、私たちの現代の統一デザインに戻ります。 Heraldically、国内のサーバントのカラーリングは、シールド上の最も顕著な2色のものであるべきです。フェーシングは、主帯電のものである必要がありつつコートの色は、盾のフィールドと同じでなければなりません。
    But in practice this rule has to be considerably modified, and a dark drab would represent gold, and a lighter hue of the same colour, silver--and so on, and so on.
    しかし、実際にはこのルールが大幅に変更する必要があり、暗いくすんだが金、同じ色、銀の軽い色相を表すことになる - というようにというように、と。
    The Heralds, too, were nothing if not thorough, and they had not always souls above buttons--for they ordained that on these useful and ornamental appurtenances the badge of the lord should be worn--not his Crest, which was as personal to the great man as his nose, and could not be passed on, but his badge, which formed usually the chief charge on the shield, and was, so to say, the emblem of his family.
    告げる徹底していない場合は、あまりにも、何もなかった、と彼らは魂のボタンの上に常にいなかった - 彼らはこれらの有用であることを命じられるための装飾は藩主のバッジを着用しなければならない付属物 - しないように個人的なようだった彼のクレスト、偉大な彼の鼻のような男、と伝えたが、通常はシールド上のチーフ電荷を形成し、彼のバッジ、およびだったので、と言って、彼の家族の紋章することができませんでした。
    Before we conclude our opusculum we must just make a few remarks on Allusive Heraldry and Armes Parlantes, or Canting Heraldry--not that there will be any cant about our readers; we are quite sure that if they have accompanied us so far over the armorial fields they will have far too much sense in their compositions to leave any room for cant.
    私たちは私たちの小曲を締結する前に、我々はちょうどほのめかした紋章やアームズParlantes、またはカンティング紋章には、いくつかの発言をしなければならない - 読者についてのカントが存在することになるではないということ。我々は、彼らがこれまでに紋章フィールド上で私たちを伴っている場合、彼らはカントの余地を残すために、その組成物中にあまりにも多くの意味を持っていることを非常に確信しています。
    Allusive Arms are of two kinds, just for all the world like the sexes; firstly, those which contain Charges relating to the character office, or power of the original bearer; and, secondly, those which convey a direct pun upon the name. As an instance of the former we may mention the three cups to be found in the Ormond Arms, (N.B., that sounds rather like a public house, but it would not be one doing much of a trade if it only required three cups) whose family name is Butler. Moreover, this is the more applicable, since the Ormond family is said to have originated with one Theobald Walter, who in 1177 had the chief butlerage of Ireland conferred on him by Henry II. Of course, holding the key of the Hibernian whiskey cellar, the Butler celebrated the cups he drank of that potent beverage by recording them on his shield, though we should much doubt if he always restricted himself to a humble three. Another instance is that of Lord Forester, who bears a bugle horn on his coat, as a forester naturally should do. Whether the original Forester had an unpleasant habit of blowing his horn at unseemly times, to the annoyance of quiet-loving people, and so had to put it on his coat in order to stop the row, we are not told, but probably that had something to do with the charge.
    ほのめかした腕はちょうど男女のようにすべての世界のために、2種類のものです。まず、文字のオフィス、または元のベアラの電力に関連する費用を含むもの;そして、第二に、名前の際に直接の語呂合わせを伝えるもの。前者の例として、我々は、オーモンド腕の中で発見される3杯を挙げることができる(NBは、それはむしろ公共家のように聞こえるが、それは唯一の3杯を必要に応じて、それは貿易の多くをやって1ではないでしょう)、その家族の名前はバトラーです。 オーモンドファミリーは1177年にヘンリーIIによって彼に与えアイルランドのチーフ執事の職を持っていた1シオボールドウォルター、と起源を持つと言われているので、これは、より適用可能です。私たちは多くの疑問、彼は常に謙虚3に身を制限しなければならない場合にかかわらず、当然のことながら、ハイバーニアンウイスキーセラーのキーを押し、バトラーは、彼の盾にそれらを記録することによって、彼はその強力な飲料の飲んだコップを迎えました。 別のインスタンスが森林官が自然に行う必要がありますように、彼のコート上のラッパホーンを担う主フォレスターのことです。元フォレスターは静かを愛する人々の迷惑に、見苦しい回で彼のホーンを吹いての不快な習慣を持っていた、とそう行を停止するために、上着の上に置く必要があったかどうかは、我々が言った、おそらく持っていたされていませんチャージとは何か。
    The second kind of Allusive Arms are those called Armes Parlantes, or Canting Arms. On these a neat pun upon either the title or family name of the owner is embroidered. Lord Roseberry, who rejoices in the name of Primrose--no relation to the late Vicar of Wakefield--has three primroses in his escutcheon, and numerous other similar cases could be cited; but any of our readers by taking up a peerage can find them out for themselves, whereby they will acquire knowledge and keep themselves out of mischief at the same time.
    ほのめかした腕の第二種は武器庫Parlantes、またはカンティング武器と呼ばれるものです。所有者のタイトルや家族名のいずれかに応じて、これらのきちんとしたしゃれに刺繍されています。プリムローズの名前で喜ぶ主ローズベリー、 - ウェイクフィールドの後半牧師とは関係ないが - 彼の盾で3サクラソウを持ち、多数の他の同様の例が挙げられるができました。しかし、爵位を取ることにより、読者のいずれかが、彼らは知識を得ると同時に、いたずらの外に自分自身を維持することにより、自分自身のためにそれらを見つけることができます。
    Some Heraldic purists consider that Canting Arms are unworthy of the science, but those people are like the wounded sailor who objected to be thrown overboard before he was dead, viz: "too jolly particular," inasmuch as in the earliest Roll of Arms, that of Henry III., no less than nine examples of this particular kind of blazonry are found. N.B., that roll we should say must be fairly brown by this time, not to say musty.
    すなわち、一部の紋章純粋主義者は、傾ける腕を科学に値しないであることを考慮しますが、それらの人々は、彼が死んだ前に、船外にスローされるように反対し負傷した船員のようなものです:「あまりにも陽気特に、「限り腕の最も初期のロールのように、ということヘンリー3世の。、紋章のこの特定の種類の劣らず9以上の例が発見されました。注意せよ、我々が言うべきことはロールがカビ臭いと言うことではない、この時点でかなり茶色でなければなりません。
    In the earlier examples of so-called Canting Arms, however, the process was frequently reversed, and so far from the Arms originating from the name, the name originated from the Arms; and it happened thus--Surnames were not, and, as we have already mentioned, earls added the names of their shires to distinguish the various Toms, Dicks, and Harrys. So the knights, who frequently had no other possessions than light hearts and a thin pair of chain mail greaves to bless themselves with, were not unfrequently known as the Knight of the Tooth-brush, the Blacking Bottle, or the Sack Posset, according as they bore those imposing charges on their shields.
    いわゆるカンティング腕の以前の例では、しかし、プロセスが頻繁に逆転された、これまで名前から発信アームズから、名前が武器に由来します。そしてそれは、このように起こった - 姓はなかった、と、我々はすでに述べたように、アールズは様々なトムズ、ディックス、およびHarrysを区別するために彼らのシャイアズの名前を追加しました。だから頻繁に、光の心よりも、他の所有物と、unfrequently歯ブラシの騎士、黒化ボトル、または袋ミルク酒として知られていなかったと自分自身を祝福するためにチェーンメールの獣脂かすの薄いペアを持っていないとして応じ騎士、彼らは彼らの盾にそれらの印象的な電荷を産みました。
    Finally, one of the most unfortunate arrangements in connection with our present state of existence is that we must all die, but even after we are dead and buried we cannot get rid of the Heralds. They have several remarks to make even then, and their observations take the form of Hatchments. And when we come to Hatchments, any of our readers who are inclined that way may with perfect safety lay long odds that the Armiger to whose memory the Hatchment is erected, is as dead as a boiled cod.
    最後に、存在の私たちの現在の状態との関連の中で最も不幸な構成の1つは、我々はすべて死ななければならないということですが、私たちは私たちが使者を取り除くことはできません死んで埋葬された後でも。彼らはいくつかの発言はその後も確認する必要があり、その観察はHatchmentsの形をとります。我々はHatchmentsに来たときに、そのように傾斜している人たちの読者のいずれかが完璧に安全で大郷士は、その忌中の紋章が建立されているメモリに、煮タラとして死んで長いオッズを置くことができます。
    The next thing the very uninitiated may ask is, "What is a Hatchment?" but here we draw the line--this book is not an "Answers to Correspondents" in a penny dreadful, nor yet an encyclopaedia of useful knowledge, and if any of our readers does not know what is a Hatchment let him or her lay down this work and go and find out--and if he or she does know, he or she will not want to be told.
    非常に初心者が求めることができる次のことは「忌中の紋章は何?」であり、しかし、ここで我々は線を引く - この本は、ペニーの「特派員への回答 "恐ろしい、でもまだ有用な知識の百科事典ではなく、読者のいずれかが彼を聞かせたり、彼女の下に置く忌中の紋章が何であるかを知らない場合これは、仕事と行くと見つける - と彼または彼女は知っていなければ、彼または彼女が言ったことするとは思わないだろう。
    Hatchments, as our readers are aware, are always lozenge-shaped, and vary in colour between white and black--Place aux Demoiselles. The Hatchment of an unmarried lady is black, and the full Coat of Arms is displayed upon it in its proper colours and tinctures. As ladies have no Crests, a knot of ribbons takes its place; this last tribute to female vanity is very touching, and shows that our Heralds, however stern and exacting in the execution of their duty, had yet a soft spot in their composition for the natural weaknesses of the sex. Ladies! think of this, and cherish a Herald, if you should ever have the good fortune to catch one alive. The Heraldic motto of the escutcheon is always omitted on the Hatchment, and in its stead some religious sentence is placed.
    読者が知っているようHatchmentsは、常に菱形であり、白と黒の間の色に変化する - 置き補助Demoiselles。未婚女性の忌中の紋章は、黒で、腕の完全なコートは、その適切な色やチンキ剤でその上に表示されます。女性は何の紋章を持っていないので、リボンの結び目は、その場所を取ります。女性の虚栄心にこの最後の賛辞は非常に感動的である、と私たちの布告者、しかし船尾とその職務の執行における厳しいことを示し、性別の自然な弱点のために、それらの組成にまだ柔らかいスポットを持っていました。レディース!考えると、あなたは生きているものをキャッチする幸運を持っている必要がある場合は、ヘラルドを大切に。エスカッションの紋章のモットーは、常に忌中の紋章に省略され、その代わりに、いくつかの宗教的な文章が配置されています。
    A bachelor has his Hatchment arranged precisely as an unmarried lady, with the exception of the ribbons. Not wearing them in his life-time, he does not require those adornments for his escutcheon when "life's fitful fever is over."
    独身男性は、彼の忌中の紋章は、リボンの例外を除いて、正確に未婚女性として配置されています。彼の寿命にそれらを身に着けていない "人生の断続的な発熱が終わった。」と、彼は彼の盾のためにそれらの装飾を必要としません
    Again, Place aux Dames. A widow impales her arms with those of her husband, who survives, the Hatchment in this case being half black and half white--the arms of the defunct resting on the black, those of the survivor on the white portion.
    この場合も、補助ダムを配置します。黒地に故人となった休憩の腕、白い部分に生存者のもの - 未亡人は半分黒と半分白され、この場合には、忌中の紋章を存続夫のものと彼女の腕をimpales。
    The same rule is also observed by a widower. No difference is made for the disconsolateness or otherwise of the relict. In Heraldry there is no mitigated grief department. All are tarred with precisely the same armorial brushes.
    同じルールはまた、男やもめによって観察されます。差異はdisconsolatenessまたはそうでなければ遺存で作られていません。紋章学では全く緩和さ悲しみ部門はありません。すべてが正確に同じ紋章ブラシでタールを塗っています。
    When we come to the Church, we find that a bishop impales his paternal Arms with those of his See on his Hatchment. The black and white arrangement also prevails with him as with widows and widowers--his private arms taking the dark side, while those of his See are on the white. This is to signify that although he himself has gone over to the majority, yet his See remains behind to be enjoyed by his successor, who naturally feels piously pleased at his predecessor having thus vacated it, and made room for him, which is, we think, all we have to say about Hatchments. One disadvantage of them is, however, that nobody, however heraldically inclined, can seE his own put up; at least not on general principles.
    私たちは教会に来るとき、私たちは司教は彼の忌中の紋章の彼の参照のものと彼の父方の腕をimpalesことがわかります。黒と白の配置も寡婦とwidowersのように彼と一緒に勝つ - 彼のプライベート腕がダークサイドを取って、彼の参照のものが白になっている間。これは、彼自身が、我々は、大多数に渡って行って、まだ彼の参照が自然に彼の前任者を有するに敬虔に嬉しく感じている彼の後継者、によって楽しむことが後に残る、従って、それを空いた、としている、彼のために部屋を作ったがことを意味することです、我々はHatchmentsについて言っているすべてを考えます。それらの一つの欠点は、誰もが、しかしheraldically傾斜、彼自身のプット・アップを見ることができないこと、しかし、です。少なくともない一般原則に関する。
    Hatchments in Heraldry are like the cup of café noir at the close of a well-appointed dinner. The Heraldic feast is done, and the properly constituted Armiger TO whom the Hatchment refers is carefully, comfortably, and securely deposited in his grave; his heir has endued the family Armorial Coat, to be worn until Death, the Eraser, makes him too a candidate for a Hatchment.
    紋章でHatchmentsは整っ夕食の近くにあるカフェ・ノワールのカップのようなものです。紋章祝宴が行われ、適切に誰忌中の紋章が参照すると、快適に、慎重であり、かつ確実に彼の墓に堆積TO大郷士から構成されています。彼の相続人が死亡するまで着用する家族紋章コートを、enduedた、消しゴムは、彼忌中の紋章にはあまりにも候補となっています。


XXII

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)