HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

VIII

CHAPTER VIII
OF DIFFERENCES.
第八章 紋章の差別化
IFFERENCES, or Cadency, signify, in Heraldry, the distinguishing marks on an escutcheon, whereby various members of the same family might, by their shields, be known one from the other. Thus, in ancient times, if a rich uncle had two nephews, to one of whom he had promised something for himself, or a sound thrashing, while to the other, something for his pocket, or a gold noble, and they both appeared before him with their beavers down, it would only be by the differences of their coat armour that he would be able to distinguish them; though, if the to-be-thrashed nephew were wise, the coat he would wear on the occasion would be a cut-away.
違い、または歩調、紋章に、同じファミリーの様々なメンバーは、彼らの盾によって、一方から他方を知られる可能性がありそれによってエスカッション、上の特徴的なマークを意味します。豊富な叔父はの一から二甥を、持っていた場合、彼らの両方が前に現れた彼のポケット、または希金のために他の何かにしながら、およびこのように、古代に、彼は、彼自身のための何か、または音のスラッシングを約束していましたそのビーバーと彼ダウン、それだけで彼はそれらを区別することができるであろう彼らのコートの鎧の違いによってであろう。 -ことが-大敗甥が賢明だったらしかし、彼は機会に着ることになるコートが切欠であろう。
    Ancient differences consisted of "bordures," which were, as their name denotes, borders placed round the interior of the shield, and were simply used to distinguish the different branches of the same family; or to put it more familiarly, that the various branches of the family might be thus twigged.
    その名前が意味するように古代の相違点は境界が、シールドの内側の周りに配置され、単に同じファミリーの異なるブランチを区別するために使用した、であった「bordures、 "から成っ。または家族の様々な枝は、このようにtwiggedされる可能性があること、それはより親しま配置します。
    Modern differences may be said to go to the root of the tree, and distinguish not only the branches, but even the boughs and leaves, or rather the various sons of the same father.
    現代の違いは、ツリーのルートに移動して、枝が、それでも枝や葉、または同じ父のではなく、様々な人の息子だけでなく、区別すると言うことができます。
    An eldest son bears a "file," or "label," for his distinguishing badge. Were it the fashion for young gentlemen of the present time to wear their coats of arms as general garments, the "label" would be particularly useful to mothers of families with marriageable daughters, and prevent any nonsensical flirtations with younger and less eligible sons. The "label" also might be still further utilized by inscribing thereon the exact amount of the prospective rentroll, and whether, and how deeply, the property had been dipped. Used thus, the label would indeed be the ticket.
    長男は彼の特徴的なバッジのための「ファイル」または「ラベル」を負いません。それは一般的な衣服としての腕の彼らのコートを着用する現時点の若い紳士のためのファッションだった、「標識」は結婚の娘を持つ家族の母親に特に有用であろう、と若いと少ない対象息子を持つ任意の無意味な誘いを防ぎます。 「標識」はまた、さらに別の見込みrentrollの正確な量をその上に内接することにより利用することができる、とするかどうか、およびどのように深く、プロパティが浸されていました。このように使用され、ラベルは実際のチケットとなります。
    Son number two bears a "crescent." This seems strange at first, and can only be accounted for by supposing that second sons not unfrequently turned out regular Turks in their manners and customs: hence the emblem.
    息子番号2は「三日月」を担いますこれは、最初は奇妙に思える、とだけ二人の息子がunfrequently彼らの風習で定期的にトルコ人が判明していないと仮定することによって説明することができる。したがって、エンブレム。
    The third son takes as his badge a "mullet," on account, perhaps, of his prospects being, if anything, more fishy than his next elder brother. Not that the cognizance in question had anything to do with the sea, but is, as our readers will observe, a five-pointed star. In fact, it is more than probable that it was called a mullet because that fish was, of all things in the world, what it least resembled.
    三男は彼の次の兄よりも何も、より多くの魚の場合、彼の見通しは、あることの、おそらく、彼のバッジのようにアカウントの「ボラ」を取ります。問題の認識は海を行うには何も持っていたが、我々の読者は、五芒星を観察するように、あるではないこと。実際には、その魚があったので、それが少なくとも類似していたものを、世界のすべてのもの、の、ボラと呼ばれていた可能性が高い以上のものです。
    A fourth son takes a "martlet" for his distinguishing cognizance. This is described by Dr. Johnson (vide that instructive if slightly arid work, his dictionary,) as a "small bird without legs, used in Heraldry."
    第四の息子は彼の特徴的な認識のための「イワツバメ」となります。これは、ジョンソン博士として(見よ有益であれば若干乾燥作業、彼の辞書、)によって記述されている「紋章に使わ脚のない小さな鳥、。」
    An "annulet," or small ring, denotes a fifth son; a clear hint that his fortune lies in a ring, or, to reduce it to the roughly modern and material ideas, marrying a girl with money.
    「アニュレット」、または小さなリングは、第五の息子を示し、彼の幸運は、リングにある、または明確なヒントは、お金を持つ少女と結婚し、およそ近代的な材料アイデアにそれを軽減します。
    For son six a "fleur-de-lys" is provided, though what the supposed connection between them may consist in, we are unable to say.
    息子6については「アヤメ」が提供され、それらの間のはずの接続がで構成されてもよいものが、我々が言うことができません。
    The seventh young gentleman of the family is distinguished by a "rose." As seven is always supposed to be a lucky number, this must mean that his path in life is destined to be a flowery one.
    家族の第七の若い紳士がによって区別される「上昇しました。」 7は常にラッキーナンバーことになっているように、これは生活の中で彼のパスは花の一つであることが運命づけされていることを意味する必要があります。
    What in Heraldry is called a "cross-moline," decorates the escutcheon of number eight. If the cross signifies the bias of the temper of the bearer, it argues but badly for domestic comfort.
    紋章学では何と呼ばれている「クロスモリーン、「数8のエスカッションを飾ります。クロスは、ベアラの気性のバイアスを意味している場合、それは国内の快適さのためではなく、ひどく主張しています。
    Last of all comes the "double quatre-foil," for the ninth son. And as the Heralds very properly considered that nine sons were enough for any man, however fond of children, to go on with, they made no provisions for any further additions to the family.
    すべての最後には、第九の息子のために、「二重キャトル箔を、 "来ます。布告者は非常に適切に9人の息子がして上に行くために、子どものが好き、あらゆる人のために十分であったことを考えたように、彼らは家族への任意のさらなる添加のための引当を行っていません。
    Besides these differences there are also "abatements," and "augmentations." They may be compared to the stripes for good and bad conduct we bestow upon our soldiers. Augmentations signifying the good conduct stripes borne upon the sleeve, and abatements the bad ditto, ditto, which are, as a rule, blazoned gules upon the back of the warrior.
    これらの違いのほかに、「減額」ともある「拡張製品は。」彼らは我々の兵士授ける良い面と悪い行動のためのストライプと比較することができます。善行ストライプを意味する拡張製品は、スリーブの際に負担し、減額されている悪い同上、同上を、原則として、戦士のバック時にギュールズをblazoned。
    Augmentations are additional charges borne on an escutcheon as marks of honour for services rendered to the sovereign. Thus, Her Majesty the Queen might, if she felt so inclined, and the Prime Minister didn't object, and the Chancellor of the Exchequer didn't think it would cost the country anything, grant to the family house-maid at Buckingham Palace the following augmentation in lieu of raising her wages "argent, a broom sweepant proper," for her services rendered in the domestic department of the palace.
    拡張製品は、主権にレンダリングサービスのための名誉の印として盾に担持追加料金です。このように、女王陛下は、彼女がその気感じた場合、および首相はオブジェクトなかった可能性があり、大蔵大臣は、国は何も負担とは思わなかった、バッキンガム宮殿での家族の家 - メイドに付与します彼女の賃金引き上げの代わりに、次の増強宮殿の国内部門でレンダリング彼女のサービスのための「銀色は、ほうきは、適切sweepant」。
    "Abatements" are casual marks attached to coat armour, and denote some dishonourable action of the bearer.
    「減額」のカジュアルマークがコートの鎧に取り付けられ、ベアラのいくつかの不名誉な行為を意味しています。
    Monarchs in the olden time, like their modern successors, had occasionally bad knights, and when that was the case the Heralds stepped in and did their best to abate them. As a rule, before abating a disreputable warrior, sovereigns not unfrequently cut off his head, and stuck it up on Temple Bar, or some other prominent public edifice, thus placing him at the head of the pole in a way that was certainly not the result of his own election. As a public ornament, these heads were scarcely successes--but after all we ought not to throw stones at our ancestors for their want of taste. Have we not our public statues?
    君主は昔の時間で、その現代的な後継者のように、時には悪い騎士があったが、それがそうだった時を告げるには、段付き、それらを和らげるために自分のベストを尽くしました。原則として、いかがわしい戦士を和らげる前に、君主はunfrequently彼の頭を切り落としていない、したがって、確かになかった方法で、ポールの先頭に彼を置く、テンプルバー、または他のいくつかの著名な公共建物の上に立ち往生自分の選挙の結果。しかし、我々は味の彼らの希望のために私たちの先祖に石を投げるべきではない、すべての後に - 公共の飾りのように、これらのヘッドはほとんど成功しませんでした。私たちは公共の彫像ないことがありますか?
    Abatements are of two sorts--"diminution, or reversing." Diminution is the blemishing some particular point of the shield by the tinctures, "sanguine," or "tenne," which we have mentioned in Chapter V., and which are regarded as stains. Reversing is when some cognizance on the shield is turned backward, or upside down. So Sneaker, caught in the act of annexing the pockethandkerchief of Pumpkinson, churchwarden, ratepayer, and porkbutcher,--a big man and strong' in the arms,--would, should Pumpkinson take the law into his own hands, receive an abatement of his joy at the robbery, in the shape of the following heraldic diminution, "on a field (or face) argent, a nose sanguine." Or he might be seized by the irate Pumpkinson, and be turned backward to the police station--which would be reversing S.'s intention, which did certainly not tend to such a goal or gaol.
    減額は2種類のものである - 「減少、または逆転します。」減少は、我々が汚れとみなされる章Vに言及し、かついるチンキ、「楽観的」または「テンネ、 "によってシールドのいくつかの特定のポイントをキズつくのです。シールド上のいくつかの認識が後方になっ、または上下逆さまにされたときに逆転があります。だからスニーカー、Pumpkinson、教区委員、地方税を納付する人、およびporkbutcherのpockethandkerchief、併合の行為に巻き込ま - 腕の中で大きな男と強い 'を、 - 、除害を受け、彼自身の手に法律を取るPumpkinsonべきだろう「銀色、鼻楽観的なフィールド(または面)に。 "、次紋章減少の形で、強盗で彼の喜びのそれとも彼は激怒Pumpkinsonによって押収されるかもしれないし、警察署に後方に回すこと - S.の意思を逆転させることになる、確かにそのような目標や刑務所に傾向はなかったです。
    Now let us have no more differences--though we trust nobody has lost his temper over them, unless, indeed, the temper was a bad one, in which case we hope he has.
    今、私たちはこれ以上の違いがありませんしましょう-私たちは、確かに、気性は、我々は彼が持っている願っています、その場合には悪いものであった場合を除き誰もが、彼らの上に彼の気性を失っていない信頼が。


VIII

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)