「お墓の歴史・鎌倉〜室町時代」 「宝塔」「多宝塔」は平安時代後期から見られ、鎌倉時代中期から後期にかけて急速に普及した。宝塔は基壇と基礎が方形であり、その上に軸部と首部からなる塔身を置き、方形の笠を載せ、頂上に相輪を立てた単層の塔である。基礎は素面のものが古く、鎌倉中期以降の多くは輪郭を巻いて格狭間が入る。
■ 宝塔・多宝塔
 
「宝塔」「多宝塔」は平安時代後期から見られ、鎌倉時代中期から後期にかけて急速に普及した。宝塔は基壇と基礎が方形であり、その上に軸部と首部からなる塔身を置き、方形の笠を載せ、頂上に相輪を立てた単層の塔である。基礎は素面のものが古く、鎌倉中期以降の多くは輪郭を巻いて格狭間が入る。塔身の平面は多くは円形をしており、軸部には鎌倉中期以降、多宝如来・釈迦如来の二仏並座を示す扇形や鳥居形、あるいは像容・種子を彫り、首部との間に框座・勾欄形を付けるようになった。宗派によっては大日如来を刻んでいるものもある。笠に立つ相輪は露盤・伏鉢・請花・九輪・請花・宝珠から成るのが正式であるが、九輪が省略されたり、請花と宝珠のみの形、時には独自の形を成す場合もある。首部は軸部から造りだしたものと、別の石で造ったものとがある。多宝塔は塔身の平面が多くは方形をしており、宝塔に裳階(もこし)が付いた重層のものをいう。あまり多くは造られていない。
 
宝塔各部の名称 多宝塔各部の名称
図9-1 宝塔各部の名称 図9-2 多宝塔各部の名称
 
宝塔、多宝塔は「法華経見宝塔品」に出ていることから、昔から日蓮宗では墓塔としてよく使われてきた。法華経によると、釈尊が霊鷲山で法華経を説こうとした時、目の前に素晴らしい宝塔が現れ、塔を開くと中に多宝如来が座っていた。この時、多宝如来は釈尊に隣に座って説法するように言われたとの逸話から、宝塔、多宝塔には「多宝如来」「釈尊」の二仏が併座して彫られるようになった。その後密教でも重く用いられるようになり、密教における五仏(大日如来・阿シュク如来・宝生如来・阿弥陀如来・不空成就如来等)を供養したものや、個人の墓・供養塔としても多く使われるようになった。多重塔形式の石塔は中国、韓国ではよく見られるが、多宝塔は日本独自の形式であるという点が注目される。また、この塔は法華経を奉納する事から、別名「法華塔」とも呼ばれている。

宝塔で最古のものは、1120年に造られた京都・鞍馬寺宝塔がある。また、大津市長安寺にも平安後期の宝塔があり、いずれも供養塔として建てられている。
 ■ 安養寺弁天堂宝塔
安養寺弁天堂宝塔
安養寺弁天堂宝塔
京都市東山区にある安養寺弁天堂宝塔は、慈鎮和尚(天台宗・慈円)の供養塔であり、鎌倉初期〜中期のものとされている。塔身に彫られた並座する二尊像は、この塔を造った人の精神世界を映し出している。穏やかで美しいその曲線は、まるで宇宙を思い浮かべるようでもあり、仏教の真髄を思わせるようでもある。宝塔は元来供養塔として造られたが、僧の墓塔として、後には法華経信者の墓塔として使用されるようになった。

滋賀県甲西町の「少菩提寺跡石造多宝塔」は、仁治二年(1241)という刻銘があることから鎌倉中期のものとされ、「多宝塔」としては日本最古のものである。

一方、宝塔にはいろいろな形のもの、独自のものがある。相輪が省略され、場合によっては笠に請花と宝珠だけが乗っている「五輪塔タイプ」のものや、地方独特の形状のものもあり、所が変わると名称さえ変わってくる。
 
 ■ 国東塔
国東塔 国東塔は大分県国東郡六郷(来縄郷・田染郷・伊美郷・国東郷・安岐郷・武蔵郷)64寺社を中心に建立された。この地域は宗教的結束が特に強く、南北朝時代初期から中期にかけて次々と建立された。当初は塔身に書写如法経を納め、伽藍安隠仏法興隆を祈念したが、やがては一族安泰の供養塔として造られた。
経文や仏舎利を納める為の穴が空いているのもこの塔の特徴と言える。

大分県国東郡 叶渕国東塔
写真 脇本英治氏撮影
 ■ 赤碕塔
赤埼塔 赤碕塔は、鳥取県赤碕町とその周辺で見られる。笠の四隅に隅飾突起があり、宝篋印塔によく似ているが、これを見ると宝篋印塔の原形だというのがよく解る。

宝篋印塔との大きな違いは、塔身平面が円形になっていることであろう。

鳥取県赤碕町 花見潟墓地赤碕塔


写真 脇本英治氏撮影
 
 ■ 赤城塔
赤城塔 赤城塔は、群馬県赤城山周辺で多く見られることから、この名が付いた。塔身軸部の平面が円形をしており、相輪も露盤から宝珠まで形よく整っている。

群馬県前橋市二之宮町宮本 二宮赤城神社宝塔 前橋市指定重要文化財


写真 脇本英治氏撮影

 
【著名人の宝塔】
 
京都市北区大徳寺聚光院には「わび・さび」で知られる茶の巨匠、千利休の墓が宝塔形式で建てられている。利休の墓はもう一つ大阪・南宗寺にあるが、こちらは五輪塔で建てられている。
 
日光東照宮に祀られている徳川家康の墓は、墓所の広大さと共に芸術性の高い美しさに驚かされる。代々の徳川家の墓は殆ど宝塔で造られているが、三河の一大名の頃から岡崎にある先祖の墓を守り続け、幕府を樹立した後も265年間もの長い間、天下を支配し続けた徳川家の姿がそこに見える。
家康の墓を見ると思い出されるのは日蓮宗開祖日蓮の墓であろう。日蓮が晩年を過ごした山梨県身延山久遠寺にある墓は、昭和になって改修されている。八角形の巨大宝塔と墓所の広さは、日蓮宗54派、檀信徒350万人という日蓮宗の現在を語っているようにも見える。
石造多宝塔 長野県常楽寺 吉井石造宝塔 石造宝塔 僧侶墓 鼓神社宝塔 岡山県岡山市 鼓神社宝塔 岡山県岡山市
石造多宝塔
長野県 常楽寺
吉井石造宝塔
岡山県岡山市
石造宝塔 僧侶墓
備中国分寺
鼓神社宝塔
岡山県岡山市
鼓神社宝塔
岡山県岡山市
やがて宝塔・層塔をさらに充実した塔、宝篋印塔が出現する。
Top

Back ホームへ戻ります Next

お墓の建て方・先祖の祀り方・水子や幼子の供養の仕方・旧い墓地の整理など、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。ご相談は無料です。 086-943-8871金光泰觀墓相研究所。