HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

V

CHAPTER V.
CONCERNING TINCTURES.
第五章 紋章の色
IRST and foremost of the Heraldic decorations to be considered are the Tinctures or colours used in the blazon, or, as some frivolous writers term it, the blaze on the Shield or Escutcheon. Their number is nine: so that our readers may easily remember them by thinking of the days of the week and adding two to the total amount: but persons with strong memories have of course no need to resort to this weekly contrivance.
まず第一に考慮されるべき紋章の装飾のは、チンキ剤や色紋章で使用、または、いくつかの軽薄な作家の用語それとして、シールドや盾に炎です。その数は9である:読者は、簡単に曜日を考えて、合計金額に2を加えることによって、それらを覚えてできるように:しかし、強力な思い出のある人はもちろん、この毎週の工夫に頼る必要がありません。
    First comes "Or," or gold, and as gold may be said to hold the first place in all human affairs, we are not suprised to find it occupying a similar position in Heraldry.
    まず "または、"または金が来て、金がすべての人事で1位を保持すると言うことができるように、我々はそれが紋章で同様の位置を占め見つけるために驚いていません。
    Next comes "Argent," or silver: this is but natural, as every one would of course place silver after gold, and in fact when changing the first we generally obtain the second.
    次に「アージェント、「来るまたは銀:一人一人がコースの場所の銀の金の後、実際に最初の我々は、一般的に第二の入手変更する場合と同様に、これは、自然に過ぎません。
    Thirdly we have "Gules," or red. From this tincture originated the term "Oh, Gules," or "Goles"--afterwards corrupted into the phrase "Oh, Golly!" This was first used by a knight of Heraldic proclivities on discovering that his nose was bleeding after the visitation of a mace upon that expressive feature. The terseness and general applicability of the phrase was at once recognised, and it was handed down to posterity.
    第三に、我々は「ギュールズ」、または赤を持っています。このチンキは、用語「ああ、ギュールズ、 "または" Goles」を起源から - その後フレーズに壊れて "ああ、へー!」これは、最初に彼の鼻はその表情特徴の際にメイスの面会後の出血していることを発見に紋章性癖の騎士で使用されていました。フレーズの簡潔さと一般的な適用は、一度に認識し、それが後世に受け継がれました。
    Fourthly comes "Azure," or blue; which, though often met with on an escutcheon, is also sometimes to be found on the human countenance; as, for instance, when a man comes home at 2 a.m. and after dismissing his cab finds his latch-key lost and the household gone to bed.
    第四に、「アズール」、または青付属しています。これは、多くの場合、エスカッション上に会ったのに、また時には人間の表情に発見されます。例えば、ときに男は午前2時で帰宅すると、彼のタクシーを閉じた後、彼の失われたラッチキーとベッドに行って家庭を見つけました。
    Fifthly, "Sable," or black. This colour is to be recommended for the armorial bearings of abolitionists, and all those gentlemen who go in for the Am-I-not-a-man-and-a-brother business. Eyes, both artificial and natural, of the same colour are also not unfrequent. For choice we prefer the latter.
    第五に、「セーブル」、または黒。この色は、奴隷制度廃止論者の紋章ベアリング、およびAM-I-ない-マン・アンド・兄弟のビジネスのために行くすべてのそれらの紳士のために推奨されるべきです。同じ色の、人工と自然の両方の目が、またunfrequentではありません。選択のために我々は後者を好みます。
    Sixthly, "Vert," or green. This colour is very prevalent in humanity generally, especially when young and inexperienced.
    第六に、「ヴェール」、または緑。この色は、一般的に若く、経験の浅い場合は特に人間で非常に流行しています。
    Seventhly, "Purpur," or purple, which we should say belongs rather to feline than human heraldry, as cats must naturally be best acquainted with purr-purr.
    猫は自然に最高のゴロゴロ、ゴロゴロと知り合いれなければならないように第七に、私たちが言うべき「Purpur、」または紫色は、人間の紋章よりもネコではなく属しています。
    Eighthly, "Tenne," or orange, a colour reminding us more of dessert than of the dry study of Heraldry, though we hope to find some juice in it.
    第八に、「テンネ、」またはオレンジ、我々はそれにいくつかのジュースを見つけることを願っていますが、私たちの紋章の乾燥研究のよりデザートの多くを思い出させる色。
    Lastly comes "Sanguine," or murrey, and this naturally brings us to ourselves, always sanguine of success and uncommonly murrey.
    最後に「楽観的」、またはマレーが来て、これは当然、常に、自分自身に成功し、稀マレーの楽観的な私たちをもたらします。
    These last two colours were generally held to denote dishonour, and were therefore never used voluntarily by knights, so that where we now should expel a man from his club, or ceremoniously kick him downstairs, the mediaeval gentry dabbed a daub of "Tenne" or "Sanguine," upon his shield, which answered the purpose equally well, and made him socially uncomfortable.
    これらの最後の2色は、一般的に不名誉を示すために開催されたので、騎士によって自主的に使用されなかった、私たちは今、彼のクラブから人を追放すべきである、または盛大階下彼を蹴る場所となるよう、中世の貴族は「テンネ」の塗りつけるを軽くたたいたり同様にうまく目的に答えて、彼は社会的に不快に作られた盾の際に「楽観的」、。
    As, however, the Family Herald (his services as a rule cost the employer of them a pretty penny) when called upon suddenly to provide or blazon arms did not happen always to have a portable paint-box in the pocket of his tabard, it occurred to some original mind that it would not be a bad idea to depict the most frequently used colours in black and white.
    しかし、家族ヘラルド(原則として彼のサービスは彼らの雇用者にかなりの費用がかかる)を提供するために、突然呼びかけや紋章腕が彼の陣羽織のポケットに携帯用のペイントボックスを持っていることは必ずしも実現しなかった、それ黒と白で最も頻繁に使用される色を示しているのは悪い考えではないだろうといくつかのオリジナルの心に起こりました。
    The idea once started was instantly run to earth, or rather to the groundwork of the shield, and resulted in the following ingenious devices.
    アイデアは、一度即座に地球に実行された開始、またはむしろシールドの土台にし、次の独創的なデバイスをもたらしました。
    Considering the wild imagining of our Author in illustrating the Heraldic Tinctures, as reproduced in black and white, we think the least we can do for the sake of our readers is to explain them in verse. Cockneys may say that the lines are verse than useless--but then, cockneys will say anything. So here goes with--
    黒と白で再現として、紋章チンキを説明する中での著者の野生の想像を考慮すると、我々は我々の読者のために行うことができます少なくともが詩でそれらを説明することであると思います。 Cockneysは線が役に立たないよりも詩であることを言うかもしれない - しかし、その後、cockneysは何も言われます。だからここwith--行きます
THE TINCTURES.
OR, the first of the Tinctures, you'll own has its charms
None the less that it's used for the Lombardy Arms,
Where an uncle resides, who will tell you full soon,
The value in ARGENT of each silver spoon.
If 'Electro,' your relative won't "see his way"
To assist impecunious need; and he'll say,
With looks quite as SABLE, as black as your hat,
"I'm not to be got at that way, and that's flat!"
Then over the way is a hostel whose sign
Is the Grapes, PURPURE, wreathed with the VERT leaves of vine:
Will you kindly observe the old gent in the cut,
His nose blazoned GULES, and his necktie is put
In a colour called AZURE, the hue of the sky;
And his waistcoat is TENNE, his coat is called MURREY,
Now don't forget notions like these in a hurry.
  チンキ剤。                                                                    
  OR、あなたが所有しますチンキ剤の第一は、その魅力を持っています                
  それはロンバルディアの腕のために使われていることをあまりなし、                
  叔父が存在する場合には、誰が、フルすぐに教えてくれます                        
  各銀のスプーンのARGENTの値。                                                  
  「エレクトロ、「あなたの相対的」とは、彼の方法を参照してください」ではないだろう
  無一文の必要性を支援するために、そして、彼は言いますよ、                      
  かなりSABLEとしてルックスと、あなたの帽子のような黒として、                   
  "私はそのようになったことがないようだし、それはフラットです!」               
  その後、道の上にその兆候ホステルです                                          
  つるのVERT葉で取り巻かブドウ、紫色、次のとおりです。                          
  あなたは親切にカットで古い紳士を観察します、                                  
  彼の鼻はギュールズをblazoned、彼のネクタイを入れて                            
  AZUREと呼ばれる色で、空の色合い。                                             
  そして、彼のチョッキは、テンネ、彼のコートがマレーと呼ばれています            
  今、急いでこのような概念を忘れないでください。                                
    Besides these tinctures there are others, including the tinct-opii, or mother's blessing, much patronised by the late lamented Mr. Daffy to still the voice of childhood, when indulging in the luxury of a nice scream: but as we object to kid-napping of all kinds, and this particular sort especially, we shall pass it by, merely observing that it has no connection with the subject in hand, and we must therefore decline to mix it in our Heraldic retort.
    これらのチンキ剤のほかに多くの小児期後期の静止声氏ダフィーを嘆いに愛用着色した-としてopii、または母親の祝福を含む他のものは、そこにある、素敵な悲鳴の贅沢にふける時:私たちはkid-対象としてすべての種類の昼寝、およびこの特定のソートは特に、我々は単にそれが手に対象と接続されていないことを観察することによって、それに合格しなければならない、それゆえ我々は我々の紋章レトルトでそれをミックスすることを拒否しなければなりません。
    The metals and colours above mentioned are distinguished by some ancient Heralds by the names of the planets and precious stones, but modern Heralds plan it differently, and not only is the practice exploded, but the originators also have been considerably blown up.
    上述の金属と色が惑星や宝石の名前でいくつかの古代の使者によって区別されますが、現代の使者が異なることを計画し、実践が展開されますが、オリジネーターもかなり爆破されていないだけ。


V

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)