HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XVIII

CHAPTER XVIII.
BLAZONRY.
第十八章 ブレイズン(紋章表現文)
HE word Blazonry comes from the German word blasen, to blow, and originated in the custom of each knight blowing a trumpet on his arrival at a tournament. (The custom of blowing one's own trumpet is still maintained, but as tournaments have been abolished, and no corresponding games are extant, though football, according to the Rubly rules, is equally dangerous, it is now done at all times and seasons.) This blast was answered by the Heralds, who decribed aloud and proclaimed the arms and titles borne by the knights. Hence the term "Blazonry."
単語紋章が吹くように、blasenドイツ語から来て、トーナメントで彼の到着時にトランペットを吹いて、各騎士の習慣で始まりました。 (それは今、すべての時間や季節で行われ、サッカーが、Rublyルールに従って、同等に危険であり、自分自身のトランペットを吹くの習慣がまだ維持されますが、トーナメントが廃止されているように、および該当するゲームが現存していません。)この爆発は、声を出してdecribedと騎士が負担武器とタイトルを宣言布告者によって答えました。したがって、用語「紋章。」
    Heraldry is a science which, like old maids, is both arbitrary and exact, and therefore the rules of blazonry are always observed with the most rigid precision, no variations being permitted. In fact, any Herald attempting to stray from the beaten track would be liable to find himself castigated instead of the track on the ground of having been guilty of "false heraldry."
    紋章は、古いメイドのように、任意の正確な両方である、科学であるため、紋章のルールは常に最も剛性の精度で観測され、何の変動が許されないされています。実際には、人里から脱線しようとするヘラルドは自分の代わりに罪を犯してきたの地面上のトラックの酷評を見つけるしやすいだろう」偽紋章。」
    The first rule in Blazonry is to express the Heraldic distinctions in the proper terms, omitting nothing and avoiding tautology. This rule might, with great advantage, be applied to other than Heraldic descriptions. We have received letters which--but we will not particularise,--still, oh departed Aunt Jemima! if in another, and let us hope, a better world, spirits are allowed, as the mediums tell us they are, to revisit these glimpses of the moon, and you come across these lines, will not your conscience prick you?--but a truce to vain regrets, and we dash aside the manly tear, and proceed at once to
    紋章の最初のルールは何を省略しないとトートロジーを避け、適切な用語で紋章の区別を表明することにあります。この規則は、大きな利点で、紋章記述以外にも適用される可能性があります。私たちは、particulariseませんが - - まだ、ああおばさんジェミマを出発した私たちは、手紙を受け取りました!別であれば、私たちは願ってみましょう、より良い世界、霊が許可されている媒体は、月のこれらの見え隠れを再検討するために、彼らは私たちを教え、あなたはこれらの線に出くわすように、あなたの良心があなたを刺すないだろう - ?が、無駄な後悔の休戦、そして我々は男らしい涙を脇にダッシュし、一度に進みます
    Secondly : In blazoning a coat, commence with the field, stating its colour or tincture. Then the lines must be mentioned by which it is divided, as per Pale, per Fess, or per Chevron, such lines belonging to the Honourable Ordinaries, and assuming the first place in the description, just as in a penny-a-liner's report of a public dinner the name of Sir Thomas Spriggles, Knight, precedes that of Common-Councillor Snooks.
    第二に:コートをblazoningでは、その色やチンキを述べ、フィールドで始まります。その後の行は、このようなラインが閣下オーディナリーに属する、とちょうどペニー・ライナーの報告のように、説明の最初の場所を想定し、ペールあたりなど、フェスごとに、またはシェブロンごとに、それを分割したことにより記載しなければなりません公共夕食のサートーマスSpriggles、騎士の名前は、共通議員Snooksのそれに先行します。
    Also, if such lines are indented, engrailed, or invected, the fact must not be omitted, otherwise it is taken for granted they are straight. Finally, their metal or colour must be given, or the description will come under the head of a shady one. Then follow the Sub-ordinaries or Common Charges.
    そのような行は、インデントエングレイルド、または半円形の波形のある場合も、事実はそうでなければ、彼らは直線で当たり前のされ、省略することはできません。最後に、それらの金属または色が与えられなければならない、または説明は、日陰の1の頭の下に来ます。そして、サブオーディナリーまたは共通の料金に従ってください。
    Thirdly : As we have already observed, there must be no unnecessary repetition in blazoning; thus, where the field is white and the charges black, we should say "argent, a nose between two eyes sable," thereby intimating that both the nose and the eyes were black, a charge that would argue the proprietorship of somebody who had been in a fight, and one not unlikely to lead to an interview with a magistrate.
    第三に:私たちはすでに認められてきたように、blazoningには不必要な繰り返しがあってはなりません。フィールドが白と費用黒であり、したがって、我々はそれによって鼻と目の両方が、されていた誰かの所有権を主張するだろう充電黒色であったことをintimating」、銀色、クロテン両目の間の鼻」を言う必要があります戦い、そして奉行とのインタビューにつながる可能性は低いではない1インチ
    Fourthly: It would be wrong to say two eyes with a nose between them, because we must always begin with the charge that lies nearest the centre of the shield, and of course the nose, in one sense at least, must be the scenter. It may also have been on the principle of medio tutissimus ibis, which is an excellent rule when walking in a tunnel with two trains, each coming a different way.
    第四:私たちは常に、少なくとも、scenterでなければならないある意味では、シールドの中心に最も近い位置し、もちろん鼻の充電で開始する必要がありますので、それらの間の鼻と両目を言うのは間違っているだろう。また、それぞれが異なった道を来て、2列車でのトンネルの中を歩いたときに優れたルールですメディオtutissimusトキの原則、にされている可能性があります。
    Fifthly: Where a colour has been already mentioned, and it is necessary to avoid ambiguity to repeat it in describing a subsequent charge, we say, "of the first," "of the second," &c., as the case may be. Thus we should say, "Vert a head or charged with a bonnet of the first," which would denote that on a green field a head with golden or fashionable hair and a green bonnet on the head.
    第五:ここで、色は、すでに言及されており、「第一の」、「第2」&Cの後続の電荷を、我々は言う、記述でそれを繰り返すあいまいさを回避する必要があり、場合によっては。したがって、私たちは、金色やファッショナブルな髪と頭の上に緑のボンネットと緑のフィールドの頭の上にあることを意味するであろう」、最初のボンネットで充電ヴェールヘッドや "と言うべきです。
    Sixthly : When no position is mentioned for an ordinary, it is understood to be in the middle of the shield--that being the most honourable place--just as the middle stump is the best to bowl over at cricket--if you can.
    第六に:何の位置は通常のために言及されていない場合は、シールドの真ん中にあると理解される - 中央の切り株はクリケットでオーバーボウルに最善であると同じように - - 最も名誉ある場所であることができれば。
    Seventhly: Where the charges are of the natural colour of the objects described, the word "proper" is used after them, thereby signifying that when otherwise they are improper, not that any of our readers need fear being shocked, seeing that Heraldry is one of the most decorous of sciences.
    第七:料金が記述されたオブジェクトの自然な色のものである場合には、単語「適切」は紋章が1であることを見て、それによって、そうでなければ、彼らは、読者のいずれかが恐怖を不適切な必要はされていないことをするときショックを受けされていることを意味、それらの後に使用されます科学の最も上品の。
    Eighthly: Where a sun-ray is borne otherwise than in the centre of the shield, the issuant point must be mentioned. Thus we should say:--"From a pie proper in chief four-and-twenty blackbirds issuant."
    第八:日線がシールドの中心部にある以外にも支持されている場合は、issuant点を記載しなければなりません。したがって、私たちは言う必要があります: - 「チーフ4-と-20クロウタドリのissuantで適切なパイから。」
    Ninthly: The number of points in a star or Mullet must be mentioned when more than five. If this rule were adhered to by dramatic critics it would be great gain, as we should then know whether a star was worth going to see, by the number of points he or she was able to make in his or her performance.
    Ninthly:時以上の5スターやボラのポイント数を記載しなければなりません。このルールは、劇的な批評家をによって付着した場合、我々はその後、星が彼または彼女は彼または彼女のパフォーマンスに作ることができたポイント数によって、見に行く価値があったかどうかを知っておくべきこととして、それは、大きなゲインであろう。
    Tenthly: When three figures are upon the shield whose position is unmentioned, it is always understood that two are placed above and one below, thus carrying out the well-known betting cry of two to one on the field.
    第10に:3つの図は、その位置が言及されていないです、シールド時にある場合、常に2が上方に配置され、下1、したがって、フィールド上の1に2のよく知られた賭けの叫びを行っていることが理解されます。
    Eleventhly: When there are many figures of the same kind, their numbers and position in the field must be distinctly expressed, just as in the police courts the number and position in the force of the policemen giving evidence are always stated in the papers.
    第11に:同じ種類の多くの数字がある場合は、フィールドにその数と位置が明確に証拠を与える警官の力の数や位置は常に論文に記載されているだけで警察裁判所のように、表現されなければなりません。
    Finally, and Twelfthly: A metal must not be placed upon a metal, or a colour upon a colour, on pain of any quantity of penalties, too numerous to mention and too dreadful to contemplate. The only exception to this being that when a charge lies over upon a field partly of metal and partly of colour, and at this half-and-half arrangement the Heralds would wink. Marks of Cadency, chiefs cautons and bordures are also exempted from the general rule, some Heralds averring that they are not laid on the shield, but "cousu," or sewn upon it, a very sow-sow plan at the best.
    最後、そして12番目に:金属は枚挙にいとまがないと熟考するにはあまりにも恐ろしい罰、任意の数量の痛みに、色の際に金属、または色の上に置かれてはなりません。この唯一の例外は、電荷の一部が金属で、一部の色のフィールド上に渡って位置し、この半分ずつ配置で布告者がウインクだろうというときことです。歩調のマークは、首長のcautonsとborduresも原則免除され、いくつか告げるが、彼らは最高の状態で、非常に雌豚 - 種をまく計画を盾に敷設されたが、 "cousu」、またはそれに縫い付けられていないことをaverringが。

XVIII

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)