■吉相墓 吉相墓とは、福・禄・寿三つの要素がバランスよく設計され、しかも家系の流れに即した祀り方が成され、その祀り方に即した建立方法が採られているものをいう。バランスの悪い墓、亡くなった順に祀られている墓、建立方法がでたらめな墓などは吉相墓とは呼べない
観音墓と逆死墓
 
 ◆ 逆死墓の建立
観音墓 16歳に満たない子供の墓は「地蔵尊墓」で祀られたが、16歳以上の子で結婚する事なく独身のまま亡くなった成人は、男性の場合は単祀墓である「逆死墓」を建立し、女性の場合は観音像を彫った「観音墓」を建立して祀る。

また、地蔵尊墓の場合は何人でも祀る事が出来たが、逆死墓の場合は基本的には一人しか祀ることは出来ない。

戒名は、男性の逆死者の場合は竿石の正面に刻み、女性の逆死者の場合は竿石の右側面に刻んで祀る。結婚していない成人の戒名は院号を付けず、戒名文字の字数は代々の夫婦の戒名よりも多くする事は出来ない。また、先祖よりも位号の格を上げる事もしてはならない事である。

逆死墓は図-1のFの位置に建立する。写真のように、墓地の内へ向いた形となる。
 
逆死墓を立てる位置 墓地の内に向いた形  五輪塔・逆死墓・地蔵尊
五輪塔・逆死墓・地蔵墓
(墓地の内に向いた形)
 ◆ 墓の大きさ
成人した男性の逆死墓は敢えて像を選ばない。三段角柱墓の単祀墓を用いるが、夫婦を祀る代々墓と比べ、一周りも二周りも小さなものを建立する。

標準の形・大きさは竿石の幅を1とした場合、高さはその2.5倍、奥行きは5分短くする。

上台石の高さは竿石の幅と同寸とし、幅・奥行きは竿石のそれと5寸長くする。

下台石の高さは上台石の高さの1.5倍とし、幅・奥行きは上台石のそれぞれに5寸を加えたものとする。

基準となる竿石の幅は、代々墓では6寸、地蔵・観音・逆死墓では5寸というのが標準であるが、あくまでも一つの目安として考えて頂きたい。。

墓塔・内枠・外枠・入り口の寸法や先祖の祀り方などは、それぞれの家系の在り方によって全て異なる。また、墓相の良いところだけを真似て造った墓は、本物ではないという事も敢えて付け加えておく。
(注意) 家系の流れに相応しくない墓を建立した場合、そこから新たなヒズミを生じる場合がある。
Back ホームへ戻ります

お墓の建て方・先祖の祀り方・水子や幼子の供養の仕方・旧い墓地の整理など、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。ご相談は無料です。 086-943-8871金光泰觀墓相研究所。