HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XIX

CHAPTER XIX.
OF BIRDS, BEASTS, AND FISHES IN BLAZONRY.
第十九章 鳥、獣、魚の紋章
APART from the Charges, Ordinaries, Sub-Ordinaries, Common Charges, Artificial and Chimerical Figures, birds, beasts, and fishes occur as frequently in blazoning arms as in a Guildhall Banquet. And in the Heraldic, as in the culinary menu, they have their various values, and have to be described secundum artem.
別に料金、オーディナリー、サブオーディナリー、共通料金、人工およびキメラ図、鳥、獣、および魚類からギルドホール宴会のように腕をblazoningのように頻繁に発生します。そして紋章で、料理のメニューのように、彼らは様々な値を持っているし、隔のアルテムを記載しなければなりません。
    Beasts and birds come first, and in blazoning savage beasts they should always for choice be represented at their fiercest. A lion or tiger, for instance, should be "rampant." Not that in real life they are pleasant to meet when in that condition, as they then have, according to the Heralds, their tails erected, their mouths open, and their claws, which are not by any means to be considered as the saving clause, out. [N.B.--Advice gratis. When thus met with, sharp's the word and run's the action.] Otherwise they are "salient," leaping. In India, tigers may often be found a-bounding. Leopards and wolves are generally described as "passant," walking along would be a colloquial interpretation of the phrase, and if they were walking a long way off from us so much the better, and Griffins as "segreant."
    獣や鳥が最初に来て、野蛮な獣blazoningに、彼らは常に選択のための彼らの激しいで表されるはずです。ライオンやトラは、例えば、「横行」にする必要があります。実際の生活の中で彼らがいないこと、彼らはその後、使者によると、彼らの尾が建立されてきたように彼らの口が開いて、その状態にするとき満たすために心地よいあり、省句として考慮されるべき任意の手段によってではありません彼らの爪、 、 でる。 【N.B .--アドバイス無償。このように会ったとき、シャープは、単語と実行がアクションだのです。]そうでなければ、彼らは「顕著」跳躍しています。インドでは、トラは、多くの場合、境界を見出すことができます。ヒョウとオオカミは一般に沿って歩くことフレーズの口語的な解釈であろう」、アンパッサン」と記載されており、彼らはそんなに私たちからオフとしてより良い、とグリフィン長い道のりを歩いていた場合は、「後ろ足で立ったの。」
    This rule of ferocious description is, however, not always followed, as wild beasts are frequently blazoned "couchant" or "dormant." Some people say that this latter attitude is too frequently that of the British Lion; but as he usually sleeps with one eye open and the other not shut, he is apt, should anyone tread on his tail or toes, to become rampant, and then things are exceedingly lively for any who get in his way.
    凶暴な説明のこの規則は、野生の獣が頻繁に「姿勢の」またはblazonedされているようしかし、常にではないが、続いている「休眠」。一部の人々は、この後者の態度があまりにも頻繁に、その英国のライオンのであると言います。彼は通常は閉じていない開いて、もう一方の目で寝としてではなく、彼はやすく、誰もが横行になるために、彼の尾やつま先を踏まれ、その後、物事は彼の邪魔になる誰が任意のための非常に活気のあるべきです。
    The milder animals are represented in Blazonry as nature made them, or as the Heralds imagined them, which is not quite the same thing. As a rule they are supposed, though, in many cases it is only a supposition, to have some connection with the cause for which they were granted. Thus the armorial cognizance of the Temple in London--no connection with Dr. Parker--where lawyers most do congregate, is a lamb, and the connection between a lawyer and fleece, to say nothing of the woolsack, is too obvious to need any further remark.
    自然が告げるが全く同じではありませんこれは、それらを想像し、それら、またはとして作ったとして、より穏やかな動物は、きらびやかな装飾で表現されています。原則としてそれらが付与された対象の原因といくつかの接続を持っている、しかし、多くの場合、それが唯一の推測であり、想定されています。したがって、ロンドンの寺の紋章認識 - ドクター・パーカーとの接続なし - ほとんどが集まるん弁護士は、羊毛袋はもちろん、子羊であり、弁護士とフリースの間の接続、必要にあまりにも明白です任意の更なる発言。
    Every animal should, as a rule, be looking to the right side of the shield, and have its right leg forward. This peculiarity of putting the right or best leg foremost is advisable also in private life, should a mad dog or bull be behind you, wanting in the one instance a sample of your person, or an unfriendly toss in the second.
    すべての動物は、原則として、シールドの右側に見て、前方の右脚を持っていなければなりません。右または最高の足を置くのこの特殊性は何よりも私生活でも賢明である、狂犬や牛1つのインスタンスであなたの人のサンプル、または秒で非友好的なトスを望む、あなたの後ろにする必要があります。
    Another rule as regards the blazoning of beasts is that when the animal is coloured azure the tongue and claws should be gules and vice versâ, unless the description is otherwise expressed in the grant of arms. The chief animals that appear in blue are lions and boars, and perhaps, if we go into the human species, policemen and blue-coat boys. The tongue and claw rule, however, applies to them as well as to the Heraldic sorts.
    獣のblazoningに関して別のルールは、動物が着色されたときに説明がそれ以外の武器の付与で表現されていない限り、紺碧の舌と爪は、ギュールズおよびその逆でなければならないということです。私たちは人間の種、警察官とブルーコートの男の子に行けば青色で表示さチーフ動物は、ライオンやイノシシ、そしておそらくあります。舌や爪のルールは、しかし、彼らにだけでなく、紋章の種類に適用されます。
    Now for the birds,as the Alderman said when he helped himself to a brace of plovers, leaving only the dish and the smell to the rest of his family. Birds of prey, like beasts of similar proclivities, are the most sought after--instance falcons and eagles. Both the Russian and Prussian varieties of the latter are given to preying, firstly with an e upon their neighbours (vide France and Turkey passim) and afterwards with an a in their churches.
    今、彼は彼の家族の残りの部分にのみ皿や臭いを残し、チドリのブレースに身を助けたときに市会議員が言ったように鳥のため。インスタンスハヤブサとワシ - 獲物の鳥は、同じような性癖の獣のように、ほとんどの後に求められています。どちらも後者のロシアとプロイセンの品種は、まず(フランスとトルコのここかしこ見よ)隣人の際に電子とし、その後、それらの教会でAで、食い物に与えられています。
    When birds have their wings on each side of the head, they are said to be "elevated" or "displayed." Bipeds without wings also may sometimes be described as "elevated," and occasionally it ends by their being "displayed" as well--upon a stretcher, with four policemen "portant," en route for the Station.
    鳥は、ヘッドの各側に、その翼を持っている場合、それらは「上昇」またはれると言われている「表示します」。羽なしのBipedはまた時々「上昇」と記載することが時々それは彼らが「表示」と同様により終了 - Stationの途中」、portant」ストレッチャ時に、4人の警官と。
    When, however, the wings of the Heraldic bird are behind its head, or back to back, they are "expanded" or "adossed;" a fanciful arrangement looked at from a practical point of view, but doubtless, armorially, very nice as far as it went.
    しかし、紋章鳥の翼は、その頭の後ろにある、または背中合わせする場合、それらは「拡大」または「adossed; "されています空想的な構成は、実用的な観点から見て、しかし確かに、armorially、とても素敵なところまでは行っとして。
    When the wings are not displayed at all, they are said to be "borne close." Shut up would be the colloquialism for this style, and some interpreters of the science have supposed that this denoted that the bearers of such charges were originally impecunious, and that the non-volant attitude denoted that they had, vulgarly speaking, not a feather to fly with.
    翼が全く表示されない場合、それらは「クローズ負担」されると言われますこのスタイルの口語表現であること、および科学のいくつかの通訳になる黙れに羽ではなく、このような電荷の担い手が元々無一文のあったことが示されることを想定し、非飛ぶ態度は、彼らが持っていたことが示されていること、下品に言えばしていますで飛びます。
    If a bird be placed on a shield in an unnatural position, such peculiarity must always be mentioned; thus "Argent, a pheasant proper making bread sauce to be eaten with itself," would be a case in point requiring decided mention.
    鳥が不自然な位置にシールド上に配置される場合は、そのようなクセが常に言及されなければなりません。このように「アージェント、キジ適切作るパンのソースは、それ自体で食べられるために、「決め言及を必要とする点にある場合です。
    Fishes are of less esteem as common charges than birds or beasts. Some Heralds declare the cause of this to be that they came after the latter in the order of creation. Hence the term "fishy," as applied to any dubious transaction. They are borne either "upright," "embowed," "extended," or, like a bill of exchange or a cheque, "endorsed." Sometimes, also, they are "fretted" (lobsters boiled alive come very much under that description) or "triangled." Spitchcocked, devilled, or crimped, are not Heraldic terms applied to fishes. If a fish is placed horizontally is it "naiant," and then may be said to be going along swimmingly; it perpendicularly, it is "hauriant."
    魚は鳥や獣よりも一般的な費用としてはあまり自尊心です。一部の使者はこれの原因は、彼らが創造のために、後者の後に来たことがあることを宣言します。したがって、任意の怪しげな取引に適用される用語「生臭いです」。彼らは、手形や小切手、同様に、 "拡張" "、アーチ形の" "、直立」のいずれかの負担やされている「承認しました。」時には、また、それらは「フレット」されている(生きてゆでたロブスターは、その説明の下に非常に来て)、または「triangled。」 Spitchcockedは、devilled、または捲縮はない紋章用語は、魚類に適用されます。魚が配置されている場合、水平方向には「naiant」であり、次いで、とんとん拍子に沿って行くことと言ってもよいです。それは垂直に、それは「頭を上にして直立したような姿勢の」です。
    And that is about all, for the money, that we have to say about birds, beasts, and fishes. Anyone wanting to know more, had better apply to Mr. Frank Buckland, or the Curator of the Zoological Gardens.
    そして、それは私たちが鳥、獣、そして魚について言っていることは、お金のために、約すべてです。詳細をお知りになりたい方は、より良い氏フランク・バックランド、または動物園の学芸員に適用されていました。


XIX

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)