HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

IX

CHAPTER IX.
OF CHARGES AND ORDINARIES.
第九章 チャージとオーディナリー
AVING settled our differences, let us hope satisfactorily, we come next to what in common life often leads to them, especially when made by tradespeople, viz.:--Charges. These charges, however, must not be confounded with those made before a magistrate, or in a bill, nor yet with the prices paid to the Heralds for finding an Heraldic coat. Sooner than such an imputation should be made upon them the English King of Arms would hang himself in his own garter; Lyon, the Scotch King, would bite off his own ear; and Ulster, the Irish ditto, would smother himself in his own Ulster coat.
私たちの相違点を解決したが、私たちは十分に期待しましょう、私たちは、次の一般的な生活の中で、多くの場合、商人によって行われた場合は特に、彼らにつながるviz.:--Chargesものに来ます。これらの費用は、しかし、判事の前に、または請求書では、またまだ紋章コートを見つけるための布告者に支払った価格で製造されたものと混同してはいけません。早く彼らになされるべきであるように帰属よりも自分自身のガーターで自分自身をハングアップする武器の英語王;リヨン、スコッチ王は、自分の耳をかみ切るだろう。アルスター、アイルランド同上は、彼自身のアルスターコートに身を窒息させることになります。
    Charges are the figures expressed on a coat of arms, and we will now proceed to add them up.
    料金は紋章上に発現数字であり、我々は今、それらを追加して進みます。
    We must premise by saying that they consist of everything depictable (to coin a word) either in or on the earth, air or sea, besides a great many other things which never could, would, ought, might, or can be found anywhere but in the brains of the Heralds.
    我々は、彼らが、、、またはどこにも見出すことができないかもしれないべきであろうことができない非常に多くの他のものに加えて、または土、空気や海のいずれか(単語を硬貨)depictableすべてで構成されていることを言って、前提をしなければならないが、使者の脳インチ
    Having thus eased our minds in regard to them, readers will please take note that of charges there are six kinds. 1. Ordinaries, which have no connection either with the chaplain of Newgate, who is also an ordinary, or with tables-d'hôte every day at one and four. These ordinaries,--the Heraldic ones are entitled "honourable,"--to distinguish them from 2, the "Sub-ordinaries," which anyone who was rash in jumping at conclusions would of course say were the dishonourable kind. The only objection to this would be that it was perfectly wrong, seeing that they are nothing of the sort.
    このように、それらに関して私たちの心を緩和したが、読者は6種類ある電荷のことに注意をしてくださいます。いずれか、通常の、または1と4で、毎日のテーブル-d'hoteであるニューゲート、の牧師と接続されていない1.オーディナリー、。これらオーディナリー、 - 紋章ものは「名誉」と題されている - 、2と区別するために「サブオーディナリーを、「結論にジャンプでかぶれた誰もが、もちろん不名誉な親切だったと言うことになります。これに対する唯一の異議は、それは彼らが一種の何もないことを見て、完全に間違っていたということでしょう。
    Next comes number 3, "Common Charges," which might again be supposed to include those of wife-beating, adulteration of food, conspiracy of directors of bogus companies, &c., which are very common now-a-days--only they don't.
    。次の番号3、再び妻打ち、食品、偽の会社の取締役の陰謀、&Cの混入のものが含まれることになっているかもしれない」共通料金、「非常に共通している今では、日来る - 彼らだけではありません。
    Four--Natural Figures. What these are, and are not, we will explain when we come to them--a promise we will also fulfil in re 5 and 6, Artificial and Chimerical Figures.
    四 - ナチュラルフィギュア。我々は彼らに来たときにどのようなこれらは、およびではない、我々は説明します - 私たちはまた、5と6、人工およびキメラ図を再に果たしていきます約束を。
    The honourable ordinaries are nine in number, in that resembling the muses, and if we can only make each of them amuse, the likeness will be still further carried out.
    名誉オーディナリーはそれがミューズに似で、数は9であり、我々は唯一のそれらのそれぞれ楽しませることができれば、肖像はなおさら行われます。
    First of all we have, as might be expected, the "Chief." This charge consists of a bar occupying the upper third of the shield.
    まず第一に、私たちは、予想されるとして、「チーフ」を持っていますこの電荷は、シールドの上部3分の1を占めるバーで構成されています。
    Next we have the "Pale." This charge takes up the third of the shield perpendicularly, and would seem to be better adapted for the arms of a sickly girl than a stalwart knight. It has two diminutives--the "Pallet," half the size of the pale, which is clearly intended for the cognizance of a painter, who would of course put his own colours on it; and the "Endorse," half the size of the pallet, the bill broker's own charge. One might naturally expect the renewal and the protest to follow ; only, by some unaccountable omission, they are not included in Heraldry.
    次に、「ペール」を持っていますこの電荷は垂直にシールドの3分の1を占めており、より良い重鎮の騎士よりも病弱な少女の腕のために適合させるように思われます。これは、2つの縮小辞持っています - 明らかに画家の認識のために意図された淡の「パレット、「ハーフサイズ、もちろん、その上に自分の色を置きます。および「推奨するもので、「パレット、手形ブローカー自身の電荷の半分のサイズ。一つは、自然再生とフォローする抗議を期待するかもしれません。のみ、いくつかの不可解省略することにより、それらは紋章には含まれていません。
    Thirdly comes the "Bend," which consists of two diagonal lines from right to left. It has four diminutives--the "Bendlet," the "Garter," the "Cost," and the "Ribbon." By the association of the last two we might almost fancy that the Heralds, under the guise of their, science, were slily poking fun at the ladies.
    第三に、右から左への2つの対角線で構成さ」ベンドは、 "来ます。これは、4縮小辞持っています - "。リボン」「Bendlet」「ガーター」、「コスト」と最後の2の関連によって、我々告げるが、彼らの、科学を装って、お茶目に突っつい楽しいが女性であったことはほとんど空想かもしれません。
    Fourthly, the Bend Sinister. This is the same as the bend, only from left to right. It is usually, but not always, the Heraldic sign of illegitimacy, and has two diminutives,--the "Scarp," and the " Baton,"--which latter smacks more of the Orchestra than Heraldry, and also strikingly suggests the policeman on duty.
    第四に、ベンドシニスター。これは、左から右へ、曲がりと同じです。それは通常、常にではないが、不当性の紋章符号、および2縮小辞、持っている - 「崖」、および「バトン」 - 後者は紋章よりもオーケストラの多くを平手で打つ、とも驚くほど警官を示唆しています当直。
    Fifthly, the "Fess." A bar occupying the middle third of the shield, over which we shall bolt to the Bar itself, which is the fifth ordinary, and only takes up a fifth of the escutcheon. This is never borne singly, and when there are five bars, the shield is said to be "blazoned barry," which naturally calls to mind the Revalenta Arabica food, and perhaps the name was invented by some grateful Herald restored to health after years of "indescribable agony," by the use of that much-vaunted condiment. The bar has two diminutives, the "Barrulet," and the "Closet," which we shall now shut up, and proceed to.
    第五に、「フェス」。我々は第五普通である、バー自体にボルト、とだけエスカッションの五分の一を占めるものとする上で、シールドの中央3分の1を占めるバー、。これは、単独で負担されることはありませんし、5本のバーがあるときに、シールドが自然にRevalentaアラビカ食べ物を気に呼び出し、おそらく名前は数年後にいくつかの感謝ヘラルドによって発明健康に復元された「バリーを、blazoned」と言われますその大言壮語の調味料を使用することにより、「言葉で表せないほどの苦しみ、 "。バーは2縮小辞、「Barrulet、 "および"クローゼット、「私たちは今、黙って、に進みものとされています。
    The "Chevron," the seventh ordinary. This is in shape like a rafter used to support a roof, and hence is sometimes called the "Spar." For a fighting man in training this would be eminently adapted. The eighth ordinary is the "Cross." In Heraldry, as in life, there are various crosses: but as advertising tradesmen say, none others are genuine but the plain cross, consisting of two bars, one horizontal and the other perpendicular. We therefore beg our readers to beware of all spurious imitations calling themselves ordinaries.
    「シェブロン、「第七普通。これは、屋根を支持するために使用される垂木のような形状であり、従って、時々呼ばれる「スパー」。トレーニングの戦闘男性の場合、これは顕著に適応されることになります。第八普通は「クロス」です。紋章学では、生活の中でのように、様々な交配ありますが、広告商人が言うように、どれも他の人が二つのバー、1水平およびその他の垂直からなる、本物が、プレーンなクロスです。したがって、我々は自分自身にオーディナリーを呼び出して、すべての偽の模造品に注意する読者を請います。
    Last of all comes the "Saltier," which is neither more or less than a St. Andrew's cross, and is so called by both German and Scotch Heralds. The last-named gentlemen would, of course, lose no opportunity of glorifying the "Land of Cakes and of immortal Burns," and their proverbially canny character is shown by their seeking to obtain a larger measure of honour from the ordinary by bestowing it upon their own private and particular saint, thus making it, in fact, an extraordinary.
    すべての最後には、セントアンドリューズクロスよりも、どちらも多かれ少なかれではない、と両ドイツとスコッチ布告によって呼び出される「塩辛い」来ます。名前の最後の紳士は、当然のことながら、 "、ケーキの不滅バーンズの土地」美化の機会を失うことになるとその諺気の利いた文字は時にそれを贈与することにより、通常の名誉の大きい測定値を得るために彼らのシークで示されています自分のプライベートおよび特定の聖人は、このように異常な、実際には、それを作ります。
    This ends the list of honourable ordinaries. In our next chapter we shall attack the Subordinaries, which may be regarded as a sort of Heraldic cuisine a la cookshop, in contradistinction to the more aristocratic food of the honourable ordinaries.
    これは立派オーディナリーのリストを終了します。私たちの次の章では、名誉オーディナリーのより多くの貴族の食品とは対照的に、紋章料理の一種ラ小料理店と見なすことができる、Subordinariesを攻撃しなければなりません。


IX

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)