HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XIV

CHAPTER XIV.
OF HELMETS AND OTHER WONDERFUL THINGS.
第十四章 ヘルメット
HE Heraldic Shield, like the House of Commons, has two sides--an inside and an outside. Having now exhausted the list of the principal articles to be found inside the shield, we will proceed to treat of those external articles,--which, like other mysterious puzzles, are to be found out.
内側と外側 - 紋章シールドは、下院のように、二つの側面を持っています。他の神秘的なパズルのように、見出すことになっている、 - 今シールドの中に発見される主要な記事のリストを使い果たしたので、我々はそれらの外部の記事、の治療に進みます。
    Of these external ornaments, the principal are helmets, crowns, halfcrowns or coronets, wreaths, crests, mitres, scrolls, supporters and mottoes.
    これらの外部の装飾品のうち、プリンシパルはヘルメット、クラウン、halfcrownsまたはcoronets、花輪、山、mitres、スクロール、サポーターやモットーであり、
    First of all, we have the Helmet; which, appertaining literally to the head of the family, was naturally a most important item in the Heraldic system. The helmet was always placed on the top of the shield, and varied according to the rank of the owner. That belonging to the king is of gold, which is naturally the correct material for a sovereign. It is full-faced and open, with six bars. Considering the very few bars formerly placed upon the actions of kings, and great men generally, those on the helmet clearly derived their origin from the lucus a non lucendo principle. A ducal helmet is of steel, and defended with five gold bars: from which we may note that, like publicans, both kings and dukes were always to be found behind their bars.
    まず第一に、私たちはヘルメットを持っています。これは、家族の頭に文字通り付随、紋章システムで最も重要な項目は当然でした。ヘルメットは、常にシールドの上に配置し、所有者のランクに応じて変化させました。王に属するそれが自然に主権のための正しい材料である金、です。これは、6バーで、フルフェイスとオープンしています。一般的に、以前は王の行動に置かれた非常に少数のバー、そして偉大な人を考慮し、ヘルメット上のものは、明らかにlucus非lucendo原理からその起源を導出しました。公爵ヘルメットは鋼のものであり、5金の延べ棒と擁護:我々はpublicansのように、両方の王と公爵は、常に自分のバーの後ろに発見された、ということに注意してください可能性があるから。
    The helmet of a baronet or knight is also of steel, full-faced, the visor up, and without bars; their countenances being thus totally uncovered it may naturally be inferred that this class of warriors were a decidedly barefaced lot. Esquires and gentlemen have also steel helmets with the visor down, ornamented with gold, and placed in profile, the faces in this instance being concealed: this class was probably more modest than the former, apt to turn aside, and easily shut up, if, at any rate, they followed the examples of their visors.
    準男爵や騎士のヘルメットは、鉄鋼、フルフェイス、バイザーアップ、バーなしでもあります。そのcountenancesは、このように完全に覆われていない、当然の戦士のこのクラスは明らかに素顔の多くがあったことを推測することができるされています。このクラスはさておき回すためにおそらくより、前者よりも控えめがちだった、と簡単にあれば、黙っ:Esquiresの皆様は、金で装飾し、プロファイルに配置されたダウンバイザーでもスチールヘルメット、このインスタンスで顔が隠されているを持っています、いずれにせよ、彼らはバイザーの例に従いました。
    On a well-regulated coat of arms, a crown, coronet, or wreath invariably surmounted the helmet. Crowns, of course, belong to kings--though sometimes we have had them, or their equivalent in shillings, in our possession ; but unluckily they never stay long.
    腕のよく調整されたコートで、クラウン、コロネット、または花輪は、必ずヘルメットを乗り越え。クラウンは、当然のことながら、王に属している - 時々私たちが所有し、シリングでそれら、またはその同等物を持っていたのに。しかし不幸彼らは長い間滞在することはありません。
    The first crowns were simply bands or fillets, which latter word reminds us naturally of butchers' meat; and considering they were not unfrequently bestowed upon those who had benefited the common weal or veal, the connection is not so remote as at first sight might appear. Afterwards, they were composed of branches of various trees, which shows that ideas about that time began to sprout, though, to modern minds, the notion of a wooden crown would only be suitable to persons possessing a head of a similar texture. Next, flowers were added to the crown, so that a conquering hero in the middle ages must have presented an absurd mixture of the warrior and the nursery gardener combined.
    肉屋、肉の自然を思い起こさせる後者の単語最初の冠は、単にバンドまたはフィレットました。そして彼らはunfrequently共通みみず腫れや子牛の肉を恩恵を受けていた人たちに授けていなかった考えると、接続は一見のように表示されますので、遠隔ではありません。その後、彼らはその時間についての考えはしかし、現代の心に、木の王冠の概念が唯一の同様の質感の頭を持つ人に適しているであろう、発芽し始めたことを示している様々な木の枝で構成されていました。中世の征服の主人公は戦士と組み合わせた保育園の庭師の不合理な混合物を提示している必要がありますように、次に、花は、クラウンに追加されました。
    To pass, however, to more known times. Constantine the Great first used a diadem of pearls and precious stones over a gold helm, somewhat like the close crowns of later times, which seems to have set the example the sovereigns afterwards followed.
    合格するには、しかし、より多くの時間を知られています。コンスタンティヌス大帝は、最初の君主は、その後に続く例を設定しているように思われ、やや後の時代の近く冠のように、金ヘルムの上に真珠や宝石の王冠を使用していました。
    Crowns, as a rule, are composed of a circle of gold round a velvet cap, therein differing from coronets, which are not covered at the top. Hence the expression "to close the crown," used to be synonymous with the assumption of royal prerogatives, just as now-a-days, in a humbler grade of life, the expression to "shut up shop," is equivalent to the assumption of private life after the fatigue of selling small coal and mealy potatoes. This action of closing the crown was thus one performed by those princes who felt themselves strong enough to set up in business as kings on their own account.
    クラウンは、原則として、その中の上部にカバーされていないcoronets、異なる、ベルベットのキャップラウンド金の輪で構成されています。したがって、同じように今--日、王室の特権を前提と同義であるために使用される「王冠を閉じ、「発現は、人生のhumblerグレードで、する表現「店を閉めは、「仮定と等価です私生活の小さな石炭とパサパサジャガイモを販売するの疲れました。王冠を閉じるこのアクションは、このように自分のアカウント上の王としてのビジネスに設定するのに十分な自体が強いと感じたものの君主によって行われるものでした。
    The royal crown of England consists of a circlet of gold enriched with jewels and heightened by four crosses, and four fleur-de-lis alternately. It is really a neat thing in crowns, and in cases of emergency, as King John found in impecunious days, a deal can be made of it. He made a deal with it, and raised some money on it.
    イングランドの王冠は金の宝石で強化されたと4×印で高めのサークレットで構成され、交互に4アヤメ。それは本当に冠できちんとしたもので、ジョン王が無一文の日に見られるような緊急の場合には、契約はそれを行うことができます。彼はそれで取引をした、その上にいくつかのお金を調達しました。
    The Prince of Wales has only a coronet, consisting of a circle of gold, set with crosses and fleur-de-lis. As, however, it is not covered in, it must on the whole be a drafty kind of head-piece; which, perhaps, accounts for His Royal Highness usually preferring a modern hat, or at any rate a wide-a-wake, when out of doors. Not having ever worn a coronet, we cannot, however, speak with certainty on this point. Ascending from the coronet are three ostrich feathers, which, perhaps, denote that the Prince is always in good feather.
    プリンスオブウェールズは、十字架とアヤメで設定した金の輪、からなる、唯一の宝冠を持っています。しかし、それはで覆われていないとして、それは全体的に、ヘッドピースの吹きさらしの種類でなければなりません。これは、おそらく、時の扉のうち殿下は、通常、ワイド - 覚醒を近代的な帽子を好む、または任意の割合で占めています。今までに宝冠を着用しなかったので、我々は、しかし、この点について確信を持って話すことはできません。宝冠から、おそらく、王子は良い羽に常にあることを示す3ダチョウの羽を、されている昇順。
    The younger sons and brothers of sovereigns have coronets diversified with crosses and strawberry leaves. A duke has merely eight strawberry leaves. And here we shall inform those of our readers who may not happen to be acquainted with the manners and customs of the "upper ten," upon a point of breeding most requisite to be observed should they be summoned, as most probably some of them will be, to the House of Lords.--[No extra charge is made for the information ; it is included in the price of the present volume.]--In consequence of the strawberry leaves adorning a ducal coronet, it is regarded as a delicate attention, when addressing anyone of the rank, to mention him as "Leaves," or, in case you should desire to be very ceremonious, to address him as "Pottle," at once. This will invariably ensure favourable notice from the party (and a duke is a very large party indeed) spoken to.
    ソブリンの若い息子や兄弟が十字架とイチゴの葉でcoronets多様化しています。公爵は、単に8イチゴの葉を持っています。そしてここで我々は、おそらくそれらのいくつかは意志、彼らが召喚されるべきで観察することが最も必要な繁殖の点に」、上位10」の風俗習慣を熟知することが起こるないかもしれない読者のものを通知しなければなりません、貴族院に.-- [余分な電荷が情報のために作られていないこと。 「葉」として彼に言及し、ランクの誰に対処するとき公爵宝冠を飾るイチゴの葉の結果では、それは、繊細な注意とみなされるか、 - 。本ボリュームの価格に含まれています場合には一度に "、ポトル」として彼に対処するために、非常に厳かであることを望むべきです。これは、常に相手から好評を保証します(と公爵は確かに非常に大規模なパーティーである)に話さ。
    We shall rapidly dismiss the other decorations, by stating that a marquis's coronet has two balls and two strawberry leaves; that of an earl, five balls only; a viscount, any quantity of balls you like to stick on; but, as a rule, either seven or nine balls; and a baron, who is the smallest kind of peer--a sort of stepping-stone, in fact,--only rejoices in four balls to his coronet. A pawnbroker has three balls; but as, for reasons of state, he does not usually wear a coronet, he places them, for convenience, outside his dwelling. As a rule, he is not a peer.
    私たちは、急速に侯爵の宝冠は、2つのボールと2イチゴの葉を持っていることを示すことによって、他の装飾を却下しなければなりません。伯爵のこと、5球のみ。子爵、あなたが固執したいボールの任意の量;しかし、いずれか、原則として7または9ボール。ピアの最小の一種である男爵、 - 登竜門のようなものが、実際には、 - 唯一の彼の宝冠に4ボールに喜びます。質屋は3ボールを持っています。状態の理由のために、彼は通常、宝冠を着用していない、としてではなく、彼は彼の住居の外に、便宜上、それらを配置します。原則として、彼はピアではありません。
    Besides crowns and coronets, we have also "Mitres," and "Chapeaux." The former of these belong exclusively to bishops, who, as pillars of the Church, also do their best, as clerical peers, to support the Establishment.
    クラウンおよびcoronetsに加えて、我々はまた、「Mitres、 "と持っている" Chapeaux。」これらの前者は設立をサポートするために、教会の柱として、また事務ピアとして、最善を尽くし、司教、に独占的に帰属します。
    The "chapeau," or "cap of maintenance," was orignally borne by dukes only, and was placed beneath the crest, serving sometimes in place of a wreath, of which more in our next. Afterwards the chapeau, like patents that have run out, became common property, and appeared in all sorts of unexpected shields. It is generally of velvet, scarlet in colour, turned up with ermine, and when not in use Heraldically, will serve as a smoking-cap.
    「前文」、または「メンテナンスのキャップは、「私たちの次のどのより多くの花輪の代わりに、時には役立つ、orignallyのみ公爵が負担し、家紋の下に配置されました。その後帽子、不足している特許のように、共通の財産となった、と予想外の盾のすべての種類で登場。それは、ベルベットの一般色が緋色ですオコジョと上がって、使用しないときにHeraldically、喫煙キャップとして機能します。


XIV

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)