HOME
Preface Introduction
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

II

CHAPTER II.
OF THE HERALDS.
第二章 ヘラルド(紋章官)
AVING seen how Heraldry arose, it behoves us, before we consider the Heraldic ollapodrida itself, to say a few words of the cooks who were the chief compounders of the mixture. These were the Heralds.
私たちは、混合物のチーフ配合した料理人のいくつかの単語を言うために、紋章ollapodrida自体を検討する前に、それは、私たちに不可欠な時代どのように紋章が生じ、見ました。これらは告げるました。
    The word Herald is said to be derived from two German words "Herr alt"--"Aged sir"--and originally they were veteran soldiers who, pensioners not being invented in those days, were appointed to carry messages, do odd jobs, and make themselves generally useful. In fact, if this explanation be true, they were prototypes of our modern commissionaires.
    奇妙な仕事を行い、もともと彼らはメッセージを運ぶために任命された、年金受給者は当時に発明されていない、ベテラン兵士だった - 「高齢者サー " - 単語ヘラルドは、二つのドイツ語の単語「君のALT」に由来すると言われていますそして、自体は、一般的に有用なものにします。この説明が真実であるならば、実際には、彼らは私たちの現代のcommissionairesのプロトタイプでした。
    Amongst the Greeks the Heralds' duties were even less dignified, for Homer describes Talthybius as filling up his spare time with a little plain cooking. Cooking in those days was exceedingly plain. Likewise they prepared the victim, human and otherwise, it was all one to those eminent heathens, for the religious sacrifices, doubtless consoling them by comforting observations such as "It's nothing when you're used to it"--"It won't hurt much"--or, "It will be all the same a hundred years hence," and similar verbal panacea so often applied by persons who do not suffer to those who do.
    ホーマーは少しプレーンな料理に余暇を埋めるようTalthybiusを説明するためのギリシャ人の中で告げる職務は、さらに少ない威厳ました。当時のクッキング極めて平野でした。同様に、彼らは、被害者を調製したヒトとそうでない場合、それは間違いなく、このような "あなたがそれに慣れているとき、それは何もない」などの観測を慰めてそれらを慰め、宗教的な犠牲のために、これらすべての著名な異教徒への1つだった - 「それはないだろうずっと傷つける」 - または、「それは、したがって、すべての同じ百年になるだろう "と同様の口頭万能薬ではそれほど頻繁に行う人には受けない者によって適用されます。
    Amongst the Romans the Heralds(Fetiales as they were called) had decidedly a better time of it, and had risen considerably in the world. They had a college, and were evidently as great creatures in their way as were their mediæval successors. Livy mentions them as officiating extensively in that celebrated prize-fight between the Horatii and Curiatii, B.C. 667 : though whether they held the sponges, or the bottles, or kept the crowd in order, seeing that the roughs in the back seats did not get into the front ones without paying, is not mentioned with that accuracy which the ardent student of the science could have desired.
    ローマ人への手紙の中で告げる(彼らは呼ばれていたとしてFetiales)は明らかにそれの良い時間を持っていて、世界でかなり上昇していました。彼らは大学を持っていたし、彼らの中世の後継者があったように彼らの方法で明らかのように偉大な生き物でした。リウィウスは、ホラティウス兄弟とCuriatii間の賞金の戦いを迎えたことで広く審判として紀元前にそれらに言及します667:彼らはスポンジ、またはボトルを開催、または後部座席でのラフが支払うことなく、フロントものに取得していないことを見て、順番に観客を保っかどうかが、その正確されるの熱烈な学生と言及されていません科学は希望している可能性があります。
    The Fetiales also declared war, which they did in a very fantastic manner. They proceeded to the hostile country wearing a wreath of wool on their heads, partly, probably, for warmth, as the nights might be cold and travelling slow, and partly as one of the insignia of their office. Having arrived at the frontier, the Herald cast a spear into the enemy's country, or, if he did not happen to have one about him, a staff dipped in blood and burnt at one end did just as well, and then everybody looked out for squalls, and the assurance offices of the period immediately raised their premiums on military lives to the doubly hazardous war risk elevation with a promptitude that charmed their most grasping shareholders.
    Fetialesはまた、彼らは非常に幻想的な方法で行った戦争を、宣言しました。彼らは、夜は寒さとスロー走行であるかもしれないとして、暖かさのために、部分的に、おそらく、彼らの頭の上にウールの花輪を身に着けている敵対国に進行し、自分のオフィスの記章の一部として、1。フロンティアに到着したが、ヘラルドは、敵の国に槍をキャスト、または、彼は彼について1を持って実現しなかった場合、スタッフが血液中に浸漬し、一方の端部に焼け同じようによくやった、その後、誰もがために外を見ましたスコール、および期間の保証オフィスはすぐに彼らの最も把握株主を魅了敏速で二重に危険な戦争のリスクの上昇に軍生活に保険料を引き上げました。
    To come down, however, to more modern ages : Richard II., who came to a mysterious but decidedly bad end in Pomfret Castle some time in the year A.D. 1400, first laid the foundation of the Heralds' College by giving the Earl Marshal power to preside in the Court of Chivalry, and to summon the Heralds to his assistance. Of course they came. They saw their opportunity, and jumped at the chance, and probably had what the Americans call "a real good time." They acted as barristers, though whether they took fees for attending cases and then never came near the place, because they had something better to do, is not stated. Such advanced manners and customs are not unlikely to be the products of our modern civilisation.
    降りてくるために、しかし、より近代します。リチャードII、西暦1400年にいくつかの時間の神秘的なしかしPomfretの城で明らかに悪い終わりに来て、最初のアール元帥の力を与えることによって、紋章院の基礎を築きました騎士道の裁判所で司会する、と彼の援助に使者を召喚します。もちろん、彼らが来ました。彼らは機会を見て、チャンスに飛びついた、そしておそらくアメリカ人が呼んでいた「本当の良い時間。 "彼らが行うには良いものを持っていたので、彼らは、彼らが例に出席するための手数料を取ったかどうかが、法廷を務め、その後、場所の近くに来たことはありません、記載しておりません。このような高度な風習は現代文明の産物である可能性が低いではありません。
    The first regular collegiate chapter of the Heralds was held in A.D. 1420, at Rouen, and after that they became a corporate body. Then Heraldry began to look up, and the Heralds finding how good a thing it was, made a very close borough of it indeed. They thoroughly appreciated the virtue of keeping a good thing in the family--and did so.
    使者の最初の正規の大学の章では、ルーアンで、西暦1420年に開催され、その後、彼らは法人となりました。その後、紋章は、ルックアップするために始めた、と告げるはそれがあった事は、確かにそれの非常に近い自治区を作ったどのように良い見つけます。彼らは徹底的に家族の中で良いことを維持するの美徳を感謝 - そしてそのようにしました。
    Many and various were their duties: they had to regulate armorial bearings, that is, to see that nobody took anybody else's arms--which sounds uncomfortable, or as if people, like the late Miss Biffin, were born without them--to marshal processions--a duty now relegated to the police; to superintend ceremonies--also performed now-a-days, more or less efficiently, by Sir Edmund Henderson's myrmidons; to see that trials by battle were conducted with a due regard to the comfort and convenience of the combatants; [N.B.--In those happy times no one ever gave the "office" to the authorities with the view of stopping a "merry mill;"] to arrange tournaments, those excessively violent sports where the knights were in the habit of killing one another just for the fun of the thing; and, finally, to bear messages of courtesy and defiance between royal personages and knights.
    多くのと様々なはその職務であった:彼らは誰もが誰か他の人の腕を取っていないことを確認するために、つまり、紋章ベアリングを調整しなければならなかった - 不快な音する、または人々が、後半ミスBiffinのように、それらなしで生まれたかのように - マーシャルに行進 - 今すぐ警察に追いやら義務。儀式を締め括るする - また、サー・エドモンド・ヘンダーソンのミュルミドンによって、多かれ少なかれ効率的に、今-日間行わ;戦闘によって試験が快適さと戦闘員の利便性に配慮して行われたことを確認します。トーナメント、騎士は殺し合いの習慣にあったものを過度に暴力的なスポーツを手配すること; - [ "メリーミル" NBは、それらの幸せな時間では誰も止めるの景色を当局に「オフィス」を与えませんでした]ちょうど事の楽しみのために。そして、最終的には、王室の人物と騎士の間の礼儀と反抗のメッセージを負担します。
    As this latter duty might under ordinary circumstances have proved a most awkward one, especially if the receiver of an unpleasant message happened to be of a choleric temperament, by common consent the persons of the Heralds were declared inviolable. This of course made matters comparatively comfortable for them, and they were thus enabled to deliver the rudest, not to say insulting, personal messages without any fear of the "Away-with-him-to-the-lowest dungeon-beneath-the-moat" answer being given to them, or even of being kicked.
    この後者の義務は、通常の状況下で最も厄介なものを証明しているかもしれませんが、不快なメッセージの受信側が怒った気質であることが起こった場合は特に、共通の同意によって使者の人が不可侵宣言されました。もちろん、これは彼らのために問題が比較的快適に作られた、彼らはこのように、任意の恐れなし侮辱的、個人的なメッセージを言うことではない、rudestを提供することを可能にした「アウェイ-と-彼ツー最低ダンジョン-の下に、ザ・堀「解答はそれらに、あるいは蹴られるので与えられます。
    The Heralds also recorded the valiant acts of those who were killed in, and those who survived great battles, and thus proved extremely valuable to persons whose trumpets wanted blowing.
    告げるはまた、殺された人たちの勇敢な行為を記録し、素晴らしい戦いを生き延びた人々、ひいてはそのトランペット吹きたかった人に非常に貴重な証明しました。
    Another duty of the Heralds was to shout "Largesse !" whenever they thought there was a chance of anybody giving them anything, which apparently corresponded to the modern custom which prevails with the small boys who run by the side of omnibuses, turning cart-wheels to incite the generosity of city gents to "chuck us down a copper." Not that the Heralds did either ground or lofty tumbling; that was always left to the regular fool, of which each family then, as now, had always one.
    使者のもう一つの義務は叫ぶことだった "気前の!」彼らは彼らに明らかにomnibusesの側が運営する小さな男の子に勝つ現代のカスタムに対応したものを、与える誰のチャンスは「私たちをダウンチャックに市の紳士の寛大さを扇動するために、カートホイールを回し、そこだと思ったときはいつでも銅。 "告げるは、地面や高尚なタンブリングのいずれかをしなかったこと。それは、常にそれぞれの家族はその後、今のように、常に1を持っていたの定期的な愚か者に残っていました。
    Besides these duties, they had the right of picking up the gold and silver chipped off the armour of the knights in tournaments, a perquisite of sterling value, considering that the combatants were oftentimes got up as regardless of expense as a spectacle piece at Drury Lane.
    これらの職務に加えて、彼らは戦闘員がしばしばドゥルーリーレーンでの眼鏡部品としてなどにかかわらず、費用の起き上がったことを考慮すると、金と銀はトーナメントで騎士の鎧を欠け拾うの権利、スターリング値の役得を持っていました。
    Also, the Heralds once in every generation, or at intervals of from twenty-five to forty years, had to make visitations or progresses through the country to see that nobody had been playing tricks with anybody's arms; when woe to the delinquent if discovered, pepper of the warmest description being provided by the Heralds for his especial delectation.
    また、告げるに一度の世代で、または二十から五40年の間隔で、参観をしなければならなかったか、誰が誰の腕を持つトリックをプレイしていなかったことを確認するために国を経て進行します。滞納への悲哀を発見した場合と、最も暖かい説明のペッパーは、彼の特別な楽しみのための布告者によって提供されています。
    In the provincial towns, the Heralds were ordered by the Earl Marshal's warrant to enquire into the pedigrees of all families claiming the honour of gentry, and to enter their names, titles, and places of abode in a book. This custom only commenced regularly in 1528, when the monks in England who had previously been the chief keepers of genealogical facts retired from business generally in consequence of events not altogether unconnected with Henry VIII., Anna Boleyn, Queen Catherine, Cardinal Wolsey, the Pope, Luther, the Reformation, and other circumstances of a similar nature. Then, in order to prevent genealogies, arms, titles &c., becoming irretrievably mixed, these visitations were ordered, and the Heralds were appointed the sorters of the period.
    地方都市では、使者は貴族の名誉を主張するすべての家族の家系を調査するために伯爵元帥の令状によって命じられた、と本の中で自分の名前、タイトル、および住まいの場所を入力します。このカスタムは、1528年に定期的に開始したときに、以前に一般ヘンリーVIII。、アン・ブーリン、女王キャサリン、枢機卿ウルジー、教皇と完全に未接続のない事象の結果として、ビジネスから引退系図事実の主任看守をしていたイギリスの修道士、ルター、宗教改革、および類似の性質の他の状況。そして、系図、腕、タイトル&Cを防ぐために、取り返しのつかないほど混合になって、これらの訪問を命じられた、と告げるが、期間のソーターを任命されました。
    Previously to the Reformation these progresses had now and then been made, and they were continued from the date above given until the reign of William and Mary. They were relinquished, however, in consequence of the large amount of envy, hatred, malice, and all uncharitableness they excited in the various counties visited; arms granted on these occasions being frequently found to be blazoned with bones of contention, and genealogical trees to produce apples of discord.
    これまでの改革にこれらの進歩は、今して行われていた、と彼らは、ウィリアムとメアリーの治世まで、与えられた上記の日から継続しました。彼らは嫉妬、憎しみ、悪意の大量の結果では、しかし、放棄された、各種郡内のすべてのuncharitableness彼らは興奮を訪問しました。これらの機会に付与されたアームが頻繁に不和のリンゴを生産するために、競合の骨、および家系木がblazonedすることが見出されています。
    And now we come to the Heralds' College, a building situated at the present day in Queen Victoria Street, which is (the college not the street) the head-quarters of Heraldry, and where the Duke of Norfolk, the Earl Marshal of England, is the grand lama of the science. After him, longo intervallo, come the Heralds, of whose manners, customs, rights, privileges and distinctions we will now discourse cheerfully but accurately.
    そして今、我々は紋章の頭四半期、どこノーフォーク公爵、イングランドの伯爵元帥、紋章院に(大学ではない通り)であるクイーン・ビクトリア・ストリートに現代に位置する建物を、来ます、科学の壮大ラマです。彼の後に、ロンゴのintervallo、使者を来る、その風俗、習慣、権利、特権と区別我々は今、元気談話が、正確になりますの。
    Of Heralds there are three kinds: first, there are the Kings at Arms, who may be called the big boys of the school, or Heralds' College, and who are very extensive persons indeed. In England Garter King of Arms holds the highest rank. He was created to attend upon the Knights of the Garter, and originally we may suppose he had to provide and see to the fit of the article from which he takes his name. The distinguishing colour of Garter is blue, a colour he invariably assumed when he caught anyone transgressing the rules of the college over which he presided.
    まず、キングスアームズであり、大きな学校の男の子、または告げる 'カレッジ、誰が確かに非常に豊富な者であると呼ばれることがあります布告者の3つの種類があります。腕のイングランドガーター王で最高ランクを取得しています。彼はガーターの騎士の際に出席するために作成された、もともと我々は彼が提供し、彼は彼の名前をとり、そこから物品のフィットを参照しなければならなかったと仮定してもよいです。ガーターの区別色は、彼が主宰する上で大学の規則を越境人を捕まえたとき、彼は常に想定カラー青です。
    Garter must be an Englishman and a gentleman, words unhappily not always synonymous.
    ガーターは言葉不幸ではない、常に同義英国紳士でなければなりません。
    The next king at arms is Clarencieux, who was ordained by King Edward IV. upon his succession to the dukedom of Clarence at the death of his brother, whose bibulous proclivities caused him to seek his bier in a butt of Malmsey. The story goes that Edward, doubtless wishing to do the liberal thing by his relation, offered him his choice of deaths, and that Clarence elected to be drowned in the above liquor, which was privately done in the Tower. To our thinking the whole affair has about it considerably more of the public than the private.
    腕の次の王は王エドワードIVによって任命されたClarencieux、です。酒好きの性癖弟の死でクラレンスの公国への彼の承継の際にマームジーのお尻に彼の棺台を追求するために彼を引き起こしました。物語はエドワードは、間違いなく彼の関係でリベラルなことを行うことを希望することを行き、彼に死の彼の選択を提供し、そしてことクラレンスは非公開タワーで行われた上記の酒に溺れすることを選択しました。私たちは、全体の事件を考えることにそれについて、民間よりも公共のかなり多くを持っています。
    Clarencieux's colour is purple, a delicate allusion to the juice of the grape, and he is the Heraldic authority on all questions in the English counties south of Trent.
    Clarencieuxの色は、ブドウのジュースに繊細なほのめかし紫で、彼は南トレントの英語の郡のすべての質問に紋章の権威です。
    After him comes Norroy, whose colour is also purple, and his authority extends over all the counties north of Trent.
    彼の後にその色も紫色であり、彼の権威北トレントのすべての郡上に延びNorroyは、付属しています。
    Besides these kings there is also a Bath King of Arms, but as he does not belong to the Heraldic College, he may retire to the place whence he takes his name. He is quite a modern creation, having come into existence only in 1725, for the service of the Knights of the Bath, when his duties probably are to see to the temperature of the water, and the presence of the necessary towels.
    これらの王たちのほかにも、腕のバスキングがあるが、彼は紋章の大学に属していないとして、彼は彼の名前を取るそこから、彼は場所に引退することができます。彼は彼の任務は、おそらく水の温度、および必要なタオルの存在に見ることがある場合には、バースの騎士のサービスのために、唯一の1725年に存在に入って来て、非常に現代的な創造物です。
    Next come the Heralds, who are six in number. Their names are Somerset, Chester, Windsor, Richmond, Lancaster and York, and they are supposed to be officially connected with the districts after which they are named. Properly speaking, therefore, whenever a fight comes off in any of the above named towns, the Herald of the place ought to be present to prevent the police from interfering. But now-a-days they neglect their duty sadly in this particular : not that we are altogether surprised, considering the exceedingly low ebb to which the "noble art" has sunk, and Heralds doubtless have with unheraldic persons an equal objection to blackened eyes, bad language and stolen watches.
    次の数は6である告げるが、来ます。彼らの名前は、サマセット、チェスター、ウィンザー、リッチモンド、ランカスター、ヨークであり、それらは公式にそれらが命名された後の地区と接続されるようになっています。適切したがって、話す戦いは、上記の名前の町のいずれかでオフに来るたびに、場所のヘラルドは、干渉から警察を防ぐために存在であるべきです。 「高貴な芸術は「沈没したと非常に低い引き潮を考慮し、我々は完全に驚いていないこと、および告げるは確かunheraldic人と黒くなった目に等しい異議があります。しかし、今--日、彼らは、この特定ので悲しげに自分の義務を怠ります、悪い言語と盗まれた時計。
    Last of all come the Pursuivants or Novitiates, who are the lower boys of the science. Their names are fanciful, not to say comic. Rouge Dragon, which, translated into English, would seem to smack more of the public-house than the college; Portcullis, who, if his nature takes after his denomination, must often have been lowered in the eyes of the world; Blue Mantle, let us hope his mantle wasn't used to cover the mistakes he made; and Rouge Croix, who probably was the original bearer of the red cross banner we read of in the song of that name.
    すべての最後には、科学の低い男の子ですパーシヴァント・オブ・アームズまたはノビシャドを、来ます。彼らの名前は、漫画と言うことではない、架空のです。英語に翻訳、ルージュドラゴンは、大学より公共住宅の多くをピシャリように思われます。彼の本質は彼の宗派後にかかった場合、ポートカリスは、多くの場合、世界の目に低下しておく必要があります。青色のマントは、私たちは彼のマントは、彼が犯した過ちをカバーするために使用されなかった期待してみましょう。おそらく、我々はその名前の曲での読み赤い十字バナーの元ベアラだったとルージュクロア。
    Scotland had only one King at Arms, Lyon, but an equal number of Heralds with England. Their names were Snowdon, Albany, Ross, Rothesay, Marchmont and Islay; the last-mentioned, among his other duties, having probably to provide his brethren with the celebrated whisky of that ilk. Scotland had one more Pursuivant than her southern neighbour,--viz., five.
    スコットランドは一つだけアームズキング、リヨンが、イングランドとの布告者の同数を持っていました。彼らの名前はスノードン、アルバニー、ロス、ロスセー、マーチモントとアイラ島でした。その同類の有名なウイスキーとその兄弟たちを提供するために、おそらく持つ、彼の他の仕事の中で、最後に述べました。すなわち、5 - 。スコットランドは彼女の南の隣人、より1つ多い紋章院の最下位の役人を持っていました。
    These Caledonian Pursuivants rejoice in the appellations of Unicorn, (evidently the original animal who contended for the crown unsuccessfully, and after his defeat retired in disgust to a more northern country, where, to console him, he was made a Pursuivant), Carrick, Kintyre, Ormond and Bute.
    これらのカレドニアンパーシヴァント・オブ・アームズは、キャリックが(失敗した王冠のために競合明らかにオリジナルの動物、そして彼を慰めるために、より北の国への嫌悪感に引退彼の敗北の後、彼は紋章院の最下位の役人とした)、ユニコーンのアペラシオンに喜びますキンタイア、オーモンド・アンド・ビュート。
    Ireland has only one King at Arms, Ulster; and only two Heralds, Dublin and Cork; also only two Pursuivants, Athlone and St. Patrick. The scantiness of the Hibernian Heraldic supply, is another instance of injustice to Ireland.
    アイルランドは腕、アルスターで唯一の王を持っています。そして2つだけ告げる、ダブリンとコーク。また、パーシヴァント・オブ・アームズ、アスローン、聖パトリックの2つだけ。ハイバーニアン紋章供給の不足は、アイルランドへの不公平の別のインスタンスです。
    "What ho!" O'Gorman to the rescue!
    「何HO!」救助にオゴルマン!


II

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
Preface Introduction
HOME
Build: 2016/09/18 0:19:19.87+0900(JST)