HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XV

CHAPTER XV.
OF CRESTS.
第十五章 クレスト(兜飾り)
ESIDES the coronets, crowns, and chapeaux, there are other external ornaments used in Heraldry, and the most important of these is the Crest. Let us, however, commence in the orthodox manner, and in the regular didactic fashion.
coronets、クラウン、およびchapeauxのほかに、そこ紋章学で使用される他の外部の装飾品があり、これらのうち最も重要なのは、クレストです。私たちは、しかし、オーソドックスな方法で、かつ定期的な教訓的な方法で開始してみましょう。
    The word "crest" is derived from the Latin word crista, a comb, and was worn by warriors on the tops of their helmets. As the fightingmen who appeared in helmets,--and they all did it, naturally not being desirous of having their nuts too easily cracked,--strove to be cocks of the walk, it was to be expected that they would assume a comb : besides, its connection with a brush with the enemy must of course be obvious, to say nothing of the way in which they used to show their teeth to one another.
    単語「家紋」はラテン語の稜、櫛に由来し、そのヘルメットの上部に戦士が着用しました。 、ヘルメットで登場fightingmenように - と、彼らすべてがそれをやった、自然にあまりにも簡単に割れ、そのナットを持つことを望んではないが、 - 散歩のコックであることに努めました、それは彼らが櫛を想定することが期待されることになりました。他にも、敵とブラシとの接続はもちろん、彼らはお互いに自分の歯を表示するために使用される方法の何も言わないために、明白でなければなりません。
    Originally, Crests were only carried by commanders, who were thus distinguished in battle, in order to prevent their being extinguished, just on the same principle as the cognizances on the shield.
    もともと、紋章はばかりシールド上cognizancesと同じ原理で、彼らが消滅されるのを防ぐために、このように戦闘で区別された指揮官によって実施しました。
    The first Crest extant, is found on the great seal of Richard Cceur de Lion, and as both his friends and foes often found him a man much given to whacks, it is to be presumed that the seal made a great impression upon them.
    最初クレストの現存は、リチャードCceur・デ・ライオンの偉大なシールに記載されています、と彼の友人と敵の両方が、多くの場合、彼に多くのwhacksに与えられた男を発見したとして、それはシールが彼らに大きな印象を与えたものと推定されます。
    Crests came into general use about the time of Henry III., in whose reign that now popular entertainment, the House of Commons, may be said to have originated.
    紋章はヘンリーIIIの時間についての一般的な使用に入って来た。、その治世今人気の娯楽で、下院は、起源を持つと言うことができます。
    In the present day, everybody who is somebody, and a great many who are nobodies, sport Crests, and very often with about as much right to them as a dromedary has to a frock coat.
    現代では、非常に多くの場合、約限り右それらにヒトコブラクダはフロックコートに持っているようで誰か、とnobodiesある非常に多く、スポーツ紋章、と誰もが誰ですか。
    The coats of arms of ladies are not surmounted by Crests, although in private life combs are often to be met with above their coats, or, we should say, dresses. Perhaps the nearest approach to a Crest in feminine adornments, is the chignon, though we doubt much if Sir Albert Woods would be inclined to admit that as a true Crest.
    私生活で櫛が自分のコート、または、私たちが言うべきで、ドレスの上に満たされることがしばしばあるが、女性の紋章は、紋章によって克服されていません。サーアルバートウッズは真の紋章としてことを認めるように傾斜される場合、我々は多くを疑うのにおそらく、フェミニンな装飾でクレストに最も近いアプローチは、シニョンです。
    Crests are composed of all kinds of articles--arms, legs, heads, tails, and bodies of men and animals, to say nothing of such trifles as hatchets, towers, gates, or in fact any other thing or person that the exuberant taste or fancy of the wearer might suggest. When discussing the Heraldic Charges, we endeavoured to show to what extraordinary lengths heraldic imagination would travel, and the same remarks apply equally to Crests, so that it is impossible to classify them with any degree of accuracy, and, as it is impossible, we are not going to try. Nevertheless, we will just give our readers five heads, under which, as a rule, they may place the origin of most Crests. This will be a contradictory process to a certain extent, as in general the comb or crest is placed upon the head, but we shall place the comb or crest under it.
    熱狂的な味ということ手斧、タワー、ゲート、または実際には任意の他の事や人のようなささいなことはもちろん、腕、足、頭、尾、男性や動物の死体、 - 紋章は記事のすべての種類で構成されていますまたは着用者の空想を示唆している可能性があります。紋章料金を議論するとき、私たちは、それが不可能であるとして、異常な長紋章の想像力は旅行をするだろう、精度の任意の程度でそれらを分類することは不可能であるように、同じ発言は、紋章にも等しく適用され、どのように表示するように努力し、我々しようとするつもりはありません。それにもかかわらず、私たちは、原則として、彼らが最も紋章の起源を置くことができ、その下で、我々の読者5頭を与えます。一般に櫛やクレストが頭に置かれているように、これは、ある程度矛盾するプロセスになりますが、我々はそれの下に櫛や家紋を配置しなければなりません。
    Firstly: sometimes a ferocious animal, such as a lion, a tiger, or a bear, was used as a Crest, and these were assumed to denote the peculiarly unpleasant or savage qualities of the original bearer--such as a propensity catawampously to chaw up his enemies on the smallest or no provocation.
    まず:時々凶暴な動物は、そのようなライオン、トラ、またはクマのように、クレストとし、これらは、元のベアラの妙に不快または野蛮な性質を示すと仮定した - そのような傾向としてcatawampously chawします最小または全く挑発に彼の敵アップ。
    Secondly: Devices also were adopted to perpetuate feats of chivalry. Thus, if a knight had vowed to fight three other knights with his left foot tied under his right ear, (they did such foolish things in those times that nothing was too absurd for them to attempt,) and successfully performed his vow, he would probably ever after have worn a foot with a rope round it as his Crest, to perpetuate how extensive an idiot he had been on that occasion. On the same principle in the present day, when an inebriated draper's assistant, coming from the Pig and Whistle, successfully smashes a gas lamp without being taken up by the police, he might, should his selection be sanctioned by the Herald's College, adopt a "gas lamp frangant proper" as his Crest.
    第二に:デバイスはまた、騎士道の偉業を永続するために採用されました。こうして彼は、だろう、騎士は、彼の右耳の下で結ば左足で3他の騎士と戦うことを誓っていた場合には(彼らは、何がそれらをしようとするのはあまりにも馬鹿げなかったことをそれらの時にこのような愚かなことをしました)、正常に彼の誓いを行いましたおそらく、その後ずっと彼はその際にあった方法を豊富な馬鹿永続させる、彼のクレストのように丸いロープで足を着用しています。酔っ呉服屋のアシスタントは、豚やホイッスルから来て、成功した警察によって取り込まれずにガス灯を砕く現代でも同じ原理で、彼は、彼の選択は、採用、ヘラルド・カレッジによって認可されるべきである可能性があります彼の紋章として「適切なfrangantガス灯」。
    Thirdly: Occasionally the most prominent charge in the shield was used as a Crest--as when three potatoes baked, or three herrings pickled, are the chief cognizance of a shield, one of them would, in default of any other Crest, be adopted as such.
    第三:時々シールドの中で最も著名な電荷はクレストとして使用した - 3ジャガイモ焼き、または3ニシンの酢漬けときのように、シールドのチーフ認識され、そのうちの一つは、他のクレストのデフォルトでは、採用されることになりますなど。
    Fourthly: In commemoration of religious, which are often quite as stupid as chivalric, vows, Crests were assumed. Thus, a pilgrim to the Holy Land would wear a scollop shell in his helmet, which, to modern ideas, engenders thoughts of oysters; and as pilgrims were frequently what we should call a fishy lot, this device was not altogether inappropriate.
    第四:多くの場合、騎士道、誓いほど愚かである、宗教を記念して、紋章を仮定しました。このように、聖地への巡礼者は、近代的なアイデアに、カキの考えをengenders彼のヘルメットにホタテ貝シェルを着るだろう。巡礼者たちは魚の多くを呼び出す必要がありますどのような頻度であったように、このデバイスは完全に不適切ではありませんでした。
    Fifthly: In sheer whims originated many Crests; and when we reflect upon the exceeding varieties of whimsicality existing in this world, the extent to which this source must have given rise to Crests is positively appalling in the wideness of the field it opens to our view. So that all those Crests which cannot be traced to any exact origin must come under this head, and it may serve us instead of the wellused but slightly vague expression, et cætera, et cœtera.
    第五:薄手の気まぐれでは多くの紋章を発信しました。私たちはこの世界に存在気まぐれの超過品種反省するときと、このソースは紋章に上昇を与えている必要があります程度は、それが私たちのビューに表示されますフィールドの広さで積極ぞっとです。任意の正確な起源にさかのぼることができないすべてのそれらの紋章は、このヘッドの下に来なければならない、そしてそれはwellusedやや曖昧な表現、らcaeteraらcoeteraの代わりに私たちを果たすことができるようにします。
    Before saying good-bye to the Crest, it will not be out of place to mention the wreath upon which it stands. This wreath is composed of different colours, generally those chiefly predominating in the shield. It is also sometimes called the "Torce," which name may,--we do not speak with any certainty,--have arisen from the fact that it was a toss up whether the wearer carried his head and Crest out of battle or not.
    クレストにさようならと言って前に、それが立っている時に花輪を言及して場違いではありません。この花輪は、一般的に、これらの主シールドに優勢、異なる色で構成されています。それはまた時々名前は、あり「Torceの、 "と呼ばれている - 私たちはあらゆる確信を持って話すことはありませんが、 - それは、着用者が戦闘のか外に彼の頭やクレストを実施するかどうかをアップトスがあったという事実から生じています。


XV

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)