■吉相墓 吉相墓とは、福・禄・寿三つの要素がバランスよく設計され、しかも家系の流れに即した祀り方が成され、その祀り方に即した建立方法が採られているものをいう。バランスの悪い墓、亡くなった順に祀られている墓、建立方法がでたらめな墓などは吉相墓とは呼べない
吉相墓の種類 
◆墓石にはそれぞれに役割があり、形・大きさ・目的の違いがある

古い墓を整理して先祖を一箇所に集め一緒に祀る「合祀供養塔」

夫婦を一組として祀る「単祀墓」(夫婦墓)

成人する前に(16歳未満)亡くなった子供を祀る「地蔵尊墓」

成人は迎えたが未婚のまま亡くなった仏様を祀る「観音墓」または「逆死墓」
に分けられる。

合祀供養塔は、「会社・法人供養塔」「戦没者供養塔」「動物供養塔」など、法人、公人、病院関係など幅広く用いられるが、一般家庭に於いては「先祖供養塔」として建立されてきた。

その形態には 「宝篋印塔」・ 「多宝塔」・ 「五輪塔」などがあるが、一般的には五輪塔が多く用いられている。

宝篋印塔は「お墓の歴史」でも述べたが、力の強い塔なので誰が建てても良いという訳にはいかない。塔に負けないだけの体力が家に必要であり、直系が10代以上続いている家系に限り使用を検討することが出来る。多宝塔も同様で、形が気に入ったので建てるなどという事のないように注意をしてほしい。 
 
宝篋印塔
 
宝篋印塔 ◆宝篋印塔は鎌倉時代に武士の墓として建立されてきた

塔の名前の由来は、塔身部に「一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経」の心呪を書写して納め、一切の災難から免れることを願ったところからこの名が付けられた。

宝篋印陀羅尼経では、「この塔に供養する時は、非常に大きな徳を得てあらゆる災患邪道から護られ、またこの塔を建てる功徳はさらに大きな功徳がある」とされている。

従って宝篋印塔を建立する場合は、一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経を写経し、塔身部または地下に納めなければならない。また、その場合はこのお経の説くところをしっかりと心に置く事が大切である。
 
宝篋印塔 四方梵字 ◆塔身部の四方に梵字を刻むのも宝篋印塔の特徴である

梵字はそれぞれの御仏を顕しているが、なぜ梵字を刻むのかと言えば、お経の中に「この塔の四面はそれぞれ仏の形象である」と詠っているところによる。

四方に刻む梵字は
  「ウーン」・「タラーク」・「キリーク」・「アク」となる
         ウーンは  阿シュク如来
         タラークは 宝生如来
         キリークは 阿弥陀如来
         アクは    釈迦如来 を顕している
 
仏教に興味のある方は、これが金剛界五仏であることに気が付くと思うが、最後の御仏大日如来はこの塔自身であるとされている。

陰陽五行では、ウーンは東で発心門、タラークは南で修行門、キリークは西で菩提門、アクは北で涅槃門を示し、それぞれの梵字が正しく東南西北を向くように配置するのが本筋と言えよう。
 
宝篋印塔の廻り方 図-2 四方梵字という事は、この塔は四方正面という事である。四方全て拝むわけであるから、ぐるりと周囲を廻らなければならない。そこで墓塔の前後左右を人が通れるくらいに開けておく必要がある。

また右回りに三度廻るが、これは古代インドの風習として、貴人に尊敬の意を表すときには右脇を貴人に向けて、その周囲を三回廻るという故事にならったものであり、
右遶三匝(うにょうさんそう)という。このことからも、この塔の原型がインドにあるということがよく分かる。(仏像を見て廻る時はこのように時計の針のような廻り方をするが、葬儀の時は不吉だと言うことで逆に左遶する。)

宝篋印塔を合祀供養塔として用いる場合、一応の基準は先祖が十代以上続いていることが条件の一つになる。また、ご先祖が特に多い場合は、五輪塔との併用も有り得るので、それぞれの先生方のご指導を頂くことをお勧めする。

一般的には図-2のAの位置は祖父母の代々墓を建立し、Bの位置は両親の代々墓を建立する。CとDは未来地で空間のスペースとなり、幼子や水子はEの位置へ地蔵尊墓を建立する。
 
宝篋印塔 墓は夫婦揃った形で祀る事が大切である。しかし合祀供養塔へ祀る場合、曽祖父が亡くなって早や60年になるが、曽祖母は長生きして未だ歿後20年にもならない、という様なケースや、この曽祖母が未だ歿後45、6年という場合もある。果たしてどちらも50年を経過するまで合祀を待たなければならないのか、という問題を生じる場合があるが、合祀出来る場合と出来ない場合があるので注意が必要である。

また、戒名は左の図の赤い部分に刻む。正面中央には「○○家先祖各霊菩提」と刻し、家系図に従って最も遠い代の仏様を夫婦揃って刻み、右回りで順次刻していく。代々の当主であった人、或いはそうではなかった人、幼くして亡くなった人などがいるだろうが、それぞれ座って頂く場所が異なるので絶対に間違えてはならない。家系図が正確でないと、この段階で墓造りは失敗したと同然である。何度も見直しながら進めていただきたい。
合祀供養塔に戒名を刻む場合は、その順序・位置・字配り(文字の高さ)にも決まり事があるので充分注意してほしい
Back ホームへ戻ります Next

お墓の建て方・先祖の祀り方・水子や幼子の供養の仕方・旧い墓地の整理など、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。ご相談は無料です。 086-943-8871金光泰觀墓相研究所。