HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

IV

CHAPTER IV.
OF THE SHIELD, OR ESCUTCHEON,
第四章 盾とエスカッション(盾の形)
AVING detailed the different varieties of Arms, and how each may be acquired, we next come to consider the Shield, or Escutcheon. With it, however, we do not intend to cover our own deficiencies, but shall boldly proceed on our poaching expedition on the peculiar field of the Heralds' College, though in our own manner. The science may be strictly preserved by Garter, Ulster and Co.; still in these free-trade times, we hope to find some game in it.
武器の異なる品種を詳述し、そしてどのようにそれぞれ取得することができる、我々は次のシールド、または盾を考えるようになりました。それには、しかし、我々は我々自身の欠点をカバーするつもりはありませんが、私たち自身のようにしても大胆に、紋章院の独特のフィールド上に私たちの密猟遠征に進んでなければなりません。科学は厳密にガーター、アルスターとCoによって保存することができます;まだこれらの自由貿易時代に、我々はそれにいくつかのゲームを見つけることを願っています。
    Shields are of many kinds, both in and out of Heraldry. First, there is the shield proper, used by ancient warriors, and on which their Arms were blazoned, and which, while tasting the gaudia certaminis, or honey of fighting, they avoided getting too much of the whacks. Then there are the shields improper, such as the copy books which peccant schoolboys place under their jackets and unmentionables, prior to being taught that extremely practical, if free translation, of the first line of the Æneid, viz., "Arma virumque cano,"--arms and the man (or boy) I cane. On this improper shield, or rather on the skin beneath it, the blazon after the visitation is principally sable, gules, and azure. Again, when a wife sets down as "sundries" the sum spent out of the house money on a new dress, it may also be considered as a shield; also, perhaps, an improper one; and as we do not intend to have anything to do with what is improper, we will return to the first mentioned kind, and will no longer stand shivering on the edge of the shield, but at once jump boldly into its middle.
    シールズは、中と紋章の内外、多くの種類のものです。まず、古代の戦士によって使用される適切なシールドは、があり、その腕はblazoned、かつ、gaudiaのcertaminis、または戦いのハチミツを試食しながら、彼らはwhacksのあまりなって回避した上で。そして、このようなアエネイス、すなわちの最初の行の無料の翻訳、場合男子生徒は、その前非常に実用的な教えられていると、彼らのジャケットやunmentionables下に置く罪を犯すコピーブックなど、不適切なシールドがあります。「アルマvirumqueカノ、 「--armsと人間(または男の子)私の杖。このような不適切なシールドで、あるいはむしろその下の皮膚上で、訪問後の紋章は、主に、クロテンギュールズ、そして紺碧です。 「雑貨」合計は新しいドレスに家のお金の外に費やしたとしてもやはり、妻がダウンして設定した場合、それはまた、シールドとして考えることができます。また、おそらく、不適切な1。私たちは不適切であるものとは何かを持っているつもりはないように、我々は最初に述べたようなものに戻り、もはやシールドの端に震え立たないでしょうが、一度に、その中央に大胆にジャンプします。
    In Heraldic language the shield is the ground upon which the Coat of Arms is blazoned or painted, and on which the achievements of the owner were not only symbolically depicted couleur de rose, but also in all the colours of the rainbow as well.
    紋章言語ではシールドは紋章がblazonedまたは塗装し、その上に、所有者の業績が象徴的に示されているバラ色だけでなく、同様に虹のすべての色だけでなくでしたされた時に地面です。
    Originally, the devices were placed upon the buckler, but after a time finding that in battle, from the colours not being "warranted fast," they were very apt to get chipped off, or otherwise damaged, the knights had them painted on their banners instead; perhaps in the belief that a sight of the flag of their masters might have the effect of raising the flagging courage of their retainers, who in such moments became special retainers in their service.
    もともと、デバイスはバックラーの上に置かれたが、戦いで、色からされていないことを見つける時間の後に「速い保証、「彼らは欠け、または他の方法で損傷を受けることは非常にがちだった、騎士は自分のバナーにそれらを描いていました代わりに、おそらく、彼らの主人の旗の光景は、このような瞬間に彼らのサービスで特別なリテーナとなった彼らのリテーナの低迷勇気を上げる効果があるかもしれないという信念インチ
    Shields, like bonnets, were of various shapes; although, unlike modern bonnets, there was a good deal of them. In very ancient times they were shaped like a horse-shoe,--to typify, perhaps, the hammering they occasionally received,--or triangular. Sometimes, also, the shields were heptagonal, or with seven points. This shape must have been awkward to carry, as unless the bearer was very careful, the sharp points must have either run into his chin or penetrated his thigh, scarcely we should say an incentive to prowess on general principles.
    シールズは、ボンネットのように、様々な形状でした。にもかかわらず、現代のボンネットとは異なり、それらの良い取引がありました。非常に古代では、彼らは、馬蹄のような形をした - または三角形 - 、おそらく、彼らは時折、受信ハンマリングを類型化します。時には、また、シールドは七角形、または7点でした。ベアラは非常に慎重であった場合を除き、この形状は、ほとんど私たちが一般的な原則に関する腕前にインセンティブを言うべきではない、シャープなポイントはあごに実行したり、自分の太ももを貫通している必要があります、持ち運びに厄介されている必要があります。
    Mark Antony, the triumvir, had one of this pattern; but as at the battle of Actium he very decidedly lost the game, to say nothing of such a trifle as his own life, the seven points of his shield were certainly not in his favour on that occasion.
    マルクス・アントニウス、三執政官の一人は、このパターンのいずれかを持っていました。彼は非常に明らかに自分の命のようなささいなことはもちろん、ゲームを失ったアクティウムの戦いでとしてではなく、彼の盾の7点がそのときの彼の好意で確かにありませんでした。
    Coming down, however, to more modern times, we find that the shields of Knights-bannerets were square, while those of priests were oval, but as these soldiers of the church militant, with some few exceptions, set far too high a value on their holy hides to risk them in so perilous an amusement as fighting, it did not much matter what shape were their shields.
    下って来る、しかし、より多くの現代に、私たちは祭司のものは楕円形であった騎士-banneretsのシールドは、正方形であったことがわかりますが、教会の過激派のこれらの兵士として、いくつかの少数の例外を除いて、上に高すぎる値を設定します戦闘ほど危険な遊園地でそれらを危険にさらす彼らの神聖な皮、それははるかに問題盾何であったかを形状しませんでした。
    Ladies, again, whose principal weapon of defence, and also offence, were and are their tongues, and who consequently had no real use for shields, nevertheless were provided by the Heralds with those articles in a lozenge shape, recalling to uninitiated minds the jujube of domestic life with great reality.
    レディースは、再び、その主な防衛の武器、そしてまた犯罪であったと彼らの舌があり、その結果、シールドのための本当の使用を持っていた人、それにもかかわらず、初心者の心ナツメに呼び戻し、菱形状のものを記事に告げるによって提供されました偉大な現実と家庭生活の。
    It now remains to us to describe the Heraldic Shield, or Escutcheon, as received at the present day; and, here, we must apologize to our readers if, in order to make our subject intelligible, which is more than are all subjects of our gracious sovereign, especially after dining out, we sometimes light on ground so dry, that not even the most inveterate jester could moisten it with a single joke; but we will promise to go as swiftly over these arid plains as we possibly can; and, who knows, we may find a well of entertainment, out of which, however, we promise to throw no cold water over our disciples.
    現今で受信ように、それは今、紋章シールド、または盾を記述するために私たちに残っています。場合と、ここで、我々はそれさえもほとんどない、私たちの優雅な主権のすべての被験者は、特に外食した後、我々は時々地面に点灯し、とても乾燥しているよりも多くである、私たちの主題を分かりやすくするために、読者に謝罪しなければなりません根っからの道化師は、単一の冗談でそれを湿らことができ;しかし、我々は、おそらくできる限りこれらの乾燥平原の上など迅速に行くことを約束します。そして、知っている、我々は、しかし、私たちは弟子の上に何も冷たい水をスローしないことを約束、そのうちの、エンターテイメントの井戸を見つけることができます。
    Ladies and gentlemen! this is the Heraldic Shield. Observe the letters, which are literally the A B C of the science. Every one has its meaning, which is more than can be said of the letters of some people. A B C are the first we will meddle with, and these three are called "The Chief," but have no connexion either with Indian or Scottish chiefs. A is the dexter, or right chief; B is the precise middle chief, and C the sinister, or left chief. The last reminds one of an unpleasant Ojibbeway, with a taste for getting up in the middle of the night and scalping his sleeping friends. Every school-boy will tell us that D follows C in the alphabet, and so it does also in the shield. It is called the "Honour Point." Next comes E, and this is the "Fess Point;" observe, also, it is the exact centre of the shield, and therefore, even when nicely pointed, can only be pretty middling. Then we have F, which is called the "Nombril," or "Navel Point;" and, last of all, there is G H and I, the dexter, middle, and sinister base points.
    皆様!これは紋章の盾です。文字通り科学のA、B、Cである文字を、確認します。一人一人が何人かの人々の手紙の言うことができるよりも多くあり、その意味を、持っています。 B、C、我々が口を挟むます最初であり、これらの3つは「チーフ」と呼ばれるが、いずれかのインドやスコットランドの首長とのかかわりを持っていません。 Aはデクスター、または右のチーフです。 Bは、正確な中間のチーフであり、C不吉な、または左チーフ。最後は夜中に起床し、彼の睡眠の友人をスキャルピングのための味で、不快なOjibbewayのいずれかを思い出させます。すべての学校の少年は、Dは、アルファベットでCに従い、それはシールドでもないことを私たちに教えてくれます。それは、「名誉ポイント」と呼ばれています。次のEが来ると、これは「フェスポイント; "観察し、また、それはシールドの正確な中心であるため、うまく指摘した場合でも、唯一のかなりまあまあすることができます。 「へそポイント; "その後、我々は"盾型の下半分の中心点」、またはと呼ばれるFは、持っていますそして、すべての最後、G、H及びI、デクスター、中間、不吉な基準点があります。
    This concludes our description of the partition of the shield ; and we really don't see how we can say any more about it. However, having thus divided it, we shall now consider the style of articles to be placed upon it; their manners, customs, habitations, general style of appearance, failings, good qualities, and all the other distinct and wonderful peculiarities which characterise the Heraldic Escutcheon.
    これは、シールドのパーティションの私達の説明を終えます。そして私たちは本当に私たちはそれについてこれ以上言うことができるどのように表示されません。しかし、それを除した、我々は今、その上に配置される記事のスタイルを考慮しなければなりません。彼らの風俗、習慣、住居、外観、欠点、良い品質、及び紋章盾を特徴付ける他のすべての明確な、素晴らしい特殊性の一般的なスタイル。
    These are--but no--for further particulars, see next chapter.
    これらはありません - しかしない - さらに細目のために、次の章を参照してください。


IV

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)