HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XXI

CHAPTER XXI.
ON PRECEDENCE.
第二十一章 紋章の優先権
S we have already observed in an earlier portion of this great work, one of the duties of the Heralds in ancient limes was that of marshalling processions--and in the performance of this duty they had to see that nobody got in front of anybody behind whose boots etiquette ordained that he or she should walk. According to the dictum laid down by the American Constitution "All men are born free and equal," (niggers of course excepted--they take a back seat--though not so far back now as formerly,) but the Heralds do not by any means accept this constitutional arrangement--they place men, and women too for the matter of that, on a line, at the head of which stands the sovereign of the country, and subjects follow in regular rotation, according to that station of life In which they may have started, and to which they may have attained.
この義務のパフォーマンスで、彼らは誰もが背後に誰の目の前に持っていないことを確認しなければならなかった - 私たちはすでに、この偉大な仕事の以前の部分で観察されてきたように、古代のライムで使者の任務の一つは、行進をマーシャリングするということでしたそのブーツエチケットは、彼または彼女が歩くべきであると定められました。アメリカの憲法が定めた格言によると、「すべての人は、自由で平等生まれている」(もちろんニガーは除外 - 、など以前今すぐではないが、これまでに戻って - 彼らは後部座席を取る)が、使者がによってません任意の手段は、この憲法の配置を受け入れる - 彼らは国の主権を立っているの先頭に、ライン上で、その問題のために、あまりにも男性、女性を置き、被験者は人生のその局によると、定期的なローテーションに従ってくださいここで彼らが開始した可能性があり、そしてそれらを達成している可能性があります。
    We will, just in order to prevent any of our royal, ducal, or lordly readers getting out of place, run over the various ranks of which humanity in general is composed.
    私達は、ちょうど私達の王室のいずれかを防ぐため、公爵、または傲慢な読者場所から出る、一般的には人類が構成している様々なランク上で実行インチ
    Before starting we may premise that holding a high position on a cab rank does not necessarily involve a peerage, or, ex officio, entitle the holder to take his seat in the House of Lords. This point being settled, we come first of all to the Sovereign, who, as the fountain of honour, dispenses titles and other luxuries to those who please him or her, or still better, please his or her ministers. The sovereign is therefore, ex officio, the first gentleman or lady in the kingdom--and is literally at the top of the Heraldic tree. The subjects of the sovereign are also not unfrequently to be found up a tree--worse luck. Monarchs now-a-days do not have altogether a bad time of it, especially in constitutional countries, where the first axiom of Government is that the King can do no wrong. When things do not work easily, the prime minister of the period has his head metaphorically smacked, and is kicked out of office, and the sovereign rubs his hands contentedly, and thinks how pleasant it is that there is not the slightest chance of his being served in the same way. And thus matters work pleasantly for all parties--and frequent changes of government give every one a chance of having a finger in the national pudding.
    職権、我々は前提タクシーランク上の高い位置を保持しても、必ずしも爵位を伴わないことが開始、または前に、上院で彼の席を取るためにホルダーを権利を与えます。定住しているこの点は、私たちは名誉の噴水のように、彼または彼女を喜ば人々にタイトルやその他の贅沢を分配する、ソブリン、にまず来て、またはまだ良い、彼または彼女の大臣をしてください。ソブリンは、職権、したがって、王国の最初の紳士や淑女である - と紋章ツリーの最上位に文字通りです。さらに悪い運 - 主権の被験者は、ツリーを発見するunfrequentlyもありません。君主は、今--日は政府の最初の公理は、王は何をしても正しいことであり、特に憲法の国では、完全にそれの悪い時間がありません。物事は簡単に動作しない場合には、期間の首相は、比喩的に叩か彼の頭を持っており、オフィスから追い出され、主権は満足して彼の手をこすり、それは彼の存在のわずかなチャンスがないということですどのように快適な考え同じ方法で提供しています。こうして事項はすべての当事者のために楽しく働く - と政府の頻繁な変更は、一人一人に国家のプディングに指を持っていることのチャンスを与えます。
    After the Queen in the scale of precedence comes the Prince of Wales. As a loyal subject, the author hopes it will be a long time before his Royal Highness does come after our present gracious sovereign. And after our future king come the other sons of the Queen, her grandsons, brothers, uncles, and nephews--all gradually shelving down to the common rank and file.
    優先度の規模の女王の後プリンスオブウェールズを付属しています。忠臣として、著者は彼の殿下が私たちの現在の優雅な主権の後に来るん前に、それは長い時間がかかるだろう期待しています。私たちの将来の王が女王の他の人の息子が来た後、彼女の孫、兄弟、叔父と甥 - すべて徐々に共通のランクとファイルまで棚。
    Then, having finished up our stock of royalty, the Church comes in for our attention, and the Archbishop of Canterbury makes his appearance. He, as the Lord Primate of All England, takes the first place among the Peers spiritual and temporal. Apropos of All England, it is a popular delusion to imagine that he is captain of the All England Eleven, although we believe it would be quite possible to pitch a good wicket in the gardens of Lambeth Palace, if one or two good ground men were engaged to look after the turf, and have it carefully rolled.
    その後、ロイヤリティの当社株式を終え、教会は私たちの注目を集めるために来て、カンタベリー大主教は、彼の登場します。彼は、オールイングランドの主霊長類として、ピア間で精神的、時間的な最初の場所を取ります。オールイングランドのaproposのは、我々が1つまたは2つの良いグラウンド男性があった場合は、ランベス宮殿の庭園で良い改札を売り込むことは可能であろうと信じているが、彼はオールイングランドイレブンのキャプテンであることを想像する人気の妄想です芝の世話をするために従事し、それは慎重に巻かれています。
    But we digress--the Lord High Chancellor follows the Primate, and is followed by the Archbishop of York. The trio, in fact, forming a human sandwich in which the Chancellor plays the meat. Then come various great officers of State, such as the Lord High Treasurer, the Lord President of the Privy Council, the Lord Privy Seal, and the Lord Great Chamberlain, if these are of hereditary baronial rank; while the Lord High Constable, Earl Marshal, Lord High Admiral, Lord Steward of the Queen's Household, and the Lord Chamberlain take rank above all peers of their own degree, and enjoy themselves accordingly.
    しかし、我々は脱線 - 主ハイ首相は霊長類に続き、ニューヨークの大司教が続いています。トリオは、実際には、首相が肉を果たしている人間のサンドイッチを形成します。これらは遺伝性の貴族階級である場合そして、このような主の高い財務大臣、枢密院の主会長、王璽尚書、および主グレートチェンバレンなどの国家の様々な偉大な役員を、来ます。主高コンスタブル、アール元帥、主ハイ提督、女王の世帯の主スチュワード、および主チェンバレンながら、自分の学位のすべてのピアの上のランクを取る、それに応じて自分自身を楽しむことができます。
    After these Royal and Official personages follow Dukes--Royal specimens of the order coming naturally first.
    最初の自然に来るためのロイヤル標本 - これらのロイヤルと公式人物後公爵に従ってください。
    The title Duke, as our readers are aware, comes from the Latin word "Dux," a leader, (no connection with green peas, though, if very rich, they sometimes shell out liberally, and instances have been known of even these exalted personages being done particularly brown at times). History says that Moses was the first Duke; at any rate he led the Jews a pretty dance through the wilderness. Be that as it may, Dukes were originally only of Royal blood, and the first English creation was Edward Plantagenet, the son of Edward III. who was raised to that rank by his father, as Duke of Cornwall--but Henry VI. broke through this royal rule.
    読者が知っているようにタイトルデューク、ラテン語の「ダックス、「リーダー、(グリンピースとの接続なし、非常に豊かな場合しかし、彼らは時々自由に支払うから来て、インスタンスは高貴であっても、これらの知られています時間に特に茶色行われている人物)。歴史は、モーセが最初の公爵だったと言います。いずれにせよ、彼は荒野をユダヤ人にきれいな踊りを導きました。それはよいとして、公爵のみロイヤル血元々、および最初の英語の作成はエドワード・プランタジネット、エドワードIIIの息子だったということ。しかし、ヘンリーVI - 誰がコーンウォール公爵ように、彼の父によって、そのランクに上げました。この高貴なルールを突破しました。
    During the Wars of the Roses Dukes had a lively time of it, as also did the nobility of England generally, each party as it got the upper hand having an awkward trick of celebrating its victories by decapitating, or otherwise extinguishing the leaders on the vanquished side--and the consequence was that the peerage was a good deal thinned out--and Dukes, like strawberries at Christmas, became excessively scarce. So much so, in fact, was this the case, that at the accession of Elizabeth there was only one to be found in England, the Duke of Norfolk. He, unfortunately for himself, got mixed up with Mary Queen of Scots, and Elizabeth, who had a forcible way with her at times, had his head carefully removed from his shoulders in 1572, as a gentle hint that she disapproved of his associations. After that the ducal title was extinct until 1623, when James I. created George Villiers Duke of Buckingham.
    また、一般的にイングランドの貴族をしたとして、それがdecapitating、またはそうでなければ敗者に指導者を消火することによって、その勝利を祝うの厄介なトリックを有する上部の手を持っとしてバラデュークの戦争中に、各当事者がその活気のある時間を過ごしました - 側と結果は貴族だったことだった良い取引が間引か - と公爵は、クリスマスにイチゴのように、過度に希少となりました。だからも多いので、実際には、エリザベスの加盟で一つだけがイングランド、ノーフォークの公爵で発見することがあったことを、このケースでした。残念ながら彼自身のために、時間に彼女と強制的な方法を持っていたメアリースコットランド女王、エリザベス、と混ざってしまった彼は、彼女が彼の団体の不承認ことを穏やかなヒントとして慎重に1572年に彼の肩から取り除か頭を、持っていました。公爵タイトルはジェームズI.はバッキンガムのジョージ・ヴィリエデュークを作成した1623年までに絶滅したことをした後。
    Charles II. created several young people in whom he was interested Dukes, and those of Grafton, St. Albans, and Richmond owe the origin of their titles to that exceedingly Merry Monarch.
    チャールズ2世。彼が興味を持って公爵だった人に、いくつかの若者を作成し、グラフトン、セント・オールバンズ、リッチモンドのものは、非常にメリーモナークに彼らのタイトルの起源を借りています。
    Dukes take precedence of each other, as in fact do all peers of equal rank, according to the dates of their patents.
    実際には同じランクのすべてのピアがそうであるように公爵はその特許の日付によると、お互いの優先されます。
    After dukes proper, come the eldest sons of Royal Dukes, and then follow the Marquesses.
    適切な公爵後、ロイヤル公爵の長男を来て、その後Marquessesに従ってください。
    The first Marquess was invented in 1386, by Richard II. who created Robert de Vere, Marquess of Dublin. Two years afterwards that nobleman got into trouble, and was attainted of treason and banished--and we have no doubt considered himself particularly lucky at being able to take his head with him into his banishment as part of his personal luggage.
    最初の侯爵は、リチャードIIによって、1386年に発明されました。誰がロバート・デヴィア、ダブリンの侯爵を作成しました。二年後からその貴族は、トラブルになった、と反逆のattaintedと追放された - と我々は彼の個人的な荷物の一部として彼の追放に彼と彼の頭を取ることができることで、自分自身特にラッキー考えに疑いはありません。
    After the Marquesses come the eldest sons of Dukes--Dukelets we might call them--and then follow the Earls.
    もちろん禁止、作り話デュークモーゼス - - 伯爵のタイトルはすべての最も古いで、サクソンの王からその起源をさかのぼります。
    The title of Earl is the most ancient of all--barring of course, the Apocryphal Duke Moses--and dates its origin from the Saxon kings.
    Marquesses後公爵の長男を来る - Dukeletsは、我々は彼らを呼ぶかもしれない - と、その後アールズに従ってください。
    Alfred the Great used the title as a substitute for King, and up to the time when Dukes were created, it was the highest dignity short of actual sovereignty extant.
    アルフレッド大王が王の代用としてタイトルを使用し、公爵が作成された時点まで、それは実際の主権の現存の最高尊厳の短いものでした。
    Earl is the same as "Comes," or Count. In the early periods possessors of this title never used any other addition to their Christian names--but in process of time, by way to distinguish one from another, and preventing the various Earls Robert or Earls William getting badly mixed, they began to add to their names those of their shires. As at that time there were not so many of them, this method was sufficient. To avoid mistakes, we beg to inform those of our readers that the wife of an Earl is not an Earless--she is best known as a Countess.
    伯爵は「来る」と同じであるかカウントします。このタイトルの初期の期間占有者では決して彼らのキリスト教の名に任意の他の追加を使用していない - が、時間の過程で、方法によって別のものを区別し、様々なアールズロバートやアールズ・ウィリアムがひどく混入防止するために、彼らは追加し始めました自分の名前、そのシャイアズのものに。その時点で、それらの多くがなかったように、この方法は十分でした。間違いを避けるために、我々は伯爵の妻は耳なしていないことを読者のそれらを知らせるために請う - 彼女は最高の伯爵夫人として知られています。
    After the Earls come the eldest sons of Marquesses, and they are followed in due course by the next highest grade of nobility, viz:--
    後アールズはMarquessesの長男を来て、彼らは貴族の次の最高グレード、すなわちによってやがて続いています: -
    Viscounts, who were originally a species of deputies to the Earls, or Counts--as their Latin name "Vice-comes," would seem to imply. What their duties were is not mentioned--but probably at the first starting of their business they had to do all the odd jobs which the Earls themselves either did not care about or think worth while doing.
    もともとアールズの議員、またはカウントの種だった子爵、 - 彼らのラテン名として「副来て、「暗示するように思われます。その職務は言及されていないし、何を - おそらく彼らのビジネスの最初の起動時に、彼らはアールズ自身のいずれかが気にか行っている間の価値とは思いませんでしたすべての奇妙な仕事をしなければなりませんでした。
    Originally Viscounts were not an order of the Peerage, but only an official title; but in 1440 Henry VI. conferred the title by patent on John Baron Beaumont,--and,
    もともと子爵は、貴族のためではなかったが、唯一の公式タイトル。しかし、1440年ヘンリー六インチ、ジョン・バロンボーモントでの特許によってタイトルを授与 - と、
    Then we come again to the younger generation, and up crop the eldest sons of Earls and the younger sons of Marquesses, who walk very much in front of the Bishops of London, Durham, and Winchester, who take top seats on the episcopal bench, and are followed by the other lawn-sleeved gentlemen, according to the seniority of consecration.
    その後、我々は、若い世代に再び来て、アップの聖公会のベンチでトップの座を取るロンドン、ダラム、ウィンチェスターの司教の前に非常に多くを歩くアールズの長男とMarquessesの若い息子を、トリミング、そして、奉献の年功に応じて、他の芝生半袖紳士が続いています。
    And apropos of bishops, the last-made bishop has no seat in the House of Peers, he has to wait outside the door and content himself by looking at the proceedings through the keyhole, until one of his senior brethren thinks proper to retire to another and a better world, or from his See. Not that bishops often do the latter until they are obliged.
    最後に作られた司教は貴族院には席を持っていないし、司教のaproposのは、彼が彼のシニア兄弟の一つが別のものに引退する適切な考えまで、ドアの外に待機して鍵穴から議事録を見て、自分自身をコンテンツに持ちますそしてより良い世界、または彼を参照してくださいから。それらが義務づけられているまで、司教は、多くの場合、後者をしないこと。
    The Bishop of Sodor and Man is just a shade better off than the last bishop. He may take a seat in the peers, but is not allowed to vote; which seems to us something like being asked to dinner but not allowed to eat.
    ソドー島と人間の司教は、最後の司教より裕福ちょうど日陰です。彼は仲間の座席を取ることができるが、投票することはできません。これは私たちに夕食に尋ねたが、食べることを許されていないされているようなものです。
    After the English Bishops (oh, Hibernia weep!) follow the Irish varieties of the dignity--and then we come to the Barons, which is the lowest order of the peerage--the first rung of the lordly ladder on the top of which sits the Sovereign.
    英語司教後(ああ、ヒベルニア泣く!)尊厳のアイルランドの品種をたどる - の上に傲慢な梯子の最初のラング - 貴族の最下位である、と我々はバロンズに来ますソブリンは、座っています。
    Who has not heard of the Barons of old? how they made war upon one another, hurled their enemies to the lowest pit beneath the moat, how they performed feats of dentistry on the guileless children of Israel, and how they had a habit of striding
    誰が古いのバロンズのことを聞いていませんか?どのように彼らは、お互いの際に戦争をした、彼らはイスラエルのあどけない子供に歯科の偉業を行ってどのように堀の下に最低ピットに彼らの敵を投げつけ、そしてそれらがどのように大股歩きの習慣を持っていました
About their halls, among
their dogs alone,
  そのホールについて、の間で                                                    
  単独で彼らの犬、                                                              
Their beards a foot before
them, and their hair
A foot behind.
  彼らのひげの前に足                                                            
  彼ら、そして自分の髪                                                          
  足の後ろに。                                                                  
    In fact Barons of the early pattern were about as uncomfortable and unpleasant a race of people as it is well possible to imagine. Well, we have them among us now, only modified and civilised, and really, if it were not for the look of the thing, the author would not at all mind being a Baron himself, with £50,000 a year, and a seat in the House of Lords. But this is idle.
    想像することも可能であるとして、実際には初期のパターンのバロンズは、人々のように不快と不快なレースについてでした。さて、私たちは今、のみ変更された文明私たちの間でそれらを持って、それが事の一見のためではなかった場合は、実際に、著者は£50,000年、との座席を持つすべての心バロン自分自身であること、ではないだろう貴族院。しかし、これはアイドル状態です。
    Barons are a very old institution, and have existed in England for any quantity of centuries the reader may like to imagine. Before the Normans came over the Saxons called them Thanes, but the conquerors altered the name to Baron, and it has stuck to them ever since. Up to the time of Charles II. Barons had no coronets, but that sovereign on his Restoration, perhaps to show his gratitude at once more finding himself in a royal berth again, where the wages were high and the work light, granted them the privilege of wearing coronets, which they have done ever since--excepting, of course, at bed time.
    バロンズは、非常に古い機関であり、読者が想像するようなことがあり、何世紀の任意の量のためにイギリスに存在していました。ノルマン人は、サクソン人の上に来る前Thanesそれらを呼ばれるが、征服者は男爵に名前を変更し、それはそれ以来それらにもこだわっています。チャールズ2世の時間まで。バロンズにはcoronetsを持っていたが、彼の修復にその主権、おそらく再び王室のバースで自分自身を見つけるもう一度に感謝の意を示すために、賃金が高かった場所や作業灯、彼らが行っているcoronetsを身に着けていることの特権が付与しましたそれ以来 - ベッド時に、当然のことながら、除きます。
    Then follow Viscounts' eldest sons, Earls' younger sons, Barons' eldest sons, Knights of the Garter, Privy Counsellors, Judges, and such like, small deer, Viscounts' younger sons, Barons' younger sons, and we come at last to Baronets, for whose existence James I. is answerable. He, with an eye to the main chance so natural among his canny countrymen, made every one a baronet who had an estate of £1,000 a year, and could undertake to maintain thirty soldiers for three years in the province of Ulster, and remit the first year's pay to the royal treasury. Artful Jimmy! Cash down was his motto, and not a bad one either on general principles; moreover he ordained that in order to distinguish their arms from those of Other people who had not £1,000 a year, they were to bear on the paternal coat of arms a red hand, the badge of Ulster. We have seen two red hands coming out of the arms of an Ulster on a cold day; but away with frivolity. James made rather a good thing of the baronet business, and we are only surprised that no impecunious monarch has followed his example with a similar titular trick. We are certain there's a great deal of loose cash to be picked up now-a-days, among the nouveaux riches.
    そして、子爵」長男、アールズ「若い人の息子、バロンズ」長男、ガーター、枢密院カウンセラーの騎士、裁判官、およびそのようなような、小さな鹿、子爵「若い人の息子、バロンズ「若い子たちに従ってください、と我々はにやっと来ます準男爵は、その存在のためにジェームズI.は釈明です。彼、一人一人£千年の不動産を持っていた、とアルスターの州で3年間の30人の兵士を維持し、送金することを約束することができ準男爵作ら彼の気の利いた同胞の間でとても自然メインチャンスに目で王室の国庫への最初の年の給料。巧みなジミー!現金ダウンは、一般的な原則のいずれかで彼のモットーはなく、悪いものでした。しかも彼はない£千年を持っていた他の人のものの中から自分の腕を区別するために、彼らは武器の父方のコート赤い手、アルスターのバッジを圧迫していたことが定められました。私たちは、寒い日にアルスターの腕から出てくる2つの赤い手を見てきました。しかし、離れて軽薄で。ジェームズは準男爵のビジネスの良いことむしろ作られた、と私たちは何の無一文の君主は、同様の名ばかりのトリックと彼の例を踏襲していないことだけ驚いています。私たちは、緩 い現金の偉大な取引がNOUVEAUX富の中で、今では、日ピックアップされるがあります確信しています。
    But to our precedence. Following the Baronets come Knights of the various orders--this, however, does not include the summer nights, which the lover, invoking his pretty Jane, said were "coming, love; " after them the eldest sons of the younger sons of Peers, the eldest sons of Baronets and Knights, and then, we have nearly got to the end of the story, Esquires.
    しかし、私たちの優先順位に。次の準男爵は、種々の順序の騎士来る - これは、しかし、彼はかなりジェーンを呼び出し、恋人夏の夜を、含まれていない、と言いました」今後、愛;「それらの後ピアの若い息子の長男準男爵と騎士の、長男、その後、我々はほぼ物語、Esquiresの最後に持っています。
    Esquires were formerly apprentices to the Profession of arms--hoping to become, and very often becoming, full-blown Knights--that is to say if nobody knocked them on the head beforehand. Previously to being an esquire the noble youth commenced as a page--and, although of a higher rank in life, we have not the slightest doubt he was just as troublesome as are our modern and domestic pages--the only difference being that he had a soul above buttons.
    なることを望んで、そして非常に頻繁になってきて、本格的ナイツ - - それは誰もが事前に頭の上にそれらをノックしない場合と言うことですEsquiresは、以前は腕の専門職への徒弟でした。生活の中で上位の、我々は彼が現代と国内のページがあると同じように面倒だったわずかな疑いを持っていないものの、および - - 以前は貴族の青年エスクァイアであることにページとして開始唯一の違いは、彼であることボタンの上の魂を持っていました。
    Esquires had to make themselves generally useful to their lords, and they seem to have combined in their pursuits the duties of stud grooms (esquires of the stable), of housemaids (esquires of the chamber), of footmen (carving esquires), and of outdoor attendants(esquires for the body).
    Esquiresは彼らの領主に自身が一般的に有用なものにしなければならなかった、と彼らは彼らの追求にスタッド新郎(安定のesquires)の職務を組み合わせているように見える、女中(チャンバーのesquires)の、足軽(esquiresを彫り)の、との屋外アテンダント(ボディ用esquires)。
    Now-a-days, anybody who likes may call himself esquire whether he has any right to do so or not. As a rule those who do have not.
    今--日、好きな誰もが彼がそうかどう行う権利を持っているかどうかエスクァイア自分自身を呼び出すことができます。原則として行う者はそうではありません。
    Lastly we have "Gentlemen," which embraces every one who has a right to write himself "Armiger," and wear a coat-of-arms.
    最後に、私たちは「大郷士、「自分自身を書き、の紋章を着用する権利を持っている一人一人を包含する「紳士」を持っています。
    As anybody can, now-a-days, wear any sort of coat he likes, provided he can pay or get credit for it, this term "Gentleman" would seem to embrace all the rest of the world not previously enumerated.
    誰もが、できるようになりまし--日、彼が好きなコートの任意の並べ替えを着用し、彼はそれのためにクレジットを支払うか、または取得することができます提供されるように、この用語「ジェントルマン」は、世界のすべての残りの部分は、以前に列挙されない受け入れるように思われます。
    Having thus laid down the law of precedence, there will be no excuse for any of our readers going to the rear when they ought to go to the front, or, what we think is far more likely, reversing that process.
    このようにして優先順位の法律を敷設したが、ときに彼らは私たちがそのプロセスを逆に、はるかに可能性が高いと思われるものが、フロントに行くべきである、または後方に行く読者のいずれかのための言い訳はありません。


XXI

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)