HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XX

CHAPTER XX.
MARSHALLING ARMS.
第二十章 マーシャリング(紋章の組み合わせ)
Y Marshalling Arms is meant the art of putting two or more sets of these useful appendages to a gentleman's Heraldic wardrobe into one escutcheon, which might lead people to imagine that Heraldic coats were made of some elastic material, with a capacity for stretching unequalled in any other known fabric.
マーシャリング腕によっていずれかに無類のストレッチのために紋章コートは容量で、いくつかの弾性材料で作られていたことを想像する人々を導く可能性がある1エスカッション、に紳士紋章のワードローブにこれらの便利な付属の2以上のセットを置くことの芸術を意味します他の既知のファブリック。
    Such, however, was not the case. The coats were not stretched, but the arms were diminished and made to fit, making the pattern on the shield, where the operation was performed by "dimidiation" (a kind of Heraldic half-and-half) distinct from the entire of a coat, and displaying only one set of cognizances.
    このような、しかし、そうではありませんでした。コートは伸ばさなかったが、腕は操作がコートの全体とは異なる「dimidiation」(紋章半々の一種)によって行われたシールド、上のパターンを作り、減少と合うように作られました、およびcognizancesの一組のみを表示します。
    "Dimidiation" was the most ancient style of marshalling, and possessed the extraordinary merit of simplicity. It was effected by chopping both coats in two, and sticking half one on to the half of the other, and vice versa. What was done with the bits over we are not told; probably the Heralds regarded them in the light of legitimate "cabbage" and took them home to their wives, and mended their own tabards with them when those official garments required repair.
    「Dimidiationは "マーシャリングの最も古いスタイルだった、とシンプルさの異常なメリットを有していました。これは、2の両方でコートをチョッピング、および他の半分、およびその逆に上半分を貼り付けることにより行いました。私たちは告げていない上に何がビットで行われました。おそらく告げるには、正当な「キャベツ」に照らしてこれらの情報をみなされ、その妻に家にそれらを取って、それらの公式の衣類の修理が必要なときに彼らと自分のtabardsを直し。
    Of course, as might be expected, the dimidiated halves never matched, and presented to the spectator an incongruous, not to say ridiculous, appearance. Thus, supposing the cognizance on the first coat to have been--"Arg., a good templar proper" (or sober), and on the second "Or, a licensed victualler inebriant, beaked gules," half the cognizance would appear to be sober and the other half in a state of inebriety, which would naturally offend the susceptibilities of both families.
    もちろん、としては、期待されるdimidiated半分が一致したことがない、ととんでもない、外観を言うことではない、観客ちぐはぐに提示しました。したがって、最初のコート上で認識を想定することはあったように - 」。のArg、良いテンプラー適切」(またはしらふ)と、第2の「酒類販売免許を持つ飲食店主の酔わせる、または、くちばしギュールズは、「半分の認識がに見えます落ち着いた自然の両方の家族の感受性を怒らせるだろう酩酊した状態で他の半分、です。
    This plan was therefore not found to work well in practice; the Heralds, who were nothing if not inventive, determined to discard it in favour of "impalement."
    この計画は、したがって、実際にうまく機能することがわかっていませんでした。本発明は何もない場合はなかった告げるが、の賛成で、それを破棄するように決定される「串刺し。」
    The first idea as regards "impalement" is that it has some connection with a stake and the early Turkish prescription for the cure of Mohammedan perverts when caught, and that the Heralds, with that dry humour for which they were so famous, stuck at the perpetration of no monstrosity for the advancement of their doctrines. But this idea, like a good many others in connection with Heraldry, would be utterly wrong.
    よろしく「串刺し」などの最初のアイデアは、キャッチするとき、それはイスラム教の変質者の治癒のための出資比率と早期トルコの処方箋といくつかの接続を持っていることである、と彼らはとても有名だっれるものドライユーモアと告げるが、で立ち往生しています彼らの教義の発展のための無極悪非道の犯行。しかし、このアイデアは、紋章に関連して良い他の多くのように、完全に間違っているだろう。
    Impalement, in Heraldry, is performed by compressing two coats of arms and placing them side by side in one escutcheon, a fine line dividing them per pale. Thus, for instance, would be blazoned the arms of a husband and wife, just as in common life you may see woman and her victim, or "Baron" and "femme," as those funny wags Garter & Co. would persist in calling them, coming home from the family pew every Sunday morning.
    串刺しは、紋章に、腕の2つのコートを圧縮して1エスカッション、淡いごとにそれらを分割する細線に並べて配置することによって行われます。したがって、例えば、面白いものはガーター・アンド・カンパニーは、呼び出しに固執するだろう振るよう」、ファム "ちょうどあなたが女性と彼女の犠牲者、または「男爵」とを参照してください可能性がある一般的な生活の中でのように、夫と妻の腕をblazonedされるだろうそれらは、毎週日曜日の朝の家族の信者席から帰宅します。
    As in the Latin grammar, so here, the masculine is, erroneously, say the shrieking sisterhood, more worthy than the feminine, and consequently the arms of the husband occupy the dexter half of the shield, those of the wife taking the sinister side, or what is left.
    ラテン語の文法のようなので、ここでは、男性的には、誤って、フェミニンより金切り声姉妹、より多くの価値があると言うされ、その結果、夫の腕はシールドのデクスターの半分占め、不吉な側面を取って妻のもの、または何が残っています。
    Should, however, the lady be an heiress--an excellent quality in woman--her legal proprietor and worse half would not impale her arms, but would impose her armorial bearings upon his own coat, charged upon an escutcheon or "shield of pretence," thereby delicately intimating to the general public that she, having given him her hand, he pretends to or wants to get hold of the rest of her goods and chattels. Where the marriage settlements are not tight, and the husband is loose, this pretence becomes a reality.
    女性で優れた品質 - - 彼女の法的所有者と悪化半分は彼女の腕を突き刺すないだろうが、自分のコートの際に彼女の紋章ベアリングを課す、見せかけのエスカッションまたは「シールド上に帯電した、しかし、女性が相続人であるべき、「それによって微妙に彼女は、彼に手を与えられた、彼はふりまたは彼女の商品や動産の残りの部分のホールドを取得するために望んでいることを一般の人々にintimating。結婚の集落がタイトではない、と夫が緩んでいる場合は、このふりは現実のものとなります。
    The children of an heiress take the hereditary coats of arms of their father and mother quarterly, just as landlords do their rents ; which implies a fixed inheritance, a capital institution, and one specially to be recommended to all young persons starting in life. In these coats the first and fourth quarters contain the arms of the father, and the second and third those of the mother--another instance of man's injustice to woman, the first-named quarters being the most honourable.
    相続人の子供たちが父と母の腕の遺伝性のコートを取る四半期ごと、地主が自分の賃料を行うと同じように。これ固定継承、資本機関、および特別に生活の中で始まるすべての若い人に推奨される1つを意味します。これらのコートでは第1および第4四半期には、父親の腕を含み、母のそれらの第二および第三 - 女性への男性の不公平の別のインスタンス、最初の名前の四半期は最も名誉あります。
    To return, however, to the general run of wives who are not heiresses, except to the natural estate of sin and wickedness which we all inherit, and upon which, as a rule, no money is to be raised. If from railway accidents, doctors, or other misfortunes, the lady should retire from this life, and the disconsolate widower takes another dip in the matrimonial lucky-bag, the first wife's arms will stand on the chief (which suggests to the pensive student something of an acrobatic performance with the Bounding Brothers of the Desert), and those of the second on the base. Or the shield may be divided in tierce, that is, in three equal divisions in pale (this has a domestic smack about it, as the little boy said when his mother spanked him), the first wife's coat, or should we say petticoat? next to the husband's, and those of the second outermost.
    我々はすべて継承し、その上に、原則として、お金を上昇されるべきでない罪と邪悪の自然な不動産を除いて、heiressesでない妻の一般的な走行に、しかし、戻ります。鉄道事故、医師、または他の不幸から、女性はこの生活から引退すべきである、と物悲し男やもめは夫婦ラッキーバッグ内の別のディップを取る場合、最初の妻の腕は物思いに沈ん学生の何かに示唆している(チーフに立ちます砂漠の境界兄弟とアクロバティックなパフォーマンスの)と、ベース上の第二のもの。またはシールドは淡い(彼の母親は彼に酔っぱらったときに小さな男の子が言ったように、これは、それについての国内ピシャリを持っている)、最初の妻のコートに3等分に、つまり、ティアスに分割することができる、または私達はペチコートを言うべき?夫の隣に、第二最も外側のもの。
    Supposing, however, we have to deal with a man of such reckless hardihood and love of adventure, one who has the extraordinary boldness to plunge for a third time into matrimony, the arms of his two first speculations shall stand on the chief (acrobatic performances again, only more so), and the third on the base. Nay, Heralds even provided (Heraldically) for the positively awful contingency of a fourth wife, and ordained that her arms must participate in one-half of the base with defunct number three; and thus the armorial bearings of the various spouses will appear on the escutcheon of the husband as so many coats quartered, for it stands to reason that a man who thus often indulges in so many better-halves connubially must be content with quarters Heraldically.
    仮に、しかし、我々はそのような無謀な不屈の精神と冒険の愛の男に対処する必要があり、結婚への三度目の突入する特別な大胆さを持っているものは、彼の2最初の憶測の腕は(チーフにアクロバティックな性能を立ちます再び、唯一のより多くのように)、およびベース上の第3。いや、告げるも、第四の妻の積極ひどい不測の事態(Heraldically)に設けられており、彼女の腕は亡き番号3とベースの半分に参加しなければならないことが定められました。それはこのように、多くの場合、非常に多くのより良い半分にふける男はconnubially Heraldically四半期との内容でなければならないことを理にかなっているために、したがって、様々な配偶者の紋章ベアリングは、など非常に多くのコートが宿舎夫の盾に表示されます。
    Further than that Garter and his friends declined to go. Four wives in a lifetime they considered enough for any man, and the domestic relations of a Bluebeard [N.B.--A much misunderstood victim of marital love of perfection] were not recognized by the College.
    そのガーターと彼の友人よりもさらに行くを拒否しました。寿命の4つの妻は、彼らがあらゆる人のために十分配慮し、青ひげ[N.B .--完璧な夫婦愛の多くの誤解犠牲者]の国内関係は大学によって認識されませんでした。
    Should a man, like the illustrious Mr. Weller, sen., marry a widow, he is not allowed, while adopting the rib of the deceased's husband, to take his arms with the other baggage, but only those borne by the wife as a single woman.
    輝かしい氏ウェラー、銭。のような男は、未亡人と結婚し、彼は故人の夫のリブを採用しながら、他の荷物と彼の腕を取るが、唯一のもののような妻が負担する、許可されていない必要があります独身女性。
    If a maiden or dowager lady of rank marry a commoner person than herself, their coats of arms are not impaled, but are placed side by side in two separate escutcheons upon one mantle or drapery, the lady's arms ornamented according to her title. As usual, lovely woman gets the worst of it, and goes to the left.
    ランクの乙女や寡婦の女性が自分よりも庶民の人と結婚した場合、腕の彼らのコートは突き刺しされていませんが、1マントルやカーテンの際に二つの別個のescutcheonsに並んで配置され、女性の腕は彼女のタイトルによると飾ら。いつものように、素敵な女性はそれの最悪を取得し、左に行きます。
    Kings-at-Arms and bishops impale their private with their official arms, the latter occupying the dexter side. Thus, in a prelate it would seem to intimate that though as a man he may be a success, yet as a bishop he is a successor, as he undoubtedly is to the former occupant of the See.
    キングス・アット・アームズと司教は、後者はデクスター側を占め、彼らの公式腕を自分の秘密を突き刺します。このように、高位聖職者に彼が間違いなく参照の元乗員にあるとして、人間として、彼は成功することができ、まだ司教として、彼が後継者であるにもかかわらずことをほのめかすように思われます。
    The arms of a bachelor, with the exception of the before-mentioned officials, consist of a single Heraldic coat, never of two coats impaled. Bachelors, however, may have any quantity of other coats, waistcoats, trou--, sundry habiliments, provided they have money to pay for them, or can find a confiding tailor to trust them. Equally is this the case with unmarried ladies, both armorially and sartorially, substituting milliners for tailors.
    学士の腕は、前に述べた職員を除いて、単一の紋章コートの、決して突き刺さ2つのコートで構成されています。独身は、しかし、他のコート、ベストその他、trou--、雑貨服装の任意の量を有していてもよく、彼らは彼らのために支払うためにお金を持っている、またはそれらを信頼するように打ち明けるテーラーを見つけることができます提供。同様に、これは仕立て屋のためのmillinersに置き換えて、両方armoriallyとsartorially、未婚女性の場合です。
    [N.B.--The Heralds never gave trust.]
    [N.B.--告げるには信頼を与えたことはありません。]


XX

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)