HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

III

CHAPTER III.
CONCERNING ARMS.
第三章 紋章に関連する事がら
E will now enter upon the component parts of Heraldry, and first of all we must say a few words upon Arms generally. As we have already explained that Coats of Arms were originally invented to distinguish individuals in battle, or, to use a homely phrase, to know t'other from which, it stands to reason that like all other coats they are of various kinds, and while some may be regarded as a kind of heraldic witney, others are only light armorial tweeds.
私たちは今、紋章の構成部品上に入り、最初にすべての私たちは、一般的に武器の際にいくつかの単語を言わなければなりません。我々はすでに腕のコートは、もともと戦いで個人を区別するために、または、そこからt'otherを知るために、家庭的なフレーズを使用するように考案されました、それは彼らが様々な種類のものであり、他のすべてのコートのようなことを理にかなっていることを説明してきたように、といくつかは、紋章ウィットニーの一種と見なすことができる一方で、他のものは光だけ紋章ツイードです。
    The varieties of Arms are ten : there are, it is true, several other kinds, such as arms of precision, (vide Snider, Martini-Henry, Mauser, &c., passim,) of chairs, of the sea, and of the human article; but these are not included in the heraldic list. Their names are as follows:--Arms of Dominion, Pretension, Concession, Community, Patronage, Family, Alliance, Adoption, Succession and Assumption.
    椅子の、海の、とのような精度の武器として、それが事実であれば、他のいくつかの種類がある(見よスナイダー、マルティニ・ヘンリー銃、モーゼル、&cが、ここかしこに、。):腕の品種10です人間の記事;これらは紋章のリストには含まれません。次のように彼らの名は次のとおりです。 - ドミニオン、プリテンション、租界、コミュニティ、後援、家族、アライアンス、養子縁組、継承と仮定の武器。
    Arms of Dominion are those borne by sovereign princes and states, and are annexed to the empires and kingdoms they possess. Thus, if the proprietor of the Isle of Dogs were to throw off his allegiance to the Queen, and to raise the flag of independence in the hope of making it a paving stone on the road to freedom, the Arms of the new canine kingdom would be a perfect example of Arms of Dominion. Apropos of Arms of Dominion, we may mention that the Eagles borne in the national arms of Russia, Germany, and formerly of Poland, are said to have originated in the standards which the Germans took from the Roman General, Varus, A,D. 10. Like some other conquering heroes, Varus went forth to shear the Teutons, and got his own hair cut remarkably close in the process; so close in fact, that he left his Eagles behind him, and the Germans considering them far superior as standards to those they had in use, which were doubtless a good deal knocked about, adopted them. At the same time, the conquerors are said to have given one to each of their Sarmatian and Sclavonian allies, and hence the origin of the birds of prey in question.
    ドミニオンの腕は主権の君主や州が負担したものであり、彼らが持っている帝国と王国に併合されています。このように、犬の島の所有者があろう女王に彼の忠誠をオフにスローするように、その自由への道を舗装石作りの希望に独立の旗を上げるために、新しい犬の王国の武器であった場合ドミニオンの腕の完璧な例です。ドミニオンの腕のaproposのは、我々はロシア、ドイツの国民の腕の中で負担イーグルスは、および以前ポーランドの、ドイツ人がローマの一般的な、ウァルス、A、Dから取った基準に起源を持つと言われていることを挙げることができます。いくつかの他の征服の英雄のように10、ウァルスはチュートンを剪断するために出て行った、と彼自身の髪はプロセスに著しく近いカットしました。実際にはとても近く、彼は彼の後ろに彼のイーグルスを残し、そして確かに良い取引だった彼らが使用中であったたものに規格が、約ノックとしてドイツ人ははるかに優れたそれらを考慮すること、それらを採択しました。同時に、征服者は、そのサルマティアとSclavonian同盟国のそれぞれに1、従って問題の猛禽類の起源を与えていると言われています。
    Arms of Pretension may be regarded as a perfect instance of Heraldic impudence, which great kings, and little ones also when they get a chance, sometimes have the face to assume. These Arms are those of provinces, territories, or kingdoms, to which some claim is laid, and which the person so claiming adds to his own. That the territory in question may already have a man in possession, in the shape of a king or prince of its own, makes no difference, although of course he prevents, if he can, an execution for the claim being put in. These Arms can therefore only be borne by sovereigns and half-sovereigns; subjects, who represent human half-crowns, shillings, sixpences, and even smaller coin, are incapable of bearing them. For instance, if Bodgers of Brompton, who claims a seat on the half-past nine o'clock omnibus, finds a stranger in his place, his taking the arms of the intruder, except for the purpose of ejecting him, would not hold good in Heraldry.
    プリテンションのアームは、彼らはチャンスを得るときも、時には前提とする顔を持っている紋章厚かましさ、偉大な王、と小さなものの完全なインスタンスとみなすことができます。これらの武器は、地方、地域、または王国のものを、そのいくつかの主張が敷設されたのであり、どのように主張する人は彼自身に追加します。問題の領土はすでに王や、自身の王子の形状で所持の男を有していてもよいことを彼ができるならば、もちろん、彼は主張の実行が中に置かれる、防止するが、違いはありません。これらの武器をしたがって、唯一のソブリンおよび半君主が負担することができます。人間のハーフクラウン、シリング、sixpences、そしてさらに小さなコインを表す被験者は、それらを担持することができません。-九時半時のオムニバスに席を主張ブロンプトンのBodgersは、彼の代わりに見知らぬ人を発見した場合例えば、彼は彼を排出する目的を除いて、侵入者の腕を取って、良い保持していないだろう紋章インチ
    Arms of Concession are marks of honour for deeds done. They are generally small figures added to the sum total of the Coat of Arms. To illustrate this we will imagine that a favourite puppy of the Prince of Wales were to break his leg, and that the fracture were to be instantaneously reduced by a single application of Professor Swallerway's world-renowned ointment, it is probable that the same eminent mediciner would be allowed to assume a "duck quackant," or some other appropriate emblem of the esteem of his Royal Highness.
    租界の腕は行わ行為のための名誉のマークです。彼らは一般的に紋章の合計に追加小さなフィギュアです。これを説明するために、我々は、プリンス・オブ・ウェールズのお気に入りの子犬が彼の足を破るためにあったことを想像するだろう、と破壊が瞬時教授Swallerwayの世界的に有名な軟膏の単一のアプリケーションによって減少することがあったこと、それは可能性があると同じ著名なmediciner 「アヒルquackant」、または彼の殿下の自尊心のいくつかの他の適切なエンブレムとさせて頂くことになります。
    Arms of Community are those belonging to bishoprics, cities, universities, companies, and bodies corporate. Bodies incorporate are of course without Arms, so that Polytechnic ghosts, and the whole army of spirits called up by mediums, have no right to assume them.
    コミュニティの腕はbishoprics、都市、大学、企業、および機関の企業に属するものです。工科幽霊、および媒体によって呼び出さ霊の全軍は、それらを前提とする権利を持っていないように体が組み込まれて、武器なしもちろんです。
    Arms of Patronage are added by governors of provinces, lords of manors, patrons of benefices, and others, to their family Arms, as a token of their superiority, rights and jurisdiction. But this is not always the case. For instance, our own private Buttons, who is lord of several manners,--that towards ourselves, of whom he stands in awe; and that towards boys of his own size, or smaller, of whom he does not stand in fear,--would not on that account have the right to assume Arms of Patronage.
    パトロンのアームは、その優位性、権利と管轄のトークンとして、家族の腕に、地方の知事によって荘園、のbeneficesの常連客、そして他の人の領主を追加されます。しかし、これは必ずしもそうではありません。いくつかの方法、の領主である。例えば、私たち自身のプライベートボタン、 - その自分自身に向かって、彼は畏敬の念を抱いて立っている人の。そして彼自身のサイズの男の子、以下に向けて、そのうち彼は恐怖の中で立っていないこと、 - そのアカウントにパトロンの腕を前提とする権利を持っていないでしょう。
    Arms of Family, or Paternal Arms, are those which belong to one particular family, and are handed down from father to son with the hereditary acres and the paternal gout. These serve to distinguish the family from any other, and it is criminal for anyone, not of the family, to assume them. Thus, if Miss Jones goes out walking arm in arm with Mr. Smith, while Mrs. S. is down at Margate with the children, this assumption of arms is clearly illegal, as she, Miss J., does not, and cannot, while Mrs. S. is alive, belong to the family.
    家族の腕、または父親の腕には、一つの特定のファミリーに属し、および遺伝性エーカーと父方痛風と父から息子へと受け継がれているものです。これらは、他のファミリーを区別するのに役立つ、それはそれらを想定し、ない家族の、誰のための犯罪です。夫人S.は、子供たちとマーゲートでダウンしている間、彼女は、ミス・J.は、しない、とすることはできませんようにこのように、ミス・ジョーンズは、スミス氏と腕を組んで歩いて出て行けば、腕のこの仮定は、明らかに違法です夫人S.が生きている間、ファミリーに属します。
    Arms of Alliance are only acquired by marriage, and more especially when that interesting event takes place with an heiress. But as, now-a-days, girls with money are gradually becoming scarcer, and it is much feared by the Zoological Society and other learned bodies, will soon be as extinct as the Dodo, or the Megatherium, Arms of Alliance are now but seldom used.
    アライアンスのアームは、それだけで面白いイベントが相続人と起こる場合は特に結婚によって取得し、より多くされています。しかし、今--日、として、お金を持つ少女は次第に乏しくなってきている、それは多くの動物学会や他学ん団体が懸念され、すぐにドードー、またはメガテリウムのように絶滅するだろう、アライアンスの腕は今ですが、ほとんど使用されません。
    Arms of Adoption are those adopted by a stranger in blood, to fulfil the will of a testator. As a general rule, an estate accompanies this assumption, which may in fact be regarded as a golden lining to the coat the legatee is expected to put on.
    養子縁組の腕は、遺言者の意思を満たすために、血液中の見知らぬ人によって採用されたものです。一般的なルールとして、不動産は、実際には遺産受取人を置くことが期待されるコートに黄金のライニングとみなすことができるこの仮定を、付属しています。
    Arms of Succession are acquired on succeeding to estates, either by will, entail, or donation. The assumption of this kind of Arms applies, however, only to estates, and not to gifts generally ; so that if Brown bestows a punch on the head upon Robinson, the latter is not entitled to take the arms, although he may previously have assumed the fist of Brown.
    継承の腕は団地に続くの取得、いずれかの意志によって、必要とする、または寄付されます。腕のこの種の仮定は、一般的にのみ団地にはなく、贈り物に、しかし、適用されます。そうブラウンはロビンソンの際に頭にパンチを贈与する場合、後者は彼が以前にブラウンの拳を想定しているかもしれないが、武器を取る権利がないという。
    Last of all come Arms of Assumption, to which the assumers have no original title. These may only be assumed with the consent of the sovereign. Thus, the arms of a prisoner may be assumed by his captor: so that if Bill Sykes is caught making free with the plate basket of Joshua Toodles, vestryman and churchwarden, J. T. may, with the consent of Queen Victoria, take the jemmy of B. S. and transmit it to his heirs as the sign of the prowess he displayed in the defence of his spoons. Apropos of Arms of Assumption, assuming them in former times was rather a ticklish thing to do. This fact was brought home with great clearness to the Duke of Norfolk, and his son the Earl of Surrey, in the reign of Henry VIII. They assumed his arms, and he their heads. "Exchange is no robbery," said the monarch with a cheerful laugh, as he ordered their execution. But, somehow, the decapitated ones failed to appreciate the dry humour of the sovereign.
    すべての最後には、仮定の腕を来ているassumersには元のタイトルを持っていないこと。これらは、主権の同意を得て仮定してもよいです。このように、囚人の腕は彼の捕獲者が想定することができる:ビル・サイクスはジョシュアバイバイ、教区委員と教区委員のプレートバスケットを無料で作るキャッチされた場合、当社は、ビクトリア女王の同意を得て、BSの短いかなてこを取ることができるように、そして彼は彼のスプーンの防衛に表示された腕前の印として彼の相続人に送信します。昔でそれらを想定した仮定の腕、のaproposのではなく、行うにはくすぐったいことでした。この事実は、ヘンリー八世の治世で、ノーフォークの公爵、と彼の息子サリー伯に大きな鮮明と一緒に家に持って来られました。彼らは彼の腕を想定し、彼に頭。 「Exchangeがない強盗ではない、「陽気な笑いと君主は、彼がその実行を命じたとして、言いました。しかし、どういうわけか、断頭ものは主権のドライユーモアを理解することができませんでした。
    So very much depends upon the point of view from which jests are regarded, and Henry's jokes were not unfrequently of that exceedingly cutting nature--that the recipients, when, to add to their other misfortunes, they happened to be his wives, may be said to have quite lost their heads.
    だから、非常にjestsはみなされているから、視点に依存し、ヘンリーのジョークがunfrequentlyその極めて切削自然のではなかった - 受信者が、ときに、彼らの他の不幸に追加することを、彼らは彼の妻であることを起こっあってもよいですかなり頭を失ったと述べました。
    Thus much for ARMS.
    従って、ARMSのための多くの。


III

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)