HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XVII

CHAPTER XVII.
OF MOTTOES.
第十七章 モットー(家訓)
WHEN we mention the word mottoes, we wish it most distinctly to be understood that Heraldic mottoes, though oftentimes quite as silly, have no connection whatever with those poetical effusions in which the crackers and kisses of festive life are so often enfolded
私たちは言葉のモットーに言及するとき、我々は最もはっきりしばしばほど愚かけれども紋章モットーは、お祝いの生活のクラッカーとキスはそう頻繁に包み込むされているものを詩的な滲出液との接続何を持っていないことを理解されたいです。
    Ay de mi. Our readers must pardon us if we here pause awhile to resuscitate from the dead past our first love, and tell how it was born, lived, throve, and died on--mottoes and the sugarplums they were wrapped in.
    あぁデmiです。読者は、我々はここで私たちの最初の愛を越えて死から蘇生するためにしばらく一時停止した場合、私たちを容赦し、それが生まれた方法を指示する必要があり、thriveの過去形に住んでいた、とに死亡 - モットーと彼らはに包まれたsugarplums。
    We were young--very young: in fact we had, both of us, commenced our existence in that condition, and--we were cousins. Another and a yet stronger tie bound us to each other--and it was that we had each two parents--a male and a female. Need we say that the former were our fathers--the latter our mothers.
    私たちは若かった - 非常に若い:実際には、我々は、私達の両方を持っていた状態で私たちの存在を開始し、 - 私たちはいとこでした。もう一つ、まだ強力なネクタイはお互いに私たちを結合した - そしてそれは私たちがそれぞれの両親を持っていたことだった - オスとメス。後者は私たちの母親 - 私たちは、前者はわれわれの先祖であったことを言う必要があります。
    The present author started in his troubled course of life just one year and two months in advance of the object of his affection.
    筆者は彼の愛情のオブジェクトの前に命わずか1年と2ヶ月の彼の問題を抱えたコースで始まりました。
    How we loved! Well do we remember the day when our mutual passion, which had hitherto been too deep for words, broke through the bonds of silent adoration, and took form and shape in action
    どのように我々が愛しました!さて、私たちは、これまで言葉にあまりにも深くなっていた両社の情熱は、サイレント崇拝の絆を突破した日を覚えて、そして行動に形と形状を取ったん
    The author was five, She was four. A fond relation had the previous day presented Her with a painted wooden doll--and true to the natural instructs of childhood, and her sex, the paint adorning its ligneous head had been promptly and partially sucked off.
    著者は5だった、彼女は4でした。小児の自然が指示に忠実、と彼女、その木質頭を飾る塗料が迅速かつ部分的に吸引されていた - 好き関係は前日は塗りの木製の人形で彼女を提示していました。
    The author was sleeping in his cot the mid-day sleep of childhood when She came to share his rest. The author, as he lay wrapped in deep slumber, and doubtless communing with unseen angels, though he is not quite clear upon that point--not being able at this distance of time to speak with absolute certainty--had his mouth wide open, and She had the well-sucked doll in her small but puddy hand.
    彼女は彼の残りの部分を共有するために来たとき、著者は自分のベッドで幼年期の半ば日間の睡眠を眠っていました。彼は深い眠りに包まれて横たわっていたとして、彼はその時点の際には非常に明確ではないですが、著者は、と疑いもなく、目に見えない天使とcommuning - 絶対的な確信を持って話をする時間のこの距離でできることではない - 、大きく開いて彼の口を持っていましたそして彼女は小さいがpuddy手によく吸い込ま人形を持っていました。
    The truth of the eternal axiom that "Nature abhors a vacuum" must have dawned upon her infant mind, and with that rapid decisiveness of character which marks all great intelligences She at once determined to put it to the test. Where could a fitter subject for experiment be found than her sleeping love.
    「自然は真空を嫌う」という永遠の公理の真実は彼女の幼児の心の上に夜が明けていなければならず、すべての偉大な知性をマーク文字の迅速な決断と彼女は一度決定されたテストにそれを置くために。どこ実験のフィッタ対象は、彼女の睡眠の愛よりも見出すことができました。
    "Fiat experimentum in corpore amato" was her unspoken motto, and instantly the head of the doll was rammed, with all the force of which that tiny hand was capable, into the open mouth of her unexpecting lover. How, unused to such scientific demonstrations of love, he awoke; how he tried to scream, but could not; how, after severe wrestling with the offending foreign body, premature choking was that time, at any rate, avoided; how, when restored to his normal condition and comparative comfort, the author recognized the depth of affection which had prompted this somewhat unusual action, are matters too sacred to be spoken of even in a deep work of science--such as is the present.
    「フィアットexperimentumでcorporeアマート「彼女の暗黙のモットーだった、と人形の瞬時ヘッドは彼女unexpecting恋人の開いた口の中に、小さな手が可能であったことのすべての力で、突っ込んだました。どのように、愛のような科学的なデモに使用されていない、彼は目を覚ましました。どのように彼は悲鳴しようとしたが、できませんでした。どのように、問題の異物を伴う重篤なレスリングの後、早期のチョーキングはその時だった、任意の割合で、回避。彼の通常の状態と比較快適に復元するとき、どのように、著者はこのやや珍しい行動を促していた愛情の深さを認識し、問題は、科学の深い仕事であっても語られるには余りにも神聖である - 存在しているような。
    Suffice it "that day they read no more." They had not been reading previously, perhaps for the reason that neither of them knew their letters perfectly. But the love thus auspiciously inaugurated was henceforward nurtured on sugarplums and mottoes.
    「彼らはありません続きを読むその日を。」だけで十分彼らはおそらく、それらのどちらも完全にその手紙を知っていた理由で、以前に読んでいませんでした。しかし、愛は、このように幸先良く今後sugarplumsとモットーに育まれた発足します。
    To enumerate the hundreds of sugarplums we sucked on the joint-stock partnership principle, and the numberless mottoes we spelled out together, would be a task compared to which the labours of Hercules were but a light and facile recreation. Yet truth bids the author state that, as a rule, She sucked more than her share; moreover, She had what now seems to him an unjustifiable trick of biting them in two and retaining the larger half as her own portion, so that, on the whole, he did not altogether get the best of it--but what of that when "Love is lord of all!"
    我々は合資提携原理に吸い込まsugarplumsの何百、と私たちは一緒に綴ら無数のモットーを列挙するには、ヘラクレスの労働者がそのうちなく、光と容易なレクリエーションに比べて作業になるだろう。しかし、真実は、原則として、彼女は彼女のシェア以上に吸い込まれ、著者の状態を入札します。また、彼女は、全体的に、彼は完全にそれのベストを取得していないように、今2でそれらをかむと、彼女自身の一部として大きいの半分を保持する不当なトリック彼に思われるものがあった - しかし、それの何時「愛はすべての藩主です!」
    And the mottoes! How well does the author remember them. The simple
    そしてモットー!どれだけ著者はそれらを覚えていません。シンプル
"When this you see
Remember me,"
            「これはあなたが表示されたら                                        
             私を覚えてますか、"                                                
    or the more ambitious
    以上の野心的な
"To travel with you through this life,
Both hand-in-hand, and free from strife,"
       「この人生をあなたと一緒に旅行するためには、                             
       どちらの手に手を、と争いのありません、 "                                 
    which had the advantage of being adapted to either sex, and was always applicable to loving souls.
    これはいずれかに適合していることの利点を持っていたし、常に愛情の魂に適用しました。
    But our love! How shall we recount its sad ending? The author has not the heart to do so. He has been young himself, and knows how susceptible are youthful minds; still he feels that he has a duty to perform to his readers which mere personal considerations do not permit him to evade.
    しかし、私たちの愛!どのように我々はその悲しい結末を詳述しなければなりませんか?著者はこれを行うにはない心を持っています。彼は自分の若いされて、そして若々しい心どのように影響を受けやすい知っていました。それでも彼は単なる個人的な考慮事項は逃れるために彼を許可していません彼の読者に実行する義務があると感じています。
    She returned to Her parental home, and (the salt tears are trickling adown the authorial nose as he pens these lines) faithless as are Her sex, she fell in love with a boy of ten, with red hair, goggle eyes, and general repulsiveness alone to recommend him. And he who had first taught Her infant lips to lisp love's language found, when next he met Her, that he was forgotten, and that that other and repulsive boy was reaping the ripe crop of affection the author had sown.
    彼女は彼女の親の家に戻った、と彼女の不貞(塩の涙が、彼はこれらの行をペンのように著者の鼻adown散水されている)、彼女は赤い髪、ゴーグル目、および一般的な不気味で、10の少年と恋に落ちました彼をお勧めするだけでは。そして、次の彼は彼女に会ったときに最初lispの愛の言語に彼女の乳児の唇を教えていた彼は忘れられていたことを、発見し、そのほかの反発少年は愛情の熟した作物を刈り取ったことを著者が蒔きました。
    It was hard--very hard--so was the other boy's hand when he smacked the Author's head for daring to look at Her he had fondly regarded as his own property. The spell was broken; the Author went to school, and when next they met She had daughters as tall as herself, and the long dead past was relegated to the limbo of oblivion.
    非常に難しい - - それは大変だったので、彼は彼が愛情を込めて彼自身の財産とみなしていた彼女を見て大胆ための著者の頭を叩かときに、他の少年の手でした。呪文が壊れていました。著者は学校に行って、彼らが出会った隣のとき、彼女は彼女自身のように背の高い人の娘を持っていた、と長い死んだ過去を忘却のどっちつかずの状態に追いやられました。
    To return, however, to our Heraldic mottoes. Their origin is enveloped in mystery. The generally received opinion is, however, that the first idea of the motto was obtained from the war-cries of the different nations. For instance, that of the Irish was "A boo," which, as an old chronicler whose name, however, the pickle jar of history has not preserved to us, says was "a bootiful one to listen to." Like the bagpipes, distance lent enchantment to the sound.
    私たちの紋章モットーに、しかし、戻ります。その起源は謎に包まれています。一般的に受け取った意見がモットーの最初のアイデアは、異なる国の戦争叫びから得られたこと、しかし、です。例えば、アイルランドのことは、その名前の古い年代記として、しかし、歴史のピクルスジャーが私たちに保存されていない、 "ブーイング"だった、だったと言う "を聞くためにbootiful 1。"バグパイプのように、距離が音に魅力を貸しました。
    Edward III. was the first person who introduced a motto into his coat of arms, and the fashion once set, every one followed the royal example, and selected a motto for himself.
    エドワードIII。腕の上着にモットーを導入した最初の人、そしてファッションが一度設定された、一人一人は、王室の例を踏襲し、そして自分自身のためにモットーを選択しました。
    Heraldic mottoes are of three kinds--the enigmatical, or foggy, of which you have to discover the meaning, if any; the sentimental, or clap-trap, which are comprehensible even by an inhabitant of Earlswood; and the emblematical, or utterly boshy, which in nineteen cases out of twenty have no meaning at all, and finally the punning mottoes, which would bring down the house in a modern burlesque from their exceeding badness.
    紋章のモットーは3種類である - enigmatical、または霧、あなたがもしあれば、意味を発見するために持っているの。でもEarlswoodのの住民によって理解できるである、感傷的、または拍手トラップ。そして、emblematical、または20のうち19例で、その超過悪さから現代のバーレスクに家をダウンさせることになるすべてでは何の意味、そして最終的にパンニングモットーを持っていないこれは、全くboshy。
    And here it may not be out of place to put in our protest against the extraordinary amount of inconclusiveness which generally pervades mottoes. No matter what language they may be in, and they are to be found in several, the fact remains the same, they very seldom finish. For instance let us take the motto of the Marquis of Aylesbury "Fuimus," "We have been"--Well! what if they have been--somebody of the family is surely going on with the business, whatever it was--and so "he is," and the motto, like most mottoes, doesn't in the least apply, and wants something else at the end of it. Either "we have been" rich, or poor, or hanged or blessed, or boiled, or skinned alive, or made chairman of a joint stock company; but we must have been something.
    そして、ここでは一般的モットーに浸透しているinconclusivenessの異常な量に対する私たちの抗議に入れて場違いではないかもしれません。どんなに彼らがあってもよく、それらはいくつかの中に見出されるどのような言語、事実は変わらない、彼らは非常にほとんど終了していません。まあ - たとえば、「私たちがされている ""、Fuimus「私たちはアリスバーリーの侯爵のモットーてみましょう!彼らがされている場合 - 家族の誰かが確かにそれが何であれ、ビジネスで起こっている - ので、 "彼は、ある」とのモットー、ほとんどのモットーのように、少なくともでは適用されず、何かを望んでいますそれの終わりに、他。いずれかの合資会社の豊富な、または貧しい、または絞首刑や祝福、またはゆで、または生きているスキン、または作ら会長「我々はされています」。私たちは、何かされている必要があります。
    But to resume, we will just cull a few examples from the enigmatical, or foggy. Suppose we take "Che sara, sara," "What will be, will be," the motto of the house of Bedford. This is a self-evident proposition, which nobody for a moment doubts; but what does it mean? We knew it all before. The only possible explanation of it we can give is that the inventor of the motto was just going to be hung and had learnt that the Home Secretary of the period declined to interfere.
    しかし再開するには、私達はちょうどenigmatical、または霧からいくつかの例を淘汰します。何がされる ""、チェサラ、サラを「私たちが取ると、「、ベッドフォードの家のモットーとなります。これは自明の命題、一瞬の疑問のために誰です。それが何を意味するのでしょうか?私たちは前にそれをすべて知っていました。私たちは与えることができるそれの唯一の可能な説明は、モットーの発明者がちょうどハングしたように、ピリオドのホーム長官が干渉を拒否したことを知っていたつもりだったということです。
    Or take "Moveo et propitior," "I make an impression on him and am appeased," borne by the Earl of Ranfurly. Now, will any one explain the signification of this Heraldic gem? Don't all speak at once, but step up one at a time. To us it seems to be the observation of a knight, who, having found a soft joint in his antagonist's armour, had inserted his dagger into the place to the discomfort of his adversary. Naturally such an action would make an impression upon the patient, and the agent would of course feel appeased if he knew there was no chance of the compliment being returned.
    または「Moveoらpropitior、 ""私は彼に印象を与えるとなだめています、「ランフリーの伯爵が負担取ります。さて、任意の1は、この紋章宝石の意味を説明しますか?すべてを一度に話すが、一度に1をステップアップしないでください。私たちに彼の拮抗薬の鎧に柔らかい関節を発見した、騎士、の観察であると思われる、彼の敵の不快感代わりに彼の短剣を挿入していました。当然のことながら、このような行動は、患者に応じた印象になるだろう、と彼は返される賛辞の見込みはありませんでした知っていた場合、エージェントはもちろんなだめ感じるだろう。
    One more jewel from the Scottish Heraldic Crown. The Earl of Kintore proclaims on his coat of arms, "Quae amissa salva," "What has been lost is safe." Yes, not to be found again. Just for all the world like the captain's celebrated kettle, that was safe at the bottom of the sea.
    スコットランドの紋章クラウンからの1つ以上の宝石。キントアーの伯爵は何が失われたことは安全である」」、Quae amissaのサルバ」腕の上着に宣言する。」はい、再び発見されるべきではありません。ただ船長の有名なやかんのようにすべての世界のために、それは海の底に安全でした。
    And again another, "Vix ea nostra voco," "I scarcely call these things our own," which, if it means anything, must certainly be a rather unkind allusion to the probable way in which the remote ancestors of the Duke of Argyll, to whom the motto belongs, probably gathered together their possessions. Scottish chieftains of the early pattern had remarkably loose notions on the subject of meum and tuum, and the motto would seem to have been adopted either by a repentant MacCallum More, after a successful raid, or else one in doubt whether he should be able to get his plunder safely within the walls of Inverary.
    そして再び別の、それは何を意味している場合、確かにアーガイル公爵のリモート先祖可能性の高い方法にかなり不親切ほのめかしでなければならない、「ビクスのEAノストラvoco、 ""私はほとんど私たち自身のこれらの事を呼んでいません、 "、モットーが属する誰に、おそらく一緒に彼らの所有物を集めました。初期のパターンのスコットランドの族長はmeumとtuumのテーマに著しく緩い概念を持っていた、とのモットーはもっと後悔マッカラムのいずれかによって採用されているように思われる、成功した襲撃の後、あるいは1疑いで彼のことができるようにする必要があるかどうかインヴァレリの壁内に安全に彼の略奪を取得します。
    We now come to the enigmatical, or clap-trap. To illustrate this style the Earl of Radnor comes to our aid with "Patria cara, carior libertas," "My country is dear, but my liberty is dearer," which sounds very beautiful, but at the same time gives us the idea of a regretful pickpocket leaving England to avoid Cold Bath Fields.
    私たちは今enigmatical、または拍手トラップに来ます。ラドナーの伯爵が非常に美しい音と私たちの援助」パトリアのキャラ、cariorリベルタス、「「私の国は私の自由はdearerである親愛なるですが、 "になるこのスタイルを説明するが、同時に、私たちのアイデアを提供するために、残念スリはコールドバースフィールズを回避するためにイングランドを離れます。
    Again, we have "Murus aeneus conscientia sana." "A sound conscience is a wall of brass." This is contributed by the Earl of Scarborough. People who have not got sound consciences not unfrequently have faces of brass, and brass in connexion with the human subject is generally found in that portion of the body. Not that it has more of the clap-trap element about it than the motto of Lord Sandy's, who declares on his coat of arms that "Probum non pcenitet," "The honest man does not repent," which, like a glass of blue vitriol, is very pretty to look at, but when reduced to common sense implies that so long as we only do not pick pockets we may commit any other trifles in the way of sins it may seem good unto us, and not care anything about it; which we cannot but fancy would be uncomfortable if carried into practical working.
    ここでも、「Murus aeneusのconscientiaのサナ」を持っています「音良心は真鍮の壁です。」これは、スカボローの伯爵によって寄与されます。 unfrequently真鍮の顔、そしてヒト被験体とのかかわりで真鍮を持っていない音良心を持っていない人々は、一般的に身体の部分で発見されています。ではない "、正直な人は悔い改めていない" "、Probum非pcenitet「それは主サンディのこと腕の上着に宣言する人の標語よりもそれについて拍手トラップ要素の多くを持っているこれは、青色のガラスのような硫酸は、を見て非常にきれいですが、常識に減少したときには、我々は唯一のポケットを選択しない限り、我々はそれがわたしたちの良いように見えるかもしれ罪の方法で、他のささいなことをコミットし、それについては何も気にしないかもしれないことを意味します;これは私たちがすることはできませんが、実用的な作業に搬入場合空想が不快になります。
    Just another plum from the sentimental Heraldic pudding, viz : the motto of the Marquis of Ely, "Prend moi tel que je suis," "Take me just as I am." This is from the Sister Isle, and evidently is a pretty way of putting the old chorus of
    感傷的な紋章プリン、すなわちからちょうど別の梅:エリーの侯爵のモットー、「Prend MOIのtel queのはje suisの、 ""私は同じように私を取ります」。これは、姉妹島からのものである、と明らかに古いコーラスを置くのはかなりの方法です
"Tow row row,
Paddy, will you now
Take me while I'm in the humour."
  「トウ行行、                                                                  
  水田、だろう今                                                                
  私はユーモアの中にいる一方で私を取ります。」                                  
    which, unaccountable as it may appear, is not an Heraldic motto.
    それが表示されることがありますように無責任れ、紋章のモットーではありません。
    It is astonishing, considering how very unsentimental were the Heralds in the discharge of their duties, what an amount of unmeaning mottoes, which will not for a moment bear reading by the light of common sense, we find in the coats of arms of the governing families of Great Britain.
    それは、その職務の放電で告げる、あったか非常に感傷考慮すると、驚くべきことであるどのような常識の光によるモーメントクマの読み取りのために、私たちは統治の紋章に見つけることができません無表情なモットーの量は、英国の家族。
    We now come to another branch of the motto system. The emblematical, or utterly boshy. Of this kind, "Cassis tutissima virtus," "Virtue is the safest helmet," is a good example. The Marquis of Cholmondeley is the fortunate possessor of this Heraldic jewel. The perfect idiocy of this motto must at once strike our readers. The notion of any one in the days of battle-axes and five-foot swords putting his virtue on his head, even supposing he possessed a more than usual amount of that desirable quality, by way of a helmet, is too absurd to need one word of observation.
    我々は今モットーシステムの別のブランチに来ます。 emblematical、または全くboshy。この種のうち、「カシスtutissimaヴァータス」、「徳」は、最も安全なヘルメットです良い例です。ザチョルモンディリーの侯爵は、この紋章宝石の幸運な所有者です。このモットーの完全な白痴は一度読者を打つ必要があります。戦闘軸と彼の頭の上に彼の美徳を入れて5フィートの剣の時代にいずれかの概念は、あっても、彼はヘルメットの方法により、その望ましい品質の通常の量よりも多くを持っ想定し、1を必要とするにはあまりにもばかげています観察の言葉。
    Another neat example of this class is that borne by the Duke of Athol "Furth fortune, and fill the fetters." This is not a conundrum, or an acrostic, or an anagram, or any other of those verbal gymnastics the answer of which is to be found in our next. It is a simple motto. If any of our readers can explain it our publisher has strict orders not to charge him anything extra for this present volume, on account of his extraordinary acumen.
    このクラスの他の巧妙な例はアソール公爵が負担することである」フュルトの幸運、と足枷を埋めます。」これが私たちの次に発見される答えているのものを口頭で体操の難問、またはアクロスティック、またはアナグラム、または任意の他のではありません。これは、単純なモットーです。読者のいずれかが、それは私たちの出版社が彼の並外れた洞察力のために、彼にこの本のボリュームのための余分なものを請求しない厳しい注文を持って説明することができる場合。
    When we come to "Crom a boo," "I burn," the motto of the Duke of Leinster, we think we have achieved a depth of enigma (or boshiness) which is positively unequalled. What does he burn--whom does he burn--and when does he burn? Doubtless some of the Leinster race have at various periods of the family existence burnt their fingers metaphorically and actually in various ways, but why commemorate the painful facts on the ancestral escutcheon. We have at times had our misfortunes, but as a rule we don't care to talk about them, perhaps because we remember that pity, tho' akin to love, is also a very near relation to contempt. Another thought strikes us, perhaps the originator of the motto was a victim to spontaneous combustion, and the singularity of the circumstance caused it to be commemorated as above; or, stay, can it be that not having led a particularly good life here on earth, "Crom a boo" represents the post mortem anticipations of the chieftain.
    私たちは「CROMブーイング、「「私は燃え、「デュークオブレンスターのモットーに来るとき、私たちは積極無比である私たちは謎(またはboshiness)の深さを達成していると思います。彼は誰を燃やすん - - と彼は時を焼くん、彼は何を焼くのですか?疑いはレンスターレースのいくつかは、家族の存在の様々な期間で、さまざまな方法で比喩的に、実際に自分の指を燃やしたが、なぜ先祖のエスカッションに痛みを伴う事実を記念しています。我々は時間に私たちの不幸を持っていたが、原則として、我々は同情は、愛すること」似カントー、また侮辱に非常に近い関係であることを覚えておいて、おそらくので、それらについての話をする気にしません。もう一つの考えは、おそらくモットーの創始者は、自然発火の犠牲者だった、と状況の特異点は、それが上記のように記念される原因となった、私たちを打ちます。または、滞在、それはここで地球上の特に良好な生活を送っていたではないことをすることができ、「CROM booが「族長の死後期待感を表しています。
    Before we say adieu to the utterly boshy one sweet and lovely specimen must not be omitted. It is "Agitatione purgatur." This Burke translates as "He or it is purified by motion," or, to put it vulgarly, by being shaken up. Sir William Russell, Bart., is the happy owner of this delectable legend. Burke owns "but what the sense can be it is difficult to determine." We quite agree with Burke. But, stay! we have found the solution! The first possessor of the title was a doctor, and, doubtless, when he was made a baronet in 1832, the Heralds, in order to keep in his mind a recollection of the profession to which he belonged, gave him the motto which, they naturally thought, was a pleasant allusion to the practical directions we so often see on dispensed medicine--"When taken to be well shaken." On no other ground can we or anybody else account for this exceedingly forcible example of the utterly boshy.
    私たちは全くboshy 1甘くて素敵な試料に別れを言う前に、省略することはできません。それは、「Agitationeのpurgatur」です。このバークは動揺することにより、下品にそれを置くために、「彼またはそれは、運動によって精製された」またはとして変換されます。サー・ウィリアム・ラッセル、バートは、このおいしい伝説の幸せな所有者です。バークは、所有している」が、どのような意味は、決定することは困難であることができます。」我々は非常にバークに同意します。しかし、滞在!我々は解決策を発見しました!タイトルの最初の所有者は、彼が1832年に準男爵としたとき確かに、使者は、順番に彼の心の中で彼が所属する専門職の思い出を保つために、医者だった、と、彼のモットーを与えた、彼ら当然、考えた私たちは、多くの場合、分配医学で見実用的な方向への快適な当てつけだった - 「よく振とうすることが取られたとき。」いいえ、他の地面に缶我々または全くboshyのこの非常に強制例えば誰他のアカウント。
    We now come to the punning mottoes, which, as we have already observed, are frequently bad enough to figure in a modern burlesque.
    私たちは、今、私たちが既に認められてきたように、現代のバーレスクに把握するのに十分頻繁に悪いです、パンニングモットーに来ます。
    Very often these belong either to the emblematical or the sentimental, but, as a rule, to the boshy. Of the first, "Festina lente," "Hasten slowly," the war cry of the Onslow family, may be taken as a fitting example; and of the second, "Court hope," the legend of the Courthope race.
    非常に多くの場合、これらは原則として、boshyに、emblematicalや感傷のいずれかに属し、しかし。まず、「フェスティナレンテ」、「ゆっくりと急ぐの、「オンスローファミリーの戦争叫び、フィッティング例としてもよいです。第二に、「裁判所の希望、「コートープレースの伝説の。
    Amongst the punning boshy order we may class that of the Fortescue family, and it is "Forte scutum salus ducum," "A strong buckler is the safeguard of the leaders," which is perfectly true if they only get behind it; but as a motto the F.S.S.D. is beneath contempt, and would seem to imply that the original owner was in the habit of getting out of harm's way whenever there was a row on, and he had a chance of being in it.
    パンニングboshy順序の中で我々は、彼らが唯一のそれの後ろに取得する場合、完全に真である強力な盾は指導者の安全策である ""、フォルテ盾板サルスducum「フォーテスキューの家族のこと、そしてそれは、クラスを、 "かもしれません。しかしモットーF.S.S.D.として軽蔑の下で、元の所有者は、行が上にあったときはいつでも害の方法から抜け出すの習慣にあった、と彼はそれであることのチャンスがあったことを意味すると思われます。
    The Vernons take, "Ver non semper viret," "The spring is not always green," and this applied to the inclemency of our English springs has a ring of truth about it not often found in Heraldic mottoes. Evidently, the inventor of this one was an acute observer of meteorology, if not first cousin to the clerk of the weather, himself.
    Vernonsは、取る」版以外ゼンパービレ、「 "春は、常に緑ではない」、これが私たちの英語ばねの厳しさ、しばしば紋章モットーに見つかりませんそれについての真実のリングを持っているに適用されます。明らかに、この1の発明は、気象学の急性オブザーバー、そうでない場合は天候、自身の店員への最初のいとこでした。
    Before we conclude this interesting subject it may not be out of place here to mention that Bishops and Peeresses have no mottoes on their coats of arms. This at first sight seems rather hard upon them, but really they get along exceedingly well without them--and we believe we may state on reliable authority, that the want of a motto has never had any deleterious effect upon their healths. This we are sure is gratifying to our readers.
    私たちはこの興味深い主題を締結する前に、司教とPeeressesが腕の彼らのコートには何のモットーを持っていないことを言及するためにここに場違いではないかもしれません。一見これは彼らの上にむしろハードようだが、実際に彼らは彼らなしで非常に仲良く - 私たちはモットーの希望は彼らのhealths時に任意の有害な影響を与えたことがないことを、我々は信頼性の高い権限に述べることができると信じています。これは、我々は我々の読者に満足であることを確認しています。
    And with these specimens of the motto we shall conclude.
    そして、モットーのこれらの標本で、私たちは締結しなければなりません。

XVII

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)