HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

X

CHAPTER X.
OF SUB-ORDINARIES.
第十一章 サブ・オーディナリー
HE Sub-Ordinaries now claim our attention. These number in all fourteen, and, as they will form our present course, we will proceed to serve them up for the palates of our readers, making up by the sauce for the heaviness of the food. Heraldry is known to be a dry subject; so, on the homoeopathic principle that "like cures like," we will add a little chaff.
サブオーディナリーは現在、我々の注意を主張します。これらのすべての14の数字、そして、彼らは私たちの現在のコースを形成するように、私たちは食品の重さのためにソースによって構成している、読者の味覚のためにそれらを提供するために進めてまいります。紋章は、乾燥対象であることが知られています。そう、ホメオパシーの原理でいること」のような治療法のように、「私たちは少しチャフを追加します。
    The first sub-ordinary we shall draw out and wave on our Heraldic banner is the "Gyron." This is formed by two lines, one drawn diagonally from one of the angles to the centre of the shield, meeting another straight line drawn from the same side : the whole giving us the idea that at first the inventor had intended to put a triangle into the escutcheon and had then thought better of it, and had only inserted half a one. When there are six, eight, or ten Gyrons in the field, the blazoning is said to be "gyronny," just on the principle that boys term a pudding with more than the usual amount of plums a "plummy pudding."
    最初のサブ通常我々が引き出し、私たちの紋章のバナーを振ってしなければならないが、「Gyron」です。全体が最初に発明者が中に三角形を配置することを意図していたことを私たちにアイデアを与える:これは、2つの線、シールドの中心までの角度の1から斜めに描かれた1、同じ側から引き出された別の直線を満たすことによって形成され、エスカッションし、それをよりよく考えていた、と半分だけ1を挿入していました。フィールドに6、8、または10 Gyronsがある場合は、blazoningはちょうど男の子は梅の通常の量以上でプリンを名付けることを原則に「gyronny、」と言われる「プラムのようなプリン。」
    Next comes the "Quarter," which, as its name denotes, occupies a fourth of the shield, and always in the "dexter chief," or, to reduce the Heraldic jargon to the language of common life, in the right-hand upper corner.
    次に "、デクスターのチーフ」その名前が表すように、常にシールドの1/4を占め、かつ、「クォーターを、「来るか、右上に、一般的な生活の言語に紋章専門用語を減らすためにコーナー。
    It is a plain square, as once was that of Leicester, but which now, thanks to a Baronial Grant, though not in China, is quite a flowery land.
    ない中国では、かなり花の土地ですが、それは、1回となりましたレスターのことがあったが、これは、貴族のグラントのおかげ平野の正方形です。
    And on we go again to the "Canton," which has nothing to do with Switzerland ; so our readers need not fancy that any "Merry Swiss boy" business is here going to be transacted. It exactly resembles the Quarter, of which it may be said to be a little brother, as it only takes up one-fifth of the shield instead of one-fourth. It is supposed to represent the flag borne by knights bannerets, which was of small size, as those knights were created on the field of battle, where it was but natural the supply of bunting would run short, it being scarcely likely that a man would take some with him on the speculation that the cutting off the heads of his enemies would prove for him a short cut to glory.
    そして、我々は、スイスとは何の関係もない "カントン"に再び外出先で。だから読者は、任意の「メリースイスの少年」ビジネスがここに取引されようとしていることを空想する必要はありません。それが唯一のシールドの五分の一の代わりの4分の1を占めるように、それはまさに、弟であると言うことができるの四分の一を、似ています。人間があろうそのほとんど可能性があること、ホオジロの供給が不足するだろうそれがあったそれらの騎士が戦いのフィールド上で作成されたように、小さいサイズのものであった騎士のbannerets、が負担フラグを表すことになったが、自然されています彼の敵の頭オフ切断が彼のために栄光に近道を証明するだろうという憶測に彼と一緒にいくつかを取ります。
    Our next sub-ordinary is the "Fret," not that we intend to do so--quite the contrary. It is formed by two narrow bendlets, interlaced by a small square. Sometimes it is called the "Herald's true lover's knot," and we need scarcely mention the appropriateness of the connection between love and frets, which must, of course, be apparent to the meanest amorous capacity.
    非常に反して - 私たちの次のサブ通常は、我々はそうするつもりはないこと」、フレット」です。それは、小さな正方形によってインターレース2つの狭いbendlets、によって形成されています。時にはそれは "、ヘラルドの真の恋人の結び目」と呼ばれ、私たちはほとんど必要ありません、もちろん、意地悪好色容量に明らかでなければならない愛とフレットの間の接続の妥当性を言及しています。
    When the escutcheon is covered with these true lovers' knots, it is termed "fretty," and who would not be fretty at finding a number of such tokens in the possession of one party, especially if the belief had been cherished that only the knot of one beau, and that one yourself, had been preserved.
    エスカッションがこれらの真の愛好家 'ノットで覆われている場合、それは "、fretty」と呼ばれ、人は信念が大事にされていた場合は特に、一方の当事者の所持で、このようなトークンの数を見つけることでfrettyではないであろうことだけ結び目1愛人、そしてその1自分のこと、保存されていました。
    Fifthly comes the "Pile," which is in shape like a long narrow wedge, and must have been invented by a Herald of destructive proclivities trying to split a shield by driving a wedge therein, but failing and leaving the wedge in disgust, christened it an ordinary. It exactly represents a pile upon which bridges are built; nor can we be surprised at this, for Heralds invariably had an arch way with them.
    第五に、細長いくさびのような形状であり、かつその中にくさびを駆動するが、失敗や嫌悪感にくさびを残すことによって、シールドを分割しようとしている破壊的な性癖のヘラルドによって発明されている必要があります "杭を、「来て、それを洗礼普通。それは正確にブリッジが構築される杭を表し;布告者は常に彼らとアーチの方法を持っていたためにも、私たちは、この驚きすることができます。
    To proceed, we have the "Orle," which may, of course, be all our fancy painted it, and a lot more besides, but is a kind of inner border within the shield. A good notion of this ordinary may be obtained by taking two hats, one a large size and the other considerably smaller, cutting off the brims and placing one within the other; flatten both to the required shape, and there you have the Orle. We should advise the experimentalist not, for obvious reasons, to use his own property for the trial.
    続行するには、我々はより多くの他に、もちろん、すべて私たちの空想がそれを描いたことがあり、「平縁、」、および多くを持っていますが、シールド内の内側の境界線の一種です。この通常の良い概念は、鍔部を切断し、他の内のいずれかを配置する二帽子、一つの大きなサイズなどがかなり小さくを取ることによって得ることができます。必要な形状の両方を平らにし、そこには平縁を持っています。私たちは、裁判のために自分の財産を使用するために、明白な理由のためではなく、実験者に助言する必要があります。
    After the Orle comes the "Tressure," a neat article of the same kind, but only half the width of that charge. When we have said that we have not, however, said everything thereanent. It is generally borne double, or one within the other; so that when a Herald had more than one, he was able to act on the advice given to unskilful horsemen, and make the Tressure get inside. The Tressure is ornamented with fleur de lys, that is to say those flowers are placed on the sides, reminding us somewhat of the sprigs of holly stuck about a Christmas pudding.
    平縁後「盾形と相似形に描かれた帯状模様、「同じ種類のきちんとした記事が、その電荷の唯一の半値幅が付属しています。私たちが持っていないと述べているときは、しかし、すべてがそのことに関して述べました。一般的には、二重、またはその他の内の1を負担されます。ヘラルドが複数を持っていたときように、彼は下手な騎手に与えられたアドバイスに基づいて行動し、盾形と相似形に描かれた帯状模様が中に入る作ることができました。盾形と相似形に描かれた帯状模様はフルールドリスで飾られている、それはクリスマスプディング約ヒイラギスタックの小枝の幾分かを思い出させ、それらの花が両側に配置されていると言うことです。
    This bearing forms a part of the arms of Scotland; the legs of Scotland, especially the Highland legs, having a baring of a different kind, and as a rule gravitating towards England. It was granted by Charlemagne to Achaius, the then king of the country, as a present of honour. For our own part, we should prefer a present of game to any such unsubstantial gift, but in those times the smallest honorial donation was thankfully received and gratefully acknowledged.
    この軸受は、スコットランドのアームの一部を形成します。スコットランドの足、特にハイランド脚、異なる種類のベアリング・を有し、イングランドに向かって引き寄せ、原則として。それは名誉のプレゼントとして、Achaius、国の後、王にカール大帝によって付与されました。私たち自身の部分については、我々はそのような事実に基づかない贈り物にゲームの存在を好む必要がありますが、それらの時に最小honorial寄付はありがたい受信し、深く感謝しました。
    The "Flanches" come next. They are formed by two curved lines nearly meeting in the centre of the escutcheon. To give a receipt for making them in the style of that mirror of cookery, Mrs. Glasse, we should say: first catch your shield--a plain one is best--on which no Heraldic cookery has been performed. Draw two circles, cut a slice off each and place at opposite sides within the shield. Serve up as wanted. Of this sub-ordinary there are two diminutives, "Flasques" and "Voiders." The former of these would seem to have some connection with drinking, and doubtless Heralds, like other men, had no objection to moisten their Heraldic clays. Voiders, again, clearly relate to the same subject; being smaller than flasques, may be taken to typify glasses when voider or emptier than they were when filled.
    「Flanchesは「次来ます。これらは、ほぼエスカッションの中心に満たす2つの湾曲線で形成されています。料理のミラーのスタイルでそれらを作るための領収書を与えるために、夫人グラスは、我々が言う必要があります:最初のあなたの盾をキャッチ - プレーン1は最高です - 何の紋章料理は行われませんされました。二つの円を描き、シールド内の両側にそれぞれの場所からスライスをカット。望んでいたとしてアップサーブ。このサブ通常の2縮小辞、「Flasques」が存在しているのと「Voiders。」これらの前者は飲酒といくつかの接続を持っているように見える、と確かに告げる、他の男性のように、彼らの紋章粘土を潤すために異議がないだろう。 Voidersは、再び、明らかに同じ主題に関連します。 flasquesより小さいである、取り消す人またはemptierは、それらが満たされたときよりも、ときにメガネを類型化するために取ることができます。
    We now come to the "Lozenge," a sub-ordinary exactly represented by a jujube. Visions of anti-pertussents rise before us as we take this charge out of the Heraldic coffer. The Lozenge may be of any size, either filling up the whole of the shield, like two fat women in a small Hansom, or only just appearing at the corner of the shield, like one small passenger in a three-horse omnibus. When the shield is crossed by diagonal lines, it is called "lozengy," a good idea of which may be formed by thinking of the open-work jam tarts of childhood.
    私たちは今、「菱形、「サブ通常正確ナツメで表さに来ます。我々は紋章財源のうち、この電荷を取るような抗pertussentsのビジョンは、私たちの前に上昇します。菱形はどちらかの小さなハンサムで2脂肪の女性のように、シールドの全体を埋め、またはのみわずか3-馬のオムニバスで1小乗客のように、シールドのコーナーに現れる、任意のサイズであってもよいです。シールドは斜線で交差する場合には、「ひし形に均等分割された、「子供の頃のオープンワークジャムタルトの思考によって形成することができるのは良いアイデアと呼ばれています。
    The "Fusil" is narrower and longer than the "Lozenge," and gives us the notion of a partially-sucked and pulled-out-length-ways lozenge. It is also called the "Spindle," from its supposed resemblance to that ancient housewifely instrument. Anyone who can see the resemblance is perfectly welcome to do so, though for our own part we shall not spin a yarn upon the subject, as we consider it needle-less. A fusil is also a light kind of gun, but we should not hit the mark if we imagined there was any connection between that weapon and the sub-ordinary in question.
    「火打ち石銃」は「菱形」よりも狭く、長く、私たちに部分的に吸引して引き出し長-方法ひし形の概念を与えます。また、その古代の主婦の楽器との想定似ていることから「スピンドル」と呼ばれています。我々はそれがニードルレス考慮するとして類似性を見ることができる誰もが、私たち自身の一部のために、我々は、被写体の際に糸を紡ぐてはならないが、そうすることは完全に歓迎されています。火打ち石銃はまた、銃の光一種であるが、我々はその武器とサブ普通の問題の間の任意の接続があった想像した場合、我々は、マークを打つべきではありません。
    In the "Rustre," our friend the jujube appears once more. Again referring to the Heraldic cookery book, we find the following directions: take a lozenge, punch a hole in the middle, place in centre of the shield, garnish with what you please, or serve up plain or according to taste. At least, if you don't, we have given you the means of making a very good substitute.
    で「Rustre、「我々の友人ナツメがもう一度表示されます。 、菱形を取る中央に穴を開け、シールドの中央に代わり、あなたは何をしてくださいとガーニッシュ、またはプレーンや好みに応じてアップに役立つ:再び紋章料理の本を参照して、我々は次の方向性を見つけます。そうしない場合は、少なくとも、私たちはあなたに非常に良い代替品を作るための手段を与えています。
    The "Mascle" derives its name from macula, the mesh of a net. Though the derivation is somewhat fishy, yet we hope our readers will not carp at our description. Still, if we should flounder at this place, our sole desire is to give a friendly lift or hoister to every man jack into the science of Heraldry. Not yet are we free of the Lozenge, for the Mascle is another connection of this cough-no-more ordinary. It is, however, a mere frame lozenge-shaped, or, as the Heralds would express it, a "lozenge voided." Our own ideas on the subject correspond exactly with the scientific description, for we have held, ever since the days of infancy, when peppermint specimens of the article invariably followed senna tea, that lozenges of all sorts are things specially to be avoided.
    「マスクルは「黄斑、網の目からその名の由来します。導出はやや怪しいですが、まだ我々は我々の読者が私たちの説明では鯉ないことを願っています。私達はこの場所でヒラメべきかどうかについても、私たちの唯一の願いは、紋章の科学にすべての人のジャックに優しいリフトやhoisterを与えることです。まだ我々は菱形の自由である、マスクルこの咳-ノーモア普通の別の接続です。しかし、使者がそれを表現と同じように単なるフレーム菱形、または、ある「排泄菱形。」記事のペパーミント標本は常にあらゆる種類の菱形が物事が特別に避けなければならないことを、センナ茶を踏襲したときに、件名に私たち自身のアイデアは、私たちが今まで乳児期の時代から、開催されているために、科学的な説明と正確に対応します。
    Next comes the "Inescutcheon." This is merely, as the name denotes, a small shield inside a larger one, and, like the result of many races, is a case of an outsider coming in.
    次に「インエスカチュアンは。 "来ます名前は、大きい方の中に小さな盾を表し、そして、多くのレースの結果のように、入って来部外者の場合のようにこれは、単にです。
    We come now to the last sub-ordinary, the "Guttes," a name vulgarly and unpleasantly suggestive of the internal economy of the human and other bodies. Some Heralds do not class this charge among the sub-ordinaries at all, but we intend to be more liberal. The word is derived from "goutte," a drop, and we may at once state that it has no connection either with capital punishment, the Old Bailey, or Mr. Marwood.
    私たちは、最後のサブ普通に今来て、「Guttes、 "名前下品にヒトおよび他の機関の内部経済の不快な示唆に富みます。いくつか告げるはないクラスのすべてのサブオーディナリー間のこの電荷を行うが、我々はよりリベラルになろうとします。言葉は「グット、「dropから導出され、私たちは一度、それはどちらか死刑、オールドベイリー、または氏マーウッドと接続されていないことを述べることができます。
    Guttes are small round spots borne on the shield, and when they are placed at equal distances over the whole of the shield, giving it somewhat the appearance of having been suddenly taken ill with some cutaneous disorder, the cognizance is called "gutty."
    Guttesはシールド上に担持小さな丸いスポットであり、それらはシールドの全体にわたって等間隔に配置された場合、多少突然認識が呼ばれ、いくつかの皮膚障害と病気に撮影された「gutty。」の外観をそれを与えます
    As in common life there are drops of different kinds,--for instance, drops of comfort, drops of brandy, and drops in life,--so also in Heraldry Guttes or drops differ. When the Guttes are gold colour, the shield is said to be "gutty d'or." We should prefer, however, a bucketfull, or, why not say a hogshead while we are about it, instead of a few drops of gold. When white it is called "gutty d'eau," or water colour. This has a very washy sound, and calls to mind Sir Wilfrid Lawson and teetotallers, a class of people who ought to be the happiest in the world, since, according to their own accounts, they are never given to whine, which perhaps accounts for the unsteady gait of the sons of temperance after their annual festivals at the Crystal Palace and elsewhere.
    例えば、快適性の低下ブランデーの低下、および生活の中で低下し、 - - 共通の生活の中でのように、異なる種類の滴が、ありますので、また紋章Guttesまたはドロップで異なります。 Guttesが金色である場合、シールドがあると言われている「guttyドール。」我々は、しかし、bucketfullを好む、または、我々はそれについてであるが、なぜ代わりに金を数滴の、ホッグズヘッドを言うべきではありません。それは「guttyドールのオー」、または水の色呼び出されると白。これは非常に水っぽい音を持っており、自分のアカウントによると、彼らはおそらくを占めて、駄々をこねるために与えられたことはありません、ので、サーウィルフリッドローソンとteetotallers、世界で最も幸せであるべき人々のクラスを気にするために呼び出します毎年恒例のお祭りのクリスタルパレスで、他の場所後の節制の息子の不安定歩行。
    When the drops are red, they are said to be de sang, or of blood, which suggests cut fingers, and sticking plaister that never sticks. When blue they are said to be de larmes, or of tears. This notion is too ridiculous. Who, beside a Herald, ever heard of blue tears? That people may look blue is possible : we ourselves have done so at times, notably when expecting a remittance from our country estate and receiving a County Court summons from our discontented tailor instead. But blue tears. Never!
    滴が赤である場合、それらはデであると言われて歌った、または血液の、カット指を示唆している、とスティック決してplaisterを貼り付けます。それらはデlarmes、または涙であるとすると、青と言われています。この概念はあまりにもばかげています。誰が、ヘラルドの横に、今までに青い涙のことを聞きましたか?人々は青に見える可能性があることが可能である:私たちの国の不動産からの送金を期待し、代わりに私たちの不満テーラーから郡裁判所の召喚状を受け取ったときに私たち自身は、特に、時間に行ってきました。しかし、青の涙。決して!
    When the "Guttes" are black, they are called de poix, or pea colour. Again we demur to this description. Mellow pears are all very well; green peas when young are like young ladies, nice;--peas-pudding not perhaps tempting, but decidedly cheap, and oh! so filling--all these we have heard of and even know; but black peas argue a degree of nastiness, not to say putridity, that would turn the stomach of a rhinoceros. We are really surprised at meeting with such unpleasantness among the Heralds.
    「Guttes」は黒である場合、それらはデPOIX、またはエンドウ豆の色と呼ばれています。再び、我々はこの説明に決定を留保します。まろやかな梨は非常によく、すべてのです。グリーンピース若いがあるときに若い女性のような、素敵な; - エンドウ豆、プディングとああ、おそらく魅力的な、しかし明らかに安くはありません!そう充填 - これらはすべて我々が聞いたとさえ知っています。しかし、黒い豆は腐敗が、それはサイの胃を回すだろうと言うことではない、意地の悪さの程度を主張しています。私たちは、使者の中で、そのような不快感との会談で、本当に驚いています。
    Finally, when green, the "Guttes" are d'huile, or olive-oil colour. This definition clearly originated with some King-at-arms, who had a predominant taste for salad. Still, as we are strong, so will we be merciful, and he shall receive no dressing on that account. And this concludes the Sub-Ordinaries.
    最後に、ときに緑、「Guttesは "ドールのhuile、またはオリーブオイルの色です。この定義は明らかにいくつかのキング・アット・腕サラダ用の優勢な味を持っていた、と起源。それでも、我々は強いですので、我々は慈悲深いとなり、彼はそのアカウントに何のドレッシングを受けてはならないように。そして、これはサブオーディナリーを終了します。


X

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)