戒名
3.各宗派の戒名
 
臨済宗
臨済宗の戒名 ■臨済宗の戒名構成
  
臨済宗の戒名は二字・四字・六字などがある。一般的には●●■■▲▲居士(大姉)のように四字名となっている。●●院という尊称の下の■■▲▲四文字が「戒名」であるが、正確には▲▲の二文字が戒名であり、上の二文字■■「道号」と呼び、その人の生前の徳や性格、業績などを表すのに最も適した言葉があてがわれる。

尊称には
「院・院殿」のほかに「軒・庵・斎」などがある。これらは院・院殿に準じた尊称とされている。

「院号」は元々は天皇の譲位後の住まいを○○院と称し、亡くなられた後その○○院をそのまま戒名の上につけたのが始まりとされている。

また、「院殿号」は武士が天皇と区別するために「殿」という字を入れたのが興りで、足利尊氏がその始まりとされている。いずれにしても院号や院殿号は天皇や武士のように寺を建立して寄進するほどの人に与えられたものである。江戸時代になると金銭で買われる様になり、今日では社会的な貢献の著しい人、寺院への貢献や信仰心の篤い人に贈られるようになった。

戒名の下につけられている居士・大姉などは
「位号」と呼ばれている。位号は性別・年齢・寺院や社会に対する貢献度などによっていくつか決められている。主な位号は次のとうりである。
<主な位号>
私からのメッセージです
居士・大姉 成人以上の男女で、深く仏門に帰依し、仏道修行を実践したもの
信士・信女 十五歳以上の男女
童子・童女 15歳以下の男女(善童子・善童女の場合もある)
孩子・孩女 2、3歳の小児
嬰児・嬰女 1歳の小児
水子 流産・死産の胎児(墓相では水子は用いない)
★この他「(大)禅定門・(大)禅定尼」という位号もよく使われていたが、最近はあまり使われなくなった。
●素木の位牌
 
通夜・葬儀のときは素木の位牌を用いる。素木の位牌には、最上位に一切空を象った輪であり円寂の円でもある「○」を刻み、戒名の上に「新帰元」、戒名の下には「霊位」と記す。これは仮のもので四十九日が終わったら正規の位牌に改め、素木の位牌は菩提寺に納める。素木のままでは何時までも葬式が終わっていない形、成仏できない形となる。また、戒名を付けていただく場合には筆・すずり・剃刀・白木の位牌を用意する。
●授戒会
 
授戒会は仏教徒として仏の教えを守り、正しく生きていくために仏教に定められた生活規範を守ることを誓う儀式である。その生活規範のことをまたは戒律と言う。戒を受けて初めて仏教徒となるわけで、その証として戒名が授けられる。「七仏通戒偈」「諸悪莫作。衆善奉行。自浄其意。是諸仏教」と示されている事(悪行を働く事無く、善行を為し、己の心の汚れを洗い浄める、これが仏の教えであるという事)を自らの心に植え、以後は仏の教えに従って生活していくと共に、人間という本来の尊い姿に目覚めるための法会である。

この授戒会では、仏を敬い(南無帰依仏)、その教えを信じ(南無帰依法)、自らの修行に励む(南無帰依僧)という
三帰戒を最初に受け、次に五つの戒めを守る誓いをする。

出家する人は、通常250以上の戒(男性は250、女性は348)を持たねばならないとされているが、一般の檀信徒が仏教徒として守らなければならない戒は五つで、これを
五戒という。他にも「十重禁戒」と三聚浄戒がある。このような種々の戒を受け、心を正し、仏の教えを守り実践し、仏教徒として望ましい生き方を誓うのが授戒会である。
 
五    戒
不殺生戒 ・・・・・ むやみに生き物を殺してはならない。これは、自分の生命も他の生命も等しく尊いものであるという自覚に立って、全ての物に慈悲の心を注いでいく生活をいう。
不偸盗戒 ・・・・・ 盗みを働いてはならない。我々は多くの人達に助けられて生活している。その自覚に立ち、全ての物に対して、自分で出来る範囲内で人に施しをしていく生活をいう。
不邪淫戒 ・・・・・ よこしまな関係に入らない。人はそれぞれ信頼関係の上にあるという自覚に立って、相互の献身と愛情を裏切らない生活をいう。
不妄語戒 ・・・・・ 嘘をついてはならない。真実の言葉の中にこそ真の喜びがあるという自覚に立って、ともに信用しあう生活をいう。
不飲酒戒 ・・・・・ 酒を飲んではならない。人は酒に呑まれると思わぬ過ちを犯してしまう。この自覚に立って、他に迷惑をかけないという認識を持つ生活をいう。

←各宗派の戒名「浄土真宗」 各宗派の戒名「曹洞宗」→
ホームへ戻ります

お墓の建て方・先祖の祀り方・水子や幼子の供養の仕方・旧い墓地の整理など、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。ご相談は無料です。 086-943-8871金光泰觀墓相研究所。