HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

XI

CHAPTER XI.
OF COMMON CHARGES.
第十一章 コモン・チャージ(共通の図形)
AVING had our fill of Heraldic food at the Ordinaries and Sub-Ordinaries, we shall, so to say, take our dessert off the "Common Charges." Amongst these we might class, the sixpences or shillings, over and above their fares, demanded by, and frequently paid to cabmen; the six-and-eight-pence to a lawyer, for informing you that curling your hair with a boiled carrot is not a criminal offence; the shilling demanded of hurried travellers at Mugby Junction for a purée of horsebeans, called euphemistically soup: all these are very common charges, but unfortunately are not included in Heraldry.
オーディナリーとサブオーディナリーで紋章食品の私たちの塗りつぶしを持っていたが、我々は、そのようにオフ私たちのデザートを取る、と言ってしなければならない "一般的な料金。」これらの中で我々は、sixpencesまたはシリングは、クラスを超えるとその運賃の上、によって求め、かつ頻繁にcabmanの複数形するために支払ったことがあります。弁護士への6-と-8-ペンス、ゆでたニンジンであなたの髪をカールすることは犯罪ではないことを通知するため、シリングは婉曲スープと呼ばれるhorsebeansのピューレ、ためにMugbyジャンクションで急いで旅行者の要求:すべてこれらは非常に一般的な料金ですが、残念ながら紋章には含まれていません。
    Common Charges are of three kinds: Natural, Artificial, and Chimerical Figures. Thus, we should call a figure representing a donkey as strictly natural, considering the number of those animals(both biped and quadruped) to be found in the world; one representing a wig as decidedly artificial, since we are not aware that any man, woman, or child in a state of nature has yet been discovered with a foreign hair-apparent to his crown; and one representing a lawyer's conscience--could such a charge be invented--as very chimerical, since we never heard of such a thing existing in real life?
    自然、人工、およびキメラ図:一般的な料金は3種類です。したがって、我々は世界で発見されるこれらの動物の数(二足歩行と四足の両方)を考慮し、厳密に自然などロバを表す図形を呼び出す必要があります。私たちは自然の状態で任意の男性、女性、または子供がまだ外国ヘア見かけ彼の王冠にして発見されたことを認識していないので、明らかに人工のようなかつらを表す1つ。そして、弁護士の良心を表す1つは - このような電荷を考案することができた - 非常にキメラとして、我々は実際の生活の中で存在するようなことを聞いたことがないので?
    To commence, however, with the Natural Figures. They consist of everything in general and most things in particular, and comprise birds, beasts, men (which of course includes women), fishes, insects, infusoria, and other rudimentary animalculae. Anything, in fact, that might or could have life.
    ナチュラル図と、しかし、開始します。彼らは、特に一般的にはすべてのものとほとんどのものからなり、鳥、獣、男性(もちろん女性を含む)、魚類、昆虫、infusoria、および他の初歩的なanimalculaeを備えます。ものは、実際には、それがまたは生命を持っている可能性があります。
    The objects--and when we see the unpleasant not to say absurd positions in which some of them are placed by the Heralds we may indeed call them so--which constitute the terrestrial figures are represented either whole or like serial publications, in parts. When in the latter, they appear cut up, and seem acutely to feel the joint-stock element and unnatural combination introduced into their pourtrayal.
    オブジェクト - と我々は確かので、それらを呼び出すことができ、それらのいくつかは布告者によって配置された不条理な位置を言っていない不快見る時 - 地上数値はいずれかの全部または逐次刊行物のように、部品で表現されている構成するを。後者では、彼らはカットアップすると表示され、合資要素とそのpourtrayalに導入された不自然な組み合わせを感じることが急性ようです。
    There are also a variety of Heraldic phrases descriptive of the different positions assumed, which we shall enumerate and explain, in order that readers may not break their mental shins over them in future researches into the science.
    我々は読者が科学への今後の研究では、それらの上に彼らの精神的なすねを壊さないようにするために、列挙し、説明しなければならないと仮定異なる位置の記述紋章フレーズなどもあります。
    Heraldry has a language--some call it jargon, but they are illnatured--of its own, and anyone guilty of using an incorrect phrase in describing the cognizances or blazon of a shield, is regarded by Garter and Co, as an utter barbarian, with whom no Herald of any self-respect can have dealings. In fact, as a rule, Heraldic misdescriptions grate to such an extent upon the ear of the Tabard wearers that they long for, and would have--were it not that the act might lead them to visit the stately halls of the Ancient Bailey, and subsequent introduction to Marwood--the blood of the offender. Under the circumstances, therefore, they don't get the liquid in question. And now to arm our readers against any possibility of incurring the Heraldic vengeance.
    いくつかの専門用語を呼び出し、それらはillnaturedされている - - 紋章が言語を持って、独自の、およびシールドのcognizancesや紋章を説明する際に間違った語句を使用しての誰もが有罪、全くの野蛮人として、ガーターとCoによってみなされています、誰と任意の自尊心のないヘラルドは、お取引を持つことはできません。実際には、原則として、紋章misdescriptionsは彼らが長い間陣羽織着用者の耳に対するそのような程度にすりおろし、持っているだろう - したことがない行為は古代ベイリーの風格ホールを訪問するそれらを導く可能性があること、マーウッドに、後続の紹介 - 犯罪者の血。状況下では、したがって、彼らは、問題の液体を得ることはありません。そして今、紋章復讐を招くの可能性に対して、読者を武装します。
    The colour of the hair in men, including women, is described by the word "crined." Thus a lady with hair of a carrotty or fashionable colour would be Heraldically termed "crined gules." If a cockney, however, were to ask if his sheets were "crined," instead of haired, the phrase would be incorrect. As a rule, it may be taken that Heraldic expressions fit badly in domestic life, and are liable to cause him or her using them to be looked upon as a dangerous lunatic. Still our readers may try for themselves; but if ill consequences follow, we accept no blame for the results.
    女性を含む男性の髪の色は、単語によって記述されている「crined。」したがってcarrottyや流行色の髪の女性がHeraldically「crinedギュールズ」と呼ばれることになりますコックニーは、しかし、彼のシートが "、crined」の代わりに髪だったらお願いしていた場合は、フレーズが正しくないだろう。原則として、紋章式が家庭生活にひどくフィットし、彼を起こしやすいことを取ることができるか、彼女は危険狂人のように見下ろしていましたことにそれらを使用します。それでも読者は、自分自身のために試みることができます。病気の影響が続く場合は、我々は結果のための責任を受け入れません。
    "Couchant"--denotes lying down, though you could hardly say a false witness was couchant because he was, when giving evidence, lying downily.
    「姿勢のは、 " - あなたはほとんどdownily横たわって、証拠を与えたとき、彼は、だったので偽証がうずくまった姿勢のだったと言うことができなかったものの、横たわって示しています。
    When an animal is couchant the head is raised, and an artfully expectant look may generally be observed in his or her eye, also an expression, which says, as plainly as possible, "If you come within reach of my paws or teeth, your family will go into mourning, but they needn't worry about the corpse."
    ヘッドを上昇させ、そして巧みに期待外観は一般的に彼または彼女の目で観察することができるうずくまった姿勢の動物である場合には、としてもはっきりと可能な限り、と言う表現、「あなたは私の足や歯、手の届くところに来る場合、あなた家族は喪になりますが、彼らは死体を心配する必要はありません。」
    "Dormant"--sleeping. This description applies to men (again including women), and beasts, as they are frequently to be seen on the Heraldic shield with a nod appearance.
    「休眠」 - 眠っています。彼らは頻繁にうなずくの外観を持つ紋章シールドに見られるようにしているので、この説明は、(再び女性を含む)、男性、そして獣に適用されます。
    The "dormant" animal is distinguished from the couchant by having his head resting on his paws, and his tail coiled up along side him, so as to prevent people treading on it. A peaceful calm pervades his countenance, and thoughts of that last Hindoo au naturel which formed his supper, evidently give a gentle zest to his well-earned slumbers.
    「休止状態」動物は、彼の足で休んで頭を持つことでうずくまった姿勢のと区別され、その上に踏む人々を防止するために、彼の尾は、彼を側面に沿って巻い。平和な穏やかな彼の表情に浸透している、と彼の夕食を形成し、その最後のHindooのau自然のままの考えは、明らかに彼のよく稼いだ眠りに優しい熱意を与えます。
    "Regardant"--a man or beast steadily looking at nothing. This description of figure is frequently found in connection with lions, bears, stags, bulls[N.B.--No connection with Capel Court], and other animals not possessed of human impudence enough to take a sight at anything.
    「後ろを向いた」 - 着実に何を見ている男や獣。図のこの説明は、頻繁にライオン、クマ、スタッグス、雄牛[N.B .--カペル裁判所との接続なし]、および十分なもので視力を取るために人間の厚かましさに取り付かれていない他の動物との関連で発見されました。
    "Statant," standing upright. Persons fond of seeking eleemosynary drinks can vary their usual invocation of "What are you going to stand?" with "Will you be statant?" The British Lion often has to stand a good deal. Instance, the Alabama award. Still, "We don't want to fight, but by jingo," &c.
    「四本脚で立っている、 "直立。善意からのドリンクを求めているのが好き人は、彼らの通常の呼び出し変化させることができる「あなたが立ってしようとしているの?」 「あなたが四本脚で立っていることでしょうか?」と英国のライオンは、多くの場合、良い取引を立つことがあります。例えば、アラバマ賞。それでも、「我々は戦うためにしたくないけど、ほんとに、「&C。
    "Rampant"--rearing. Lions are often seen indulging in this unseemly pastime on the Heraldic field, and, like a bad tenant with his landlord, are frequently in arrear. Under these circumstances, it is the landlord who becomes rampant, and makes things lively for the tenant, by sending him a visitor in the shape of a man in possession, who is not usually a welcome guest.
    「横行」 - 育児。ライオンズは頻繁に彼の家主と悪いテナントのように、滞納で頻繁にあり、紋章フィールド上のこの見苦しいな娯楽にふける見られる、としています。このような状況下で、それが横行になり、通常は歓迎ゲストではありません所持の男、の形で彼の訪問者を送信することにより、テナントのために活発なものを作る家主です。
    "Sejant"--sitting. This position would most probably be used to describe a Member of Parliament, or a hen--both do a quantity of cackling--or any other abnormal animal whose principal employment is to sit. It is an eminently peaceful position, and one much used by humanity generally when not walking, standing, or lying. Not but what we have known people who could lie sitting just as well as standing, if not better, but then they had talents for mendacity, which we are certain are wanting to all readers of this work. At least we hope so, although sometimes in the stillness of the night doubts will arise even on that point.
    「座った姿の " - 座って。この位置は、おそらく議会のメンバー、または鶏を記述するために使用されるだろう - その主な雇用に座っている、または任意の他の異常の動物 - の両方がcacklingの量を行います。それは際立って平和的な位置、およびはるかに、歩いて立って、または横たわっていない一般的にするとき、人類が使用するものです。ませんが、私たちがより良いされていない場合、座っているだけで同様に立っある可能性があり、人々を知っていたが、その後、彼らは私たちは確信しているうそをつくための才能は、この作業のすべての読者に欠けている持っていました。時には夜の疑いの静けさであっても、その時点で発生しますが、少なくとも我々は、そう願っています。
    "Current,"--which has no connection with tarts, but means running,--is generally found associated with stags and dogs in Heraldry; out of it, bills have also that peculiarity.
    「現在は、 " - 、タルトとは関係ありませんが、実行していることを意味する - 一般紋章でスタッグスや犬に関連付けられて発見されました。それから、法案は、その特異性を持っています。
    Fraudulent bankrupts have also been known to be current, especially if their creditors were after them. As a rule, however, the criminal law has a tendency to disapprove of their funny way of running on.
    詐欺破産者はまた、彼らの債権者がそれらの後であった場合は特に、現在であることが知られています。原則として、しかし、刑法は、上で実行しているの彼らの面白い方法を否認する傾向があります。
    Money also, both good and bad, is current. We prefer the former, and as much of it as possible. No reduction made on taking a quantity.
    お金はまた、良い面と悪い面の両方、現在のです。私たちは、かつての、そして可能な限りそれをできるだけ多く好みます。数量を取る上で行われませ減少ません。
    "Salient" leaping--applied to lions and tigers, who, like flowers, often appear in the spring. Not that the time of year makes the slightest difference to them. As a rule, a lion or a tiger is a creature quite devoid of prejudice, and is as ready to eat you in the summer, autumn, or winter, as in the spring. The high jump at an athletic meeting is also a salient subject for the persons who compete.
    「顕著な "跳躍 - ライオンやトラに適用され、花のように、多くの場合、春に表示されます。ていない時期は彼らにわずかな違いがあります。原則として、ライオンやトラは偏見の全く欠い生き物であり、春のように、夏、秋、冬であなたを食べることのように準備ができています。運動会での高跳びも競争者に対する顕著な主題です。
    "Nascent"--rising out of the midst of an ordinary; thus a grog-blossom rising out of the midst of a nose would be so described, though we are not aware of any family which bears that peculiar flower as a portion of its cognizance, though what says the Bard of Erin,--
    「新生」 - 普通の中から上昇。このように鼻の中から立ち上がりグログ-blossomがそうエリンの吟遊詩人が言うものの、我々は、その認識の一部としてその独特の花を負う任意の家族を認識していないが、説明されるであろう、 -
    "It's a nose tree in full bearing."
    「これは、完全なベアリングで鼻の木です。」
    But no Moore upon that head.
    しかし、その頭にありませんムーア。
    Counter--current; two animals, human or otherwise, running in opposite directions. In common life we often see this peculiarity; for instance, one man will run into £10,000 a year, and another into the workhouse: one man on to the bench, and another into the dock. But there, we might continue our illustrations from here to the middle of next year, were it convenient; but as it is not, we shall, like the old preachers, proceed to our--
    カウンタ - 現在。ヒトまたは他の方法で、反対方向に動作する2つの動物。一般的な生活の中で私たちはしばしば、この特性を参照してください。例えば、一人の男は、労役場に£10,000年に実行して、別ます:1ベンチの上の男、およびドックに別のものを。しかし、我々はそれが便利だった、来年半ばにここから私たちのイラストが継続する可能性があります。そうでないとしてではなく、我々は、古い説教者のように、our--に進むものと
    Lastly, we have "Issuant," which denotes anything coming out of the top or bottom of an ordinary. As an example, we might take the speeches of many public characters which frequently issue from the mouths of very ordinary men indeed.
    最後に、我々は通常の上部または下部から出てくるものを表す」Issuantを、「持っています。一例として、私たちはしばしば非常に確かに普通の人の口から発する多くの公共の文字の演説がかかる場合があります。
    There are many other descriptive terms, but the above are the chief ones. Anyone can manufacture them to order by simply adding the syllable "ant" to the descriptive word, thus:--
    そこに多くの他の記述用語がありますが、上記はチーフものです。誰もがこのように、単に説明的な単語に音節「アリ」を追加することで、注文し、それらを製造することができます: -
    "Smokant," "kickant," "hookant," "smilant," "drunkant," &c., &c.; and so, as the showman says, "on we go again, my little dears, up and down, in and out, and all round the show," to the next chapter.
    「Smokant、 "" kickant、 "" hookant、 "" smilant、 "" drunkant、「&C。、&C;そのため、芸人が言うように、次の章に「我々には、再び私の小さな上下ディアーズ、内と外、およびshowラウンドのすべてを、行きます」。


XI

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)