HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

VII

CHAPTER VII.
OF LINES.
第七章 分割線
HE next members of the Heraldic family we shall present to our readers are Lines. They are not many in number; and as they are very easy to remember, we will go at them with a will.
我々は読者に提示しなければならない紋章家族の次のメンバーが行です。彼らは数が多くありません。彼らは覚えが非常に簡単であるためと、私たちは意志でそれらに行きます。
    Lines are used to divide the shield into two or more parts, and, like mothers-in-law in families, they bring about their divisions in different ways.
    母親の義理の家族では、それらはさまざまな方法でそれらの分裂をもたらすような線は、2つ以上の部分にシールドを分割するために使用され、。
    1. First of all there is the "Party per Pale," which has not, as might be expected, any connection either with a housemaid, a whitewasher, or a milkman, all of whom are necessarily parties with pails, but is simply a straight line drawn through the shield from top to bottom.
    1.まずが、必ずしもバケツを持つ当事者であるすべての人の期待されるように、ではない持っている「ペールあたりパーティー、 "、メイド、whitewasher、または牛乳屋との任意の接続のいずれかを、ですが、単純です上から下にシールドを通って引かれた直線。
    2. "Party per Fess," a horizontal line across the shield.
    2.「フェスあたりパーティー、「シールドを横切る水平線。
    3. "Parted per Bend," a diagonal line from right to left. This naturally reminds us of bowing to a departing acquaintance; while the next (4), "Parted per Bend Sinister," a diagonal line from left to right, carries with it the same idea, as performed by a lawyer to a client against whom he is about to issue an immediate writ of execution for costs.
    3.右から左に対角線を」、ベンドあたりPartedは」。これは自然に外れる知人にお辞儀を思い出させてくれる。一方、次の(4)、左から右に対角線、「ベンドシニスター、あたりPartedは「それを運ぶ同じ考え、彼は実行の即時令状を発行しようとしている人に対して、クライアントに弁護士によって実行されますコスト。
    5. When the field is divided into four equal portions it is said to be quartered (traitors in olden times were served in a similar fashion and distributed as public ornaments, but we don't do that now, we have our public statues), but when by diagonal lines (6) forming a kind of St. Andrew's cross, it is said to be "parted by Saltire."
    フィールドは、四分割されていると言われている4つの等しい部分(裏切り者が昔に同様の方法で提供していますし、公共の装飾品として配布するが、我々は今、我々は公共の彫像を持っていることはいたしません)に分割されている5、しかし時(6)セントアンドリューズクロスのようなものを形成する斜線で、「斜め十字によって別れ。」と言われます
    These divisions were made in order that several people's arms might be put in the same coat--an uncomfortable, not to say impossible arrangement, when applied to the garments of every-day life, but which Heralds made nothing of.
    日常生活の衣服に適用不可能配置、と言うことではない、不快な、しかし、その使者は、何も行われません - これらの部門は、数人の腕が同じコートに置かれるかもしれないようにするために行われました。
    Besides the foregoing lines there are eight other varieties, exclusive of clothes lines, railway lines,--which latter sometimes prove imposition lines when they pay no dividend,--lines of argument, lines of defence, poetical lines, military lines, and hard lines.
    引数、防衛のライン、詩的なライン、軍事ラインのライン、およびハード - 彼らは何の配当金を支払う必要はありませんときに時々面付けラインを証明後者 - 前述のラインのほかに物干しの排他8他の品種、鉄道路線があり、ライン。
    1. The "invected," which consists of a series of semicircles turned downwards, and gives us the idea of a row of college puddings as purveyed at eating houses "a la slap dang."
    1.半円のシリーズから成る "、半円形の波形のは、「下向きになって、家を食べることでpurveyedとして私たちの大学のプディングの行のアイデアを提供し、「ラ・スラップ一顧を。」
    2. The "engrailed," college puddings turned upside down.
    2.「エングレイルド、「大学のプディングは、上下逆さまになりました。
    3. The "wavy." Persons with very fertile imaginations can fancy this resembles the waves of the sea--we don't.
    3.「波状」。これは、海の波に似ている派手なことができる非常に肥沃な想像力を持つ人 - は行っておりません。
    4. The "nebuly." As this line derives its name from the Latin nebula, a cloud, we suppose it is so called from its fancied resemblance to one; all we can say is, that the likeness is simply missed.
    4.「nebuly。」この行がラテン星雲、クラウドからその名の由来として、我々はそれがそのように1への架空の似ていることから呼ばれていると仮定します。私たちが言うことができるすべては、肖像は、単に逃していること、です。
    5. The "embattled," which represents battlements of a castle, and was probably borne by knights, who to battle meant to go.
    5.城の胸壁を表す「四面楚歌」、そしておそらく行くことを意味戦うために騎士、が負担しました。
    6. The "raguly." This line is supposed, though we don't know who by, to look like the trunk of a tree with the branches cut short off--an arrangement which would do much towards facilitating an ascent; and this leads us to conclude that it denoted impecuniosity, or being up a tree. For our own part, we should rather liken it to the "embattled" in liquor.
    6.「raguly。」この行は、私たちがすることにより、支店を持つ木の幹のように見えるためには、ショートを遮断か分からないが、想定される - 上昇を促進に向けて多くのだろう配置。これは、それは窮乏を付し、またはツリーアップされるという結論に私たちをリード。私たち自身の部分については、我々はむしろ酒に「四面楚歌」に例えるべきです。
    7. The "indented." Here we have the teeth of a saw, a cutting allusion for which we confess ourselves unable to find a solution.
    7.「インデント」。ここでは、我々は解決策を見つけることができない自分自身を告白するための切削ほのめかしをのこぎりの歯を持っています。
    8. The "dancetty." The saw teeth again only blunted, and but three of them.
    8.「dancetty。」のこぎりの歯が再びのみ平滑化し、そしてそれらの3。
    Which brings us to the end of the Lines, or perhaps it would be more correct to say to the Terminus; but they differ from those of a railway, inasmuch as there are no accidents upon them.
    どの行の最後に私たちをもたらし、またはおそらく末端に言って、より正しいだろう。しかし、彼らは彼らに何ら事故がない限りとして、鉄道のものとは異なります。
    To change the subject we will now have a few differences, not of opinion, but of Blazonry.
    件名を変更するには、我々は今が、紋章のではなく、意見のいくつかの相違点を、持っています。


VII

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)