HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XVI

CHAPTER XVI.
OF SUPPORTERS.
第十六章 サポーター(盾持ち)
HE word "Supporter" opens a wide field for consideration in a general way, and when we contemplate how many and various are the persons and things which come under this head, we are tempted to lay down our pen, cut loose the painter of imagination, and drift off into an ocean of speculation too vast to be contemplated, even, by any single-action brain as at present constructed.
単語「サポーター」は、一般的な方法で検討のための広い視野を開き、我々はこの頭の下に来る人や物事をどのように多くし、様々な熟考しているとき、私たちは想像力の画家を失う、私たちのペンを置くカットするように誘惑されています、および現時点でのように構成された任意のシングルアクション脳により、さえ、考えられるには余りにも広大な投機の海にオフドリフト。
    The human legs are supporters to most people, and as a rule, except in cases where the natural ones have from some unexplained causes retired from business and been replaced by artificial, very good supporters to get along with. Sometimes, however, they carry us too far; as when, for instance, they take us into somebody else's house to search for his spoons and other unconsidered trifles, and the police step in and interfere with our acquisitive propensities.
    人間の足は自然なものはいくつかの原因不明の原因からビジネスから引退していると一緒に取得するために人工的な、非常に良いサポーターに置き換えられて場合を除いて、ほとんどの人々に支持され、原則として。しかし、時には、彼らはあまりにも遠くに私たちを運びます。例えば、彼らは彼のスプーンやその他の不用意な些細なこと、との警察のステップを検索し、私たちの貪欲傾向を妨害することが誰かの他の人の家に私たちを取るとき、など。
    Our fathers and mothers in early youth are not unfrequently also our supporters--in fact, we may say almost the best we can have at that early stage of our existence. Failing these, do not the genial authorities of the parish step in? though we fancy but few would for choice accept these last.
    初期の青年で私たちの父親と母親はunfrequentlyまた、私たちのサポーターではない - 実際には、我々は我々の存在の早い段階で持つことができ、ほぼ最高の言うかもしれません。これらの失敗、中教区ステップのない温和当局していますか?私たちは空想が、いくつかの選択肢のためにこれらの最後を受け入れるだろうけれども。
    Again, some have found a good dinner a capital supporter, especially when hungry; and even a glass of beer has been found not bad upon occasion; nevertheless, too many glasses are apt to prove less a support than a cause of stumbling, and finally to reduce the human form divine from the perpendicular to the horizontal.
    ここでも、いくつかは、特に空腹時に、良い夕食に資本サポーターを発見しました。さらにはビールのグラスを機会に悪ではないが発見されました。それにもかかわらず、あまりにも多くのガラスがつまずきの原因未満のサポートを証明するために、そして最終的に水平に垂直から人間の形の神を削減する傾向にあります。
    A rich and childless uncle, or aunt, who gives us an allowance, can also be used as a supporter; and if to his or her other good qualities he or she should add the peculiarity of dying and leaving all his or her money to you, they prove most efficient.
    私たちに余裕を与え、豊かで子供のいない叔父、または叔母は、サポーターとしても使用することができます。彼または彼女の他の良い資質に彼または彼女はあなたにすべての彼または彼女のお金を死にかけていると出るのクセを追加する必要がある場合や、彼らが最も効率的な証明します。
    Other supporters by dozens might be mentioned; but for the present, content with those we have instanced, we will merely say they are none of them the kind we have to deal with in Heraldry.
    数十人による他のサポーターが挙げられるかもしれません。しかし、我々がインスタンス化されているものと現在、コンテンツのために、我々は単に彼らは私たちが紋章に対処しなければならないようなもの、それらのどれもではないと言うだろう。
    "Supporters," in Heraldry, are the two figures placed at the sides of shields, and may consist of either man, bird, beast, or fish, or a mixture of all four. They may be borne by Peers of the Realm, Knights of the Garter, Knights of the Grand Cross of the Bath, Nova Scotia baronets, and chiefs of Scottish clans, and are conceded to those sons of peers who bear honorary titles. Bishops, probably in consideration that after all they ought to be able to support themselves on their ecclesiastical revenues, have no Supporters, just as in armorial bearing ladies have no crests.
    紋章学の「サポーター」は、盾の両側に配置された2つの数字であり、男、鳥、獣、または魚、またはすべての4の混合物のいずれかからなることができます。これらは、レルム、ガーター、バースのグランドクロス、ノバスコシア州の準男爵の騎士、とスコットランドの氏族の首長の騎士のピアが負担することができる、と名誉のタイトルを負担するピアのものを息子たちに認めています。司教は、おそらくすべての彼らはべき後に教会の収入に自分自身をサポートすることができるようにすることを考慮して、何の山を持っていないだけの紋章ベアリングの女性のように、何のサポーターを持っていません。
    In England Supporters cannot be borne without the express leave of the sovereign, and in Scotland the same permission must be obtained of Lord Lyon, King-of-Arms. Like gloves, love-making, human ears, and other duplex arrangements, they are generally found in pairs; though a few single Supporters remain in English coats of arms, and in goods of the same description manufactured abroad, they are not uncommon.
    イギリスでサポーターは主権の明示休暇なしで負担することができず、スコットランドで同じ権限が主リヨン、キング・オブ・アームズの取得する必要があります。手袋、愛??作り、人間の耳、および他の二重契約と同様に、彼らは一般的にペアで発見されました。けれども、いくつかの単一のサポーターは腕の英語のコートに残っている、と海外で製造され、同じ説明の品物で、彼らは珍しくありません。
    Originally the rule was that both Supporters should be alike, but in modern English Heraldry they are frequently different. To quote only one instance, which must be patent to the most unobserving, we may mention the Lion and the Unicorn on the royal banner. Perhaps it was discontent with this arrangement that, among other reasons, caused the celebrated quarrel.
    もともとルールは、両方のサポーターが似なければならないことだったが、現代の英語紋章では、それらは頻繁に異なっています。最も無頓着なの特許でなければならない唯一のインスタンスを、引用するために、我々は王室のバナーをライオンとユニコーンを挙げることができます。多分それは他の理由の中で、有名な喧嘩の原因となった、この構成に不満でした。
    Supporters are usually represented as the figure of a man or an animal, where there is a man or an animal either composite or natural in the shield; but this is not an arbitrary rule, and it frequently varied according to the taste, or want of it, of the Heralds.
    サポーターは、通常、人またはシールドにおける複合または天然のいずれかの動物がある人や動物の姿として表現さ??れます。これは、任意のルールはなく、頻繁に好みに応じて変化させ、またはそれを望む、告げるの。
    In foreign Heraldry, where the Supporters are represented by human beings, they are called "Tenants," in allusion evidently to the rent paid by those individuals so useful in supporting landlords, and it was only when animals performed the duties that they were called Supporters.
    外国の紋章では、サポーターが人間で表される場合、それらは明らかに地主を支援する上でとても有用なそれらの個人が支払った家賃に言及における「テナント」と呼ばれ、動物は彼らはサポーターと呼ばれていた職務を行った場合にのみそれがありました。
    Supporters were introduced by Edward III., but were not in general use until the reign of Henry VI.; so that we may conclude that they were Heraldic articles de luxe introduced with the advance of civilization, like Australian beef, Dr. Kenealy, the School Board, and other luxuries.
    サポーターは。エドワードIIIによって導入されたが、ヘンリー六世の治世まで一般的に使用さではなかったです;我々は、彼らがオーストラリア産牛肉のような文明の進歩、と導入デラックス・デ・紋章の記事があったと結論付けることができるように、博士Kenealy、教育委員会、および他の贅沢。
    It has been supposed that Supporters originally represented the servants by whom, at tournaments, the shields of the knights were supported or guarded until such times as they might be wanted. Thus in modern life John Thomas supports or guards the cloaks and great coats at a pic-nic, albeit he would not therefore be considered as a Heraldic Supporter.
    トーナメントで、騎士の盾は、彼らが望んでいた可能性がありますこのような時代になるまでサポートされているか、守られた、サポーターはもともと誰によってサーバントを表すことが想定されています。したがって、現代の生活の中でジョン・トーマスはサポートされていたり、彼はそのため紋章サポーターとして考えられないとはいえ、PIC-NICでマントと大きなコートを守ります。
    The Mantling is an embellishment of scroll-work flowing down on both sides of the shield, and originated in the "Contoise," or scarf, which the knights wrapped round their bodies in the days of coatarmour. Whether this scarf was worn for ornament or warmth, or both, is not clear, though on a cold knight a wrap of silk round the body would be preferable to a rap of a mace on the head.
    Mantlingはシールドの両側に流下スクロールワークの装飾で、騎士はcoatarmourの時代に自分の体の周りに包まれた「Contoise、」やスカーフ、発祥しました。このスカーフは装飾や暖かさ、あるいはその両方のために着用されたかどうか寒い騎士の身体ラウンド絹のラップが頭の上にメイスのラップに好ましいであろうけれども、明確ではありません。
    An interesting question here arises which has often troubled our minds when contemplating effigies and figures in armour--and it is this. What exceedingly draughty wear armour must have been ! Of course, we do not for a moment fancy that the Knights of old had nothing underneath their defensive apparatus--that is of course absurd. Propriety, and we suppose mediæval persons had as keen a sense of it as we at the present day, would alone have demanded it; but, on the other hand, there could not have been much clothing. And yet we never hear of a gallant warrior catching cold. We cannot fancy him tallowing his nose, or sitting with his feet in mustard and water, or taking sweet spirits of nitre before he picked out a soft plank well bestrewn with rushes on which to repose. But they must have had colds sometimes. Catarrh is not a modern invention. Coughs very likely came over with the Conqueror--but we are prepared to bet something handsome that the Saxons, and for the matter of that the Ancient Britons themselves, could have given an exceedingly good account of them.
    ここで興味深い質問は鎧で肖像や数字を考えたとき、多くの場合、私たちの心を悩まさている生じ - そしてそれはこれです。どのような非常に風通しのいい摩耗鎧するとされている必要があります!もちろん、不合理である - もちろん、私たちは昔の騎士が自分の守備装置の下に何もなかったことを空想一瞬ません。是非、私たちは中世の人が、一人でそれを要求したであろう、現在の日に、私たちとしてのとしての鋭い感覚を持っていたと仮定します。しかし、一方で、多くの衣料品があったことができませんでした。そして、まだ私たちは、風邪勇敢な戦士を聞くことはありません。私たちは空想、彼は彼の鼻をtallowing、またはマスタ??ードと水に彼の足で座って、または彼はよく休息するにラッシュでbestrewn柔らかい板を選んだ前にnitreの甘い霊を取ることはできません。しかし、彼らは時々風邪を持っていたに違いありません。カタルは現代の発明ではありません。咳は非常に可能性が征服者にやって来た - しかし、我々はサクソン人、そのハンサムな何かを賭けする用意がある、と古代の英国人自身が、それらの非常に良い口座を与えたかもしれないことの問題のために。
    But yet there it is--Chivalry and coughing don't seem to go well together. Nevertheless, if the wearer of chain armour on a chilly night, did not catch as good or bad a bold as he could desire, or not desire, all we can say is, that the Knights must have been Arctic ones, and used to it.
    しかし、それはまだそこに - 騎士道と咳が一緒にうまくいかないようです。それにもかかわらず、肌寒い夜にチェーン鎧の着用者は、騎士は北極のものであって、それに慣れていなければならないことを、彼はすべての私たちがあると言うことができ、希望する希望し、またはことができなかったとして大胆なように良いか悪いかキャッチしていない場合。
    But we are digressing from our digression. What did they wear? Well, after all it does not much matter. Still, let us try and evolve their garments.
    しかし、我々は我々の余談からdigressingされています。彼らは何を着るのですか?まあ、結局それはあまり問題ではありません。それでも、私たちがしようとする彼らの衣服を進化させてみましょう。
    Of course they had something in the jerkin line--that sounds useful when throwing themselves upon the enemy--and was usually a garment fitting close to the upper portion of the body; then they had trunk hose--at least we hope so--and this corresponded somewhat to our modern breech--(again we had nearly written an unmentionable word, but our readers will know what we mean without forcing us to enter into minute particulars); likewise, they finished off their legs with hose, which were as nearly as possible the stockings of to-day.
    敵の際に身を投げたときに便利な音 - - もちろん、彼らはレザーアーマーラインで何かを持っていたし、通常は本体の上部に衣服のフィッティング近かったです。その後、彼らはトランクホースを持っていた - 少なくとも、私たちはそう願って - これは現代逆子に多少対応 - (再び私たちは、ほぼ口に出せない言葉を書いていたが、我々の読者は、我々は分細目に入るために私たちを強制せずに何を意味するか知っているだろう);同様に、彼らはできるだけ近くに、一日のストッキングたホース、と自分の足を締めくくりました。
    Therefore, however good for defensive purposes, it seems to us that armour must have been objectionable wear; heavy and hot in summer, and heavy and cold in winter. Q. E. D.
    したがって、守備の目的のためにしかし良い、それは私たちに思われる鎧は不快着用されている必要があります。重くて暑い夏に、冬は重いと冷たいです。 Q. E. D.
    So, doubtless, the "Contoise," or scarf, came in as a useful vestment to Knights when on the tented field--and in gratitude they hung it on to their shields, and called it a Mantling.
    感謝の気持ちで彼らの盾にそれをハングアップ、およびMantlingそれを呼んだ - だから、確かに、「Contoise、」やスカーフ、テント場にするときナイツに便利な衣服として送られてきました。

XVI

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)