HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XIII

CHAPTER XIII.
OF CHIMERICAL FIGURES.
第十三章 想像上の生き物
HIMERICAL Figures are the last and most ancient kind of charge to be found in Heraldry, and represent a variety of figures which never did, can, will, shall, might, could, or should exist in any zoological collection in the whole world.
キメラの図は、紋章に発見される電荷の最後の、そして最も古代の一種であり、かつ、、、、、または全世界のどの動物学のコレクションに存在しなければならない可能性がありかもしれませんしなければならないであろうことができなかったことがないフィギュア、さまざまなを表します。
    Chimerical animals are a sort of Heraldic half-and-half, being generally compounded of half of one animal and the rest from another quite different, with very often a dash of a third, just to make the mixture more mixed, and confusion worse confounded. In fact, when in a Chimerical frame of mind, the Heralds as often as they got hold of an animal or two to serve up in their Heraldic dishes, invariably made a hash of them.
    キメラ動物はちょうど混合物がより混合にするために、第三の非常に頻繁にダッシュで、一般的に、1つの動物の半分と別の全く異なるから、残りの配合されている紋章半々の一種である、と混乱が悪く混乱します。実際には、ときに心のキメラフレームで、告げるは、多くの場合、彼らは彼らの紋章皿でアップ奉仕する動物または2のホールドを得たとして、常にそれらのハッシュを作りました。
    With the exception of Griffons, Martlets and Unicorns, these figures are of foreign origin, a great number coming over with the conquering hero William the First; that French "Bill," which our Saxon forefathers were compelled to accept at sight, and on his own demand. The bland way in which the conquering hero walked first into England, and then into the English, including most of their possessions, was a thing to be remembered by the sufferers. In fact they did remember it--those who were left--especially when they saw the Norman intruders taking possession of their Saxon estates with an open handed freedom that, however enjoyable to the takers, was less so to the takees. Still, let byegones be byegones; and far be it from us to rake up old grievances, especially since, so far as he knows, the author did not suffer by them to any great extent. Perhaps his not having been born at that time had something to do with this fact.
    グリフォン、Martletsとユニコーンを除いて、これらの数値は、外国起源である、征服の英雄ウィリアムまずとともにやってくる多数。私たちのサクソンの祖先が一目で、彼自身の要求に応じて受け入れざるを得られたフランスの「ビル」という。征服の主人公が自分の持ち物のほとんどを含め、英語にその後イングランドに最初に歩いて、ここで当たり障りのない方法は、患者によって記憶されるべきものでした。実際に彼らはそれを覚えていなかった - 残された人たちを - 彼らは、takeesに少ないそうだった受験者にただし楽しい、オープン利き自由に自分のサクソン団地の所持を取っノーマンの侵入者を見た場合は特に。それでも、byegonesはbyegonesであるものとします。そして遠く、特に以来、古い不満をかき集めるためにこれまでのところ、彼は知っているように、著者はいかなる大幅にそれらによって苦しむことはありませんでした私たちからそれをすること。おそらく、彼のその時に生まれてきたではないこの事実とは何かを持っていました。
    Anyhow, to return to our Chimerical Figures--
    とにかく、私たちのキメラFigures--に戻ります
    First of all we will commence with the Unicorn, which represents a horse with the tail of a lion, and a single horn in the middle of his forehead. He is of course familiar to all our readers, not only as one of the Supporters of the Arms of England, but also as an early, though unsuccessful competitor for the crown of this country. What he would have done with it had he obtained it, history does not say ; in fact, with all due deference to the legend in question, we fear we must relegate it to the category of things which never happened. Anyway, looking at the present shape of the head-piece in question it would have had to be considerably altered before it would have fitted his peculiar conformation of head; but as he did not get it, but only a thrashing instead, it is perhaps useless to speculate upon the contingency. Speculation so often leads to trouble: ah! woe is me--why did I buy those Spanish bonds?
    まず第一に、私たちはライオンの尾を持つ馬を表しユニコーン、および彼の額の真ん中に単一のホーンで開始します。彼はイングランドの腕のサポーターの一つとしてだけでなく、この国の王冠のためにかかわらず、初期の失敗ライバルとしてだけでなく、すべての読者にはおなじみ勿論です。何それは彼がそれを得ていたと彼が行っているだろう、歴史は言っていません。実際には、問題の伝説にすべて起因敬意と、私たちは決して起こらなかった事のカテゴリにそれを任せる必要があります恐れています。とにかく、問題のヘッドピースの現在の形状を見てそれが頭の彼の独特の立体配座を装着したであろう前に大幅に変更する必要がありました。しかし、彼はそれを取得できませんでしたが、唯一のスラッシング代わりに、不測の事態の際に推測することは、おそらく役に立たないからです。投機は、それほど頻繁にトラブルにつながる:ああ!災いは私です - なぜ私は、これらのスペイン語の債券を購入しましたか?
    "Martlets," which, as we have already observed in a former chapter, were small legless birds, formed part of the arms of Edward the Confessor, and were probably borne by him to denote that, by never confessing anything, he was determined never to put his foot into any trouble. Sharp fellow, Ned, though it is probable that the clerical gentlemen of his time had something to say to him on the subject if he carried his principles out in their entirety when dealing with them. Probably they talked to him like Dutch uncles; or, perhaps--to speak more correctly--holy fathers.
    我々はすでに旧章で観察しているように、小さなフラフラになった鳥、エドワード懺悔のアームの形成された部分であった、おそらくそれを示すために彼が負担した、「Martlets」は、決して何かを告白していないことで、彼は決して決定しませんでした任意のトラブルに足を置くために。シャープ仲間、ネッド、それは彼の時間の事務紳士がそれらを扱うときに、彼はそれらの全体が彼の原則を行った場合の被写体に彼に言いたいことがあった可能性が高いですが。おそらく彼らはオランダの叔父のように彼に話を聞きました。または、おそらく - より正確に話す - 神聖な父親を。
    "Griffons" remind us of the celebrated American warrior, who was half horse, half alligator, and the rest snapping turtle. They are composed of the head, wings, and talons of an eagle, with the hinder part of a lion; thus presenting an appearance which would lead irreverent thinkers to remark that, did such an animal exist, the fore part of his body would be a bird-un indeed. As a mixture to be taken at bedtime they must, we should say, be slightly conducive to nightmare; but still, compared with some of the Heraldic animals which were of the most dreadful, not to say ferocious description, they must have been rather soothing than otherwise.
    「グリフォン」は半分馬、半分ワニ、残りスッポンた人は、有名なアメリカの戦士のを思い出させてくれる。彼らはライオンの妨げる部分で、鷲の頭、羽、および鉤爪で構成されています。したがって、このような動物は存在しなかった、彼の体の前方部分は鳥の未確かであろうことを指摘すべき不遜な思想家を導くであろう外観を提示します。混合物を就寝時に撮影するように、彼らは、我々は悪夢にわずかに資すること、言わなければならない必要があります。それでも、猛烈な説明を避ける、最も恐ろしいのだった紋章の動物のいくつかと比較して、彼らはそれ以外の場合よりも、むしろ心地よいされている必要があります。
    A "Sagittary" is the same as the zoological figure of that name, and represents a being half human and half horse, and armed with an arrow and a bended bow. He would be a useful sort of creature at an archery meeting, but anywhere else we do not see that much could be done with him. As our proclivities are not toxophilite we don't seem to hanker much after a Sagittary, at least not for private consumption.
    「ケンタウロス」は、その名の動物学の図と同じであり、ある半人半馬を表し、矢印と曲がった弓で武装します。彼はアーチェリーの会議で生き物の有用一種であろうが、どこか他の我々は彼と一緒に行うことができるそんなに見ません。私たちの性癖が弓術されていないとして、我々は、少なくともではない民間消費のために、射手座の後に多くを切望していないようです。
    A "Pegasus" is a horse again; this time, however, with wings. This Charge forms the arms of the Society of the Middle Temple. Belonging, as it thus does, to lawyers, it is most apposite, and signifies that whoever has anything to do with the law, will find his money not only disappear as fast as a horse can gallop, but like a horse and fly too.
    「ペガサス」は再び馬です。この時、しかし、翼を持ちます。このチャージは、ミドル・テンプルの社会の腕を形成しています。それはこのように同じように、弁護士に、それが最もしっくり来るであり、法律とは何かを持っている人は誰でも、だけ早く馬がギャロップすることができますように消えていない自分のお金を見つけることを意味しますが、馬のよう、あまりにも飛ぶ、属します。
    A "Dragon" is a serpent with wings. Dragons form the supporters of the arms of the City of London; but this we regard as a mistake, since it is perfectly certain that the chief supporters of the civic powers are venison and clear turtle. Students of fabulous history may also remember that it was with an animal of this class that St. George of England had an unsatisfactory interview ; unsatisfactory, that is, from the dragon's point of view.
    "ドラゴン"は翼を持つ蛇です。ドラゴンズは、ロンドン市の腕の支持を形成します。しかし、これは我々は市民の力のチーフ支持者は鹿肉と明確なカメであることを完全に一定であるため、ミスと見なします。素晴らしい歴史の学生はまた、イングランドのセントジョージが不十分なインタビューを持っていたこのクラスの動物であったことを覚えていてもよいです。不満足な、それは、ビューのドラゴンの点から、です。
    A "Salamander" is a beast somewhat resembling a lizard, and is always represented in flames, so that, when wanted, he had always to be called over the coals.
    「サラマンダー」はややトカゲに似た獣であり、かつ、望んでいたとき、彼はいつもの石炭の上に呼ばれるようにしていたように、常に、炎の中で表現されます。
    In that respect he was like the "Phœnix," which is an eagle with gaudy plumage, sitting on a blazing nest. The vulgar saying of "going to blazes," probably originated with the last-named bird, which tradition asserts was in the habit of burning itself periodically, whereby it regained its youth--coming out of the operation like an old coat under the skilful hands of a Jew trader, as good as new and a great deal better.
    その点で、彼は燃える巣の上に座って、派手な羽を持つワシである「フェニックス」のようでした。熟練の下に古いコートのような動作から出てくる - 」、ブレーズに行く」の下品なことわざは、おそらく伝統は、その若さを取り戻したことにより、定期的に自分自身を燃焼の習慣にあったアサート名前の最後の鳥は、と起源新しい、大いによりよい良いとしてユダヤ人のトレーダーの手。
    A "Cannet" was a duck without beak or feet. The name arose from the astonishment of those persons who first saw it, and who naturally asked "what can it mean?" The answer given is not known, but let us hope the enquirer had his head punched.
    「カネ」はくちばしや足のないカモでした。名前は最初にそれを見て、それらの人々の驚きから生まれた、と誰が自然に尋ねた、「それは何を意味することができますか?」答えは知られていないが与えられますが、私たちはエンクワイヤラーは、彼の頭を打ち抜いていた期待してみましょう。
    Next we come to the "Harpy." This creature is half a woman and half a bird, the upper part thus resembling one of the fair and the lower part one of the fowl.
    次に我々はに来て、「ハーピー。」このクリーチャーは、半分女性と半分鳥、こうしてフェアの1に似た上部と下部家禽の一つです。
    The "Cockatrice" has the head and feet of a cock, with the wings and tail of a dragon. This is the Heraldic description of the animal; but in common life, although we never had the pleasure of meeting a Cockatrice, we should imagine it was something quite different. This opinion we ground upon the fact that, when a young man living in lodgings, we frequently heard our landlady (for whom we had the greatest respect personally, despite occasional differences on the subject of rent,) describe a rival lady of the same persuasion, as "a stuck-up Cockatrice." Now, putting aside the epithet "stuck-up," which may be regarded as irrelevant to the question before us, the person thus described was a little woman of the meekest nature, with a constant determination of water to the eyes, whereby the hearts of the most obdurate non-paying lodgers were softened. Moreover, she had nothing of the dragon about her except the long tale, to which she treated the inmates of her house, when on rent-collecting thoughts intent. Therefore, we have since come to the conclusion that the epithet "Cockatrice," domestically, means somebody more successful than the person using the term. Any of our readers who may be able to elucidate this abstruse point, are requested to send(under cover to our publisher) their notions on the subject, accompanied by a dozen of champagne (Cliquot or Mumm's preferred) to moisten the dryness of the subject. On second thoughts our readers need only send the "fiz," and can keep their notions until we ask for them.
    「コカトリスは "翼竜の尾で、コックの頭と足を持っています。これは、動物の紋章記述です。我々はコカトリスを満たす喜びを持っていたことはありませんが、しかし、一般的な生活の中で、我々はそれが全く違うものだったと想像する必要があります。私たちは宿舎に住んでいる若い男が、私たちは頻繁に私達の女将を聞いたとき、という事実に接地この意見(誰のために私たちが個人的に最大の敬意を持っていたが、家賃のテーマに時折の違いにもかかわらず、)同じ説得のライバル女性を記述する、「立ち往生アップコカトリス。」などそれによって心今、私たちの前の質問には無関係とみなすことができる小名 "立ち往生アップを、"さておき、このように説明人は、目への水の一定の決意を持って、meekest自然の小さな女性でした最も冷酷な非支払うlodgersの軟化しました。ときに家賃回収の思考の意図にまた、彼女は、彼女は彼女の家の受刑者を治療された長い物語を除いて、彼女について竜の何もなかったです。したがって、我々は国内で「コカトリス」形容その結論に達しましたので、用語を使用している人よりも成功誰かを意味します。この難解な点を解明することができるかもしれ読者のいずれか、対象の乾きを潤すためにシャンパンのダース(Cliquotまたはマムの優先)を伴って、(私たちの出版社へのカバーの下)テーマについて自分の概念を送信するように要求されています。第二の考えでは、私たち読者は「FIZ "送信のみが必要で、我々は彼らのために頼むまで、彼らの概念を維持することができます。
    The "Mantiger" is a creature of a more than usually composite order, since it has the face of a man, the mane of a lion, the body of a tiger, and two straight horns; an amalgamation, the peculiar ugliness of which would entitle the creature to be distinguished as what garrotters call the "nasty man" of the Heraldic party.
    それは男、ライオンのたてがみ、トラの体、および2つの直線の角の面を有しているので、「Mantiger」は、通常、複合オーダー以上の生き物です。合併、クリーチャーはgarrottersは紋章党の「嫌な男」と呼んでいるものとして区別する権利を与えることになるの独特の醜さ。
    Then we have the "Triton," a mixture of man and fish, the upper part being human, while instead of understandings to match, it is forced to be contented with the continuation of a tail--a decidedly scaly ending.
    明らかにうろこ状の結末 - その後、我々は代わりに一致するように、理解のために、尾の継続に満足することを余儀なくされている間、「トリトン、「人間と魚、人間である上部の混合物を持っています。
    The "Mermaid" is a "triton" of the feminine gender, and is generally represented with a mirror and a comb. These adjuncts are of course intended as gentle allusions to the natural vanity of the sex; whereby they were always able to see a good looking lass whenever they felt inclined.
    「マーメイド」はフェミニン性別の「トリトン」であり、一般的にミラーと櫛で表されます。これらの添加物はもちろん、性別の自然な虚栄心に優しい当てつけのように意図されています。これにより、彼らは常に彼らが傾いたと感じた時はいつでも格好良い小娘を見ることが出来ました。
    The "Wyvern" is a dragon with two legs, the common dragon not possessing those useful articles of locomotion. It might, therefore, be described as of the species "Walker," not that we wish to throw any doubt upon the reality of the Heraldic existence of this most delightful animal.
    「ワイバーン」は二本足、歩行のそれらの有用な製品を所有していない一般的な龍と竜です。したがって、我々はこの最も楽しい動物の紋章存在の現実の際に任意の疑いを投げるしたいということではない」、ウォーカー」の種のように記述されているかもしれません。
    The "Sphinx" is an animal of Egyptian origin, with the head and upper portion of a woman; the lower part consisting of a lion, with two broad plumed wings. In ancient times it was celebrated as the propounder of a mild riddle; which, naturally, being immediately guessed by a person of quite average abilities, named Œdipus, so disgusted the Sphinx, that she destroyed herself on the spot; an allegory pointing out how intuitively the female mind objects to being found out.
    「スフィンクス」は、女性の頭と上部で、エジプトの起源の動物です。下部は二つの大きな羽毛の翼で、ライオンから成ります。古代では、軽度の謎の提唱者として祝われました。これは、当然、すぐにオイディプスという名前はかなり平均能力の人によって推測されているので、彼女はその場で自分自身を破壊していること、スフィンクスをうんざり。寓話は、女性の心が判明しているに反対か直感的に指摘します。
    Last of all we shall mention the "Opimicus," a very neat thing in Heraldic curiosities. This wonderful mixture has the head and wings of an eagle, the body of a lion, and the tail of a camel; a combination which, were it possible to be realized, would beat the celebrated woolly horse of Phineas T. Barnum into fits.
    すべての最後、私たちは「Opimicus、「紋章珍品で非常にきちんとしたものを言及しなければなりません。この素敵な混合物は、頭と鷲の翼、ライオンの身体、およびラクダの尾を持っています。実現することを可能にした、組み合わせは、フィットにフィニアスT.バーナムの有名なウーリー馬を打つだろう。
    With this creature we shall conclude our notice of the Chimerical Charges. There are many more, but those we have described will show the style of article used. Anyone, however, who may be desirous of making one for himself, can, as we have already observed, easily do so by sticking the head of one animal on to the body of another, and adding a tail from a third.
    このクリーチャーで、私たちは、キメラ料金の私たちの通知を締結しなければなりません。そこに多くは、より多くのですが、我々が説明したものは中古品のスタイルが表示されます。誰もが、しかし、誰が、我々はすでに認められているように、簡単に別の身体上に一匹の頭を貼り付ける、そして第三の尾を追加することで、そうすることができ、自分自身のための1つを作ることを望んでもよいです。
    The amusement can be continued ad infinitum--the mixture, as before, being the sole rule of action under the circumstances.
    状況下での行動の唯一のルールであること、以前のように、混合物 - アミューズメントは無限に継続することができます。


XIII

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)