HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

VI

CHAPTER VI.
OF FURS, &c.
第六章 毛皮模様
FTER the Heraldic Tinctures come Furs, though why, except on the principle that tinctures are generally taken cold without, whereas furs, on the other hand, are generally warm within, we are unable to say. Furs are, therefore, to be found in Heraldry as well as Hudson's Bay, though it is a mistake to imagine that the beaver of the ancient knights had anything to do with them, as that was a part of the helmet or casque, so called from the various tappings it received, and to make a very obvious, though atrocious, pun, it was fur otherwise.
紋章チンキ剤は毛皮を来た後、なぜかかわらず、チンキ剤は、一般的にすることなく、冷たい取られるという原則を除いて、毛皮のに対し、他の一方で、私たちが言うことができない、内の一般暖かいです。それは、いわゆる、ヘルメットやカスクの一部であったとして古代騎士のビーバーは、それらを行うには何も持っていたことを想像することは間違いですが毛皮は、紋章学だけでなく、ハドソン湾で発見されるように、したがって、ありますそれが受信した各種タッピングから、と非常に明白な、凶悪しかし、しゃれを作るために、それ以外の毛皮でした。
    Furs may be divided into two kinds, "ermine" and "vair," the latter as a Scotch Herald, Sir George Mackenzie pertinently observes, "being vairy different from the former." These again, probably, on the principle that you cannot have too much of a good thing, are further subdivided, reminding us somewhat of an Irishman's farm before the landlord and the other encumbrances have been shot off the premises.
    毛皮は2種類、「アーミン」と「ベア、「スコッチヘラルド、サー・ジョージ・マッケンジーが適切に観察し、後者に分割することができる "旧異なるvairyています。」これらは再び、おそらく、あなたは良いことのあまりを持つことができないという原則に、さらに家主前に多少アイルランド人の農場を思い出させ、細分化され、他の係累は、施設をオフに撮影されました。
    Ermine, heraldically described, is drawn on a "field argent, sable," or black on a silver ground, and consists of three black spots and tails to match, though who the inventor, or we should say author, of these tails may have been, is unknown; but the probability is, he was a bit of a wag, as the device bears as much resemblance to a real ermine as does a pair of boots to a methodist hymn. Each row of spots is called a "timber," but our readers would be a deal bored ere we should succeed in explaining how the name arose. The tails are denominated "muschetors," although the folly of eating mush, whatever it may be--and it don't sound nice--with a tail, is an absurdity that could only exist in Heraldry.
    オコジョは、heraldically説明し、 "、、クロテンフィールド銀色」または銀地面に黒の上に描かれた、と本発明者は、あるいは我々は著者が、これらの尾の有することができると言うべき人が、一致するように3黒点と尾で構成されていますき、不明です。しかし確率はメソジスト賛美歌にブーツのペアがそうであるように、デバイスが本当のオコジョに限り似ているように、彼は、WAGのビットだった、です。スポットの各行は、「木材」と呼ばれているが、我々の読者は、我々は名前が起こったかを説明することに成功しなければならない契約退屈EREであろう。テールがドロドロを食べることの愚かさものの建ての「muschetors」である、それが何であれ - 、それは素敵な音はありません - 尾で、唯一の紋章に存在する可能性不条理です。
    Ermine is a fur of great dignity, and only borne in the arms of royalty and nobility; from which we may infer that, should a commoner happen to catch an ermine running loose about Regent's Park, he must at once put it in his pocket, as he would not be of sufficient rank to bear it in his arms. By some writers the ermine is considered to be an emblem of purity, as it is said to prefer death to soiling its fur: all we can say on the subject, is, more fool the ermine; but the story, like the animal, to use the language of an ancient writer, "won't wash," and so we will leave this "ridiculus mus armenius" beneath the mountains of lies which old chroniclers have laid upon it.
    オコジョは偉大な尊厳の毛皮で、唯一の王族や貴族の腕の中で運ばれます。平民はリージェンツパークから約緩い実行オコジョをキャッチするために起こるはず、私たちは、それを推測することがあり、そこから彼は彼の腕の中でそれを負担するのに十分なランクのではないであろうとして、彼は一度、彼のポケットに入れなければなりません。すべての私たちが被写体に言うことができる、より多くのアーミンを欺くされ、;:それはその毛皮を汚すに死を好むと言われているように、いくつかの作家オコジョは、純度のエンブレムであると考えられていますしかし物語は、動物のように、古代の作家の言語を使用するように、「、洗浄しないだろう」と私たちは古い年代記は、その上に置いてきた嘘の山々の下に、この「ridiculus MUSのarmenius」を残します。
    Next comes the Variations, 1. "Ermines," which are precisely the same as ermine, only different, for the field is sable and the spots and tails argent. 2. "Erminois," our old friend spots and tails again; but this time they appear in black upon a field or, or a gold field, where, however, there are no diggings. 3. "Pean," spots and tails in gold, on a sable field. 4. "Ermenites," the same as the original ermine, only with one black and two red tails. This ought to be used by literary aspirants, who could thus boast of possessing two read tales.
    次のバリエーションが来る、正確アーミンと同じです。1.「Ermines」は、異なるだけで、フィールドのはクロテンとシミや尾銀色です。 2.「Erminois、「再び私たちの古い友人スポットや尾。今回は、彼らは、しかし、何の採掘が存在しないフィールドや、あるいは金のフィールド、上に黒で表示されます。クロテンフィールド上の金3.「ペアン、「スポットと尾、。 4.「Ermenites、「ブラックのみ1と2つの赤い尾を持つ、元のアーミンと同じ。これにより所持の自慢2は、物語を読むことができる文学志望で使用されるべきです。
    The second kind of fur "Vair," is represented by small skins in the shape of cups, and usually in six rows. Placing the cups in connexion with rows argues great knowledge of human nature, and shows that the Heralds were, after all, not such fools as they looked, whatever ribald jesters may think of their appearance now-a-days when, discarding the coat and waistcoat of private life, they burst upon the astonished gaze of the public as Y-e Herald of Y-e Olden Times.
    毛皮の第二種「ベアは、「カップの形状で、通常は6行に小さなスキンで表されます。コートを廃棄するとき、彼らは今--日下品な道化師は、その外観を考えることができるものは何でも、見えたとして行のかかわりにカップを置くことはないような愚か者、結局、人間の自然の偉大な知識を主張している、と告げるがあったことを示しており、私生活のチョッキ、彼らはあなたがた昔のイェ・ヘラルドなどの公共のびっくり視線時に破裂しました。
    To return, whoever, to our cups. They were depicted "on a field argent, azure." Some etymologists, from the skin rather resembling a wine glass, derive the word "vair" from the French "verre," but this glass throws a reflection upon our common sense if we place any credence in it; and we are, therefore, obliged to put our foot down on it at once. The word, however, is probably derived from the Latin "varius;" nevertheless, should any of our readers be discontented with this derivation, as we have no desire to restrict their choice, they can suit themselves with any other they like to discover.
    私たちのカップに、誰でも、戻ります。これらは、「フィールド銀色、紺碧に。「描かれましたむしろワイングラスに似た皮膚から一部etymologistsは、「ヴェール」、フランス語から単語「ベア」を導き出すが、我々はそれに任意の信用を置く場合には、このガラスは、私たちの常識時の反射をスローします。我々は、したがって、一度その上に私たちの足を下に置くことが義務付けられています。言葉は、しかし、おそらくラテン語から派生した「バリウス; "それにもかかわらず、読者のいずれかが、我々は彼らの選択を制限する欲求を持っていないとして、彼らが発見したい、他のと自分自身に合うことができ、この導出に不満をする必要があります。
    Vair has two variations; 1. "Vair en Point," when the cups are placed downwards, instead of topsyturvy, as in vair; and 2, "Counter Vair," which is not connected with either prize-fighting or shopkeeping, but is, when the cups are placed base to base, a kind of double base, concerted by the band of Heralds.
    ベアは、2つのバリエーションがあります。 1.「ベアアン・ポイント、「カップはベアのように、代わりにカオスの下方に配置されています。そして、賞品戦いまたはshopkeepingのいずれかに接続されていますが、カップは、使者のバンドによって協奏二重塩基の種類を、ベースにベースを置いているとき、あるされていない2、「カウンターベア、 "。
    In addition to the foregoing furs, there is another, which, though classed among them, has, properly, no right to occupy that position ; in fact, it is a species of Heraldic duckling, which has intruded itself into the fur chicken's nest. The plan upon which the inventors seem to have worked was this : when a new cognizance was discovered strikingly different from anything else that had appeared, not knowing where to place it, they put it at once among that class to which it bore the least resemblance. On no other principle can we account for the "Potent," as this cognizance is called, being among the furs.
    前述の毛皮に加えて、それらの間で分類もののれ、別のは、その位置を占有する権利は、適切に、存在していません。実際には、それは毛皮の鶏の巣に自分自身を侵入した紋章アヒルの子、の種です。新しい認識がそれを配置する場所を知らない、出演していた何か他のものと著しく異なる発見されたとき、彼らはそれが最も似ていたために、そのクラスの中で、一度にそれを置く:発明者が働いているように見えるその上に計画は、このでした。いいえ、他の原理に基づいて、私たちは毛皮の中であること、この認識が呼ばれるような「強力」を考慮することができます。
    In appearance the Potent resembles a gallows to accommodate not more than two. Should the professional Jack Ketch apply to the Heralds' College for a coat of arms, this would, doubtless, occupy a prominent position on his shield.
    外観では強力ではない3つ以上を収容するために絞首台に似ています。プロのジャック・ケッチは紋章のための紋章院には適用されなければならない、これは、間違いなく、彼の盾上の目立つ位置を占めることになります。
    Potent is also the name for a crutch, to which this fur has a resemblance, on account of the power it bestows on its possessor, though whether to help him along, or to knock down enemies on the way, we are unable to state with any certainty--probably a little of each.
    強力なもに沿って彼を助けるために、または途中で敵をノックダウンするかどうかかかわらず、この毛皮が、それはその所有者に授ける電源の都合上、類似していた松葉杖の名前、である、私たちはと述べることができません任意の確実性 - 各おそらく少し。
    A variety of the Potent is the "Counter-Potence;" but as this is merely turning every other row of the gibbets upside down, we shall not keep our readers any longer in suspense on this gallows. Potents may be depicted of any two colours.
    強力な様々な「カウンター潜在能力; "でありますこれは単に逆さまgibbetsの他のすべての行を回っているとしてではなく、我々はこの絞首台にサスペンスにもはや読者を維持してはなりません。 Potentsは、任意の2つの色で示されてもよいです。
    How furs came to be introduced into Heraldic cognizances, is, like many other things, very simple when you know all about it. First of all, they were used to line mantles, and had inside places; but afterwards, probably in hot weather, they were worn outside, and were at once snapped up by the Heralds as the "latest novelty in coats;" from which circumstance irreverent mockers of the science might be led to infer that, after all, Heralds were only tailors in an exclusive way of business, and a gaudy turn of mind, since they were always willing to make or find a coat, provided their own pockets were first well lined.
    毛皮は紋章cognizancesに導入されるようになりましたどのようにあなたはそれについてのすべてを知っているとき、他の多くのもののように、非常に簡単です。まず第一に、それらはマントルを整列するために使用され、内部の場所を有していました。しかし、その後、おそらく暑さで、彼らは外に着用し、かつてのような布告によって飛びつかであった「コートの最新ノベルティ; "科学の不遜なあざける者はそれを推測するために導かれるかもしれない状況から、すべての後に、告げるが、彼らは常にコートを作るか、または見つけることが喜んでいたので、ビジネスの排他的な方法でのみテーラー、と心の派手なターンだった彼らを提供自分のポケットは最初によく並んでいました。


VI

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)