HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XII

CHAPTER XII.
OF ARTIFICIAL FIGURES.
第十二章 人工物
HE next selection of Heraldic articles we shall present to our readers are the Artificial Figures, and though, as a rule, we object to artifices of all kinds, yet in Heraldry we have to do violence to our feelings and deal with them.
我々は読者に提示しなければならない紋章記事の次の選択は、人工フィギュアであり、しかし、原則として、我々はすべての種類の工夫に反対し、まだ紋章に我々は我々の感情に暴力を行うと、それらに対処する必要があります。
    Artificial figures are of various kinds. There is our maiden aunt, whose money we hope to inherit some day, and who, under the circumstances, displays a tenacity of life which is positively dishonest; we reckon her as an absolutely artificial figure when we contemplate her false teeth, hair, eyebrows, and padding in proportion. Modesty, of which we have an overwhelming quantity, forbids us even to guess to what extent the latter adjunct to beauty obtains with her, though we have a suspicion, we might almost say a certainty, that were that aged damsel to appear as nature made her, she would not only be unrecognizable, but also in danger of being disposed of on the spot for old bones.
    人工の図は、様々な種類のものです。そのお金我々はいつの日か、誰を継承したいと考えて、状況の下、積極的に不誠実である人生の粘り強さが表示されます私たちの処女叔母は、あります。我々は比例して彼女の偽の歯、髪、眉毛、およびパディングを熟考するとき、私たちは絶対に人工的な人物として彼女を数えます。私たちは圧倒的な量を持っているの謙虚さは、美しさへの後者の補助が彼女と一緒に取得し、どの程度まで推測することも私たちを禁じ、私たちは疑いを持っているけれども、我々はほとんど自然が作ったとして高齢者乙女が表示されることがあった確信を、と言うかもしれません彼女は、彼女が唯一の認識できないだけでなく、古い骨のための場で処分されているの危険にさらされないであろう。
    Another class of artificial figures we frequently read of are those used by accountants of public companies to delude the unfortunate shareholders into a belief of prosperity, whereas the winding-up process is what they properly require. And here we would make a digression in reference to public companies. And at the same time we would just throw out a conundrum for the benefit of those of our readers who may be desirous of reproducing it in select society, or in quires and places where they sing, or anywhere else where they think it would fit in well. It is this:--What is the difference between a public company and a watch?
    巻取処理は、彼らが適切に必要とするものであるのに対し、我々は頻繁に読んで人工フィギュアの別のクラスは、繁栄の信念に不幸な株主を欺いする公開企業の会計士によって使用されているものです。そしてここで我々は公開会社への参照に余談になるだろう。それと同時に、私たちはちょうど彼らが歌う、またはどこか他の彼らはそれが収まると思うどこどこセレクト社会でそれを再現することを望んであること、または帖と場所であり、読者の人々の利益のために難問を捨てることになりますよく。それはこれです: - 公開会社と時計の違いは何ですか?
    Do you give it up--Gentle Reader? * You do! We see it in your expressive eye--your mind's eye. Mark ye ! List, list--oh, list!
    あなたはそれをあきらめない - ジェントルリーダーを? * あなたがやる!あなたの心の目 - 私たちはあなたの表情豊かな目でそれを見ます。マークがた!一覧リスト - ああ、リスト!
    * This phrase is copyright; anyone using it without permission of the publisher will be prosecuted according to law.
  *このフレーズは、著作権です。出版社の許可なしにそれを使用して誰もが法律に基づいて起訴されます。
    The company stops by winding up--the watch goes on.
    Go--on--ahead.
    同社は、巻き取りによって停止 - 時計が進みます。 行く - 上 - 前方に。
    Neither of these kinds of artificial figures, however prevalent in real life, are found in Heraldry, but instead of them we have, as might be expected, swords, which are said sometimes to be "erect" or "pommelled:" the non-Heraldic mind would naturally suppose that when it came to a rough-andtumble fight the men and not the swords were pommelled. Occasionally, also, they are "hilted," the hilt thus forming a handle, enabling us to grasp the fact. Sometimes arrows appeared as charges, which of course afforded shafts for ridicule and rudimentary jokes about an arrow mind. They were said to be "armed" or "feathered," according as they appeared pointed or otherwise.
    人工フィギュアのこれらの種類のいずれも、実際の生活の中でしかし流行、紋章学で発見されていますが、それらの代わりに、私たちは、予想されるとして、「正立」またはであると時々言われている剣、持っている "pommelledを:"非を紋章の心は自然にそれが粗andtumble戦いに来たときに、男性ではなく、剣をpommelledたと仮定だろう。時折、また、彼らは柄は、このように事実を把握するために私達を可能に、ハンドルを形成する」、hilted」されています。時には矢印はもちろん嘲笑と矢印の心についての初歩的なジョークのためのシャフトを与え料金、として登場しました。彼らは、彼らは先の尖った登場かそうでないようによると、 "羽" "武装"かであると言われました。
    Gauntlets, battle-axes, spears, battering-rams, and pole-axes we simply mention, declining to be struck by them.
    ガントレット、戦闘軸、槍、虐待・ラム、ポール軸は、単純に言及し、それらによって打たれるために減少します。
    Next we come to the Ornamental Figures in contradistinction to the useful, which latter are but seldom to be found in Heraldry. Among the Ornamental Figures are Crowns and Coronets, which belong to the arms, though we might more properly say to the heads, of kings and lords.
    次に、後者はありませんが、ほとんど紋章で発見することが有用であるとは対照的で装飾図案、に来ます。装飾図案の中で、我々はより適切に王や領主の、ヘッドに言うかもしれませんが、腕に属しクラウンとCoronetsは、あります。
    Bishops, again, display the might of the Church by bearing a mitre; nor have we any right to throw doubt on the validity of the episcopal appointment by saying of one of those clerical peers that he is a bishop with a hook, because in his arms appears a pastoral crook.
    司教は、再び、マイターベアリングによって教会の威力を表示します。我々は彼の腕の中で牧歌的な悪党を表示されますので、彼は、フックと司教であることを、これらの事務のピアのうちの1つと言って、聖公会の選任の妥当性に疑問スローする権利を持っています。
    In addition to these artificial flowers of Heraldry, we must also take down a few bricks from architecture to serve as common charges, such as towers, castles, arches, battlements, churches, portcullises, &c., &c. These last were a species of addition to castle gates, which kept out invaders in toto, by being dropped upon their toes.
    紋章のこれらの造花に加えて、我々はまた、このような塔、城、アーチ、胸壁、教会、portcullises、&C。、&Cのように共通の電荷を、提供するためのアーキテクチャから、いくつかのレンガを停止させる必要があります。これらの最後には彼らのつま先時にドロップされることにより、トトに侵略者を保っ城門、ほかの種でした。
    Navigation also furnishes a few charges to Heralds as well as to underwriters of the present day. Thus sailors who have to see fair and also foul weather on the briny deep, had ships assigned to them, and anchors. These last are also emblems of hope; though why, except it be to denote that what we hope for is often obtained by a fluke, we are unable to state with any certainty.
    ナビゲーションはまた使者にだけでなく、現代の引受会社にいくつかの電荷を供給する。このように塩辛い深く公正とも悪天候を参照してくださいする必要があり船員は、それらに割り当てられた船舶、アンカーを持っていました。これらの最後はまた、ご希望のエンブレムです。しかし、なぜ、それは私たちはしばしばまぐれしたものであるために望んでいる、我々は任意の確信を持って述べることができないことを意味することを除いて。
    To recount, however, all the artificial figures which are or may be used in Heraldry would be a perfectly endless task, seeing that the list may be made to comprise vegetables, snuff-boxes, flowers, jampots, boot-jacks, compound rhubarb pills, steam-engines, pickled walnuts, garden-rollers, patent knife-cleaning machines, violins, batter puddings, balloons, tinder boxes, stewed oysters, baby jumpers, dress improvers, hot sausages, 81-ton guns, Revalenta Arabica, opera boxes, eye-openers, post-cards from Mr. Gladstone, blacking bottles, and in fact anything which the hand of man is able to fabricate or his head to imagine.
    再集計するには、しかし、であるか、紋章学で使用することができるすべての人工的な数字はリストは野菜、スナッフボックス、花、jampots、ブートジャック、化合物のルバーブの丸薬を含むようになされ得ることが見て、完全に無限の作業になるだろう、蒸気エンジン、漬けクルミ、庭、ローラー、特許ナイフ洗浄機、バイオリン、打者プディング、風船、火口箱、煮込みカキ、ベビージャンパー、ドレス改良、ホットソーセージ、81トンの銃、Revalentaアラビカ、オペラボックス、アイオープナー、氏グラッドストーンからのポストカード、黒くボトル、そして人間の手が製作することができます実際には何か彼の頭を想像します。


XII

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)