戒名
3.各宗派の戒名
 
曹洞宗
曹洞宗の戒名 ■曹洞宗の戒名構成
 
戒名は法名とか法号とも言われるが、曹洞宗では戒名とのみ言い、法名・法号と言わないのが通例である。

戒名は、
「院殿号・院号」「道号」「戒名」「位号」の順に構成されており、多くは「道号・戒名・位号」となっている。そして、これらは二字名が原則である。

「院号」はもともと天皇が譲位したあとに居住された御所のことを○○院と呼んだことから始まる。院殿は武士が天皇と区別するために殿という字を加えたところから出来たもので、最初に付けられたのは足利尊氏とされている。いずれにしろ仏教への信仰心が篤く、寺を建立して寄進するほどの人に贈られたもので、戒名としては最上位のものとされる。今日では教団や菩提寺、国や地域のために特別に貢献した信仰心の篤い信者に対して、その功績を称えてつけられている。

「道号」はその人の徳をあらわしたもので、もともとは僧侶や武芸者達が隠棲生活をおくった場所や地名が、その人の号として称せられた呼び名を戒名に使用したことに始まる。茶道や華道、書道や俳諧における名前、雅号が用いられることもある。

「戒名」は仏弟子として授けられた名である。曹洞宗では道号と戒名の四文字は経典や祖録、漢詩などを参考にしながら対句で熟語とすることが多い。

「位号」は年齢や性別、信仰心の篤さなどによってつけられる。主な位号は次のとうりである。
   
<主な位号>
大居士(大姉)
居士(大姉)
大居士(大姉)は院殿号に、居士(大姉)は院号につけられる。
居士・大姉は成人以上の男女で、人格・徳望衆に優れ、信仰心が篤く、社会や教団、菩提寺に貢献した人につけられる。
信士・信女 一般の檀信徒で、菩提寺や僧侶と親しくして信仰を深めている成人以上の男女につけられる。
童子・童女 数え年で三歳から15歳未満の子供につけられる。
孩児(孩女)
嬰児(嬰女)
誕生してから二、三歳までの乳幼児につけられる。
水子 死産・流産の胎児につけられる。孩児・嬰児・水子には戒名と位号のみつけられる。(墓相では水子は用いない)
禅定門(禅定尼) 檀信徒の人で参禅に精励し、著しい宗教的境涯に到達した人に対してつけられる。居士・大姉に次ぐ格式である。
戒名というのは俗名に対するもので、仏弟子としての名前である。釈尊に帰依し、祖師を尊敬し、その教えを学び、正しい信仰生活を送りたいとする人は生前に戒名を受けておくのがよい。曹洞宗高祖「道元禅師」は、「衆生仏戒を受くれば即ち諸仏の位に入る。位大覚に同うし已る。真に是れ諸仏の子なり」と示している。戒法を受けることによって諸仏の仲間入りができ、仏弟子となることができるわけである。

曹洞宗には、釈尊の説いた多くの戒の基本とも言うべきものが十六カ条の戒法として伝えられている。この戒法を受けることにより、道元禅師が示されたように諸仏の仲間入りが出来るのである。曹洞宗の檀信徒ならば在家得度式や授戒会に参加して、戒師から戒名をつけて頂くのがよい。亡くなってから頂くよりも生前に戒名を授かり、気持ちを新たにして曹洞宗の檀信徒らしい正しい信仰生活をおくることが望まれる。
●素木の位牌
 
通夜・葬儀のときは素木の位牌を用いる。素木の位牌には、最上位に一切空を象った輪であり円寂の円でもある「○」を刻み、戒名の上に「新帰元」、戒名の下には「霊位」と記す。これは仮のもので四十九日が終わったら正規の位牌に改め、素木の位牌は菩提寺に納める。素木のままでは何時までも葬式が終わっていない形、成仏できない形となる。また、戒名を付けていただく場合には筆・すずり・剃刀・素木の位牌を用意する。

←各宗派の戒名「臨済宗」 各宗派の戒名「日蓮宗」→
ホームへ戻ります

お墓の建て方・先祖の祀り方・水子や幼子の供養の仕方・旧い墓地の整理など、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。ご相談は無料です。 086-943-8871金光泰觀墓相研究所。