戒名
2. 戒名の構成
戒名の構成 ■戒名の構成
 
戒名は「院殿号・院号」「道号」「戒名」「位号」の順に構成され、今日ではこれらをまとめて「戒名」と呼んでいる。

戒名は
「法名」「法号」とも呼ばれる。いずれも意義は同じである。
各宗派では両方の呼び名を使っているが、
浄土真宗は「法名」とだけ称している。

戒名には二字名、四字名、六字名などがあり、各宗派の習慣で異なる。また、宗派・宗門によっては特定の文字を使用したり、加える場合もある。
例えば
浄土宗では
「誉号」といって誉の一字を加える事を最上の戒名としている。同じ浄土宗でも西山派は「空」、名越派は「良」、時宗は「阿」の一字を用いることにしている。

日蓮宗では日蓮上人の教えに導かれる意により
「日」或は「妙」の字を用いる。

浄土真宗では、男性は釈尊の
「釈」の字、女性は「釈尼」を用いるきまりとなっている。
@院号
 
「院号」は天皇が譲位・隠居し、その後居住された御所を○○院と呼んだことに始まる。例えば後白河法皇の御所は「蓮華王院」、嵯峨天皇の御所は「令泉院」、後に「嵯峨院」へ移り住む。
当初天皇が使用していた院号もやがて公家や武士の間にも使われるようになり、江戸時代になると院号も金銭で買えるようになった。驚いた幕府は禁止令を出すが、それまでに使われていた院号についてはお構いなしとの画期的な裁定を下している。明治以降になると大富豪や政治家にも院号が用いられるようになる。今日では社会的に大きく貢献した人や、寺院に対する貢献が顕著で信仰心の非常に篤い人、また多額の寄付等による一時的な功労者にまでつけられるようになった。


院号を最初に贈られたのは嵯峨天皇とされている。臣下では関白藤原兼家が「法興院」と称したのが始まりである。また院号の代わりに○○庵、○○軒、○○斎、○○亭などを使う場合もある。
 
「院殿号」は足利尊氏が等持院殿という屋敷の名を戒名の上につけたのが始まりとされている。これは天皇と区別するために殿という字を加えたもので、本来はへり下った表現とされていた。現在では院号よりも院殿号の方が格上とされているが、それは戒名文字の多さによるものと考えられる。いずれにしても院号・院殿号は仏教への信仰心が篤く、寺を建立して寄進するほどの人でなければ贈られない最上位のものと言えよう。

(参考) 足利尊氏の戒名  等持院殿仁山妙義居士
    足利義満の戒名  鹿苑院殿天山道義居士
A道号
 
「道号」は禅宗の僧侶が人里離れた場所に篭って座禅を修した場所や堂の名に由来する。人々はそこで修行した僧侶の名を尊敬を込めて別名=号で呼んだものが、いつしか戒名の上に付けられるようになった。従って戒名といえば○○□□信士のように四文字で表される事が一般的だった。

後には俳諧・書道・茶道・華道などに於ける呼び名=号や、雅号・家名・地名・趣味・性格など、その人に縁のある文字を戒名と組み合わせて使用されるようになった。

道号の一字は実字を用いる事が約束事となっている。例えば「白雲」の雲、「春山」の山、「忠道」の道、「法音」の音、「岳善」の岳、「秋月」の月などがそうである。また、未成年者や幼児・水子には道号は用いず、童子・童女、幼子・幼女、孩児・孩女、嬰児・嬰女などとする慣わしとなっている。
B戒名
 
本来はこの部分を「戒名」という。現在では葬儀を執り行う時に菩提寺のご住職より故人に授けられることが多いが、本来は仏の教えに帰依し、仏教徒として守るべき戒を守る事を誓った人に授けられるものである。つまり授戒を受けて授けられるもの、それが戒名である。生前に授かる戒名を「逆修戒名」「生前戒名」と呼ぶが、浄土宗では五重相伝、浄土真宗では帰敬式(おかみそり)、真言宗・天台宗・禅宗では授戒・結縁・灌頂などと呼ばれ、在家・出家を問わず授かることが出来る。
C位号
 
位号は年齢や性別、信仰心の篤さ、お寺や社会に対する貢献度などによっていくつか決められている。
《代表的な位号》
居士・大姉 成人以上の男女で、人格・徳に優れ、信仰心が篤く、仏教の外護者として寺院・社会に貢献する人に授けられる称号。
院殿号などには大居士・清大姉の称号が用いられる。
禅定門・禅定尼 成人以上の男女で、参禅に精励し、著しい宗教的境涯に到着した人に付けられる称号で、居士・大姉に次ぐ格式がある。
信士・信女 成人以上の男女で、仏教徒であれば全ての人が授かる称号。上に清の字を加えて、清信士・清信女と呼ぶ場合や善士・善女と呼ぶ場合もある。
童子・童女 数え年で十六歳以下の男女に用いられる。現在で言えば小・中学生の男女の年頃になる。上に善の字を加えて善童子・善童女と呼ぶ場合もある。
いずれも院号・道号は付けない。
幼子・幼女 二、三歳から小学校に上がる前までの男女に用いられる。
いずれも院号・道号は付けない。
孩子・孩女 歩き始めて二、三歳までの乳幼児に用いられる。
いずれも院号・道号は付けない。
嬰子・嬰女 一歳までの乳幼児・水子に用いられる。性別の判らない水子は嬰児を用いる。
いずれも院号・道号は付けない。
また、水子には「水子」の文字は用いないほうがよいとされている。
「大居士」「清大姉」につけられている「大」は尊称を強調した一字であり、「清」は仏道を深く修行した人につけられていた。今日では「大」と同じく、より丁寧な敬称として用いられている。

「禅定門」「禅定尼」の「禅」「定」は、六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧)の一つ禅定に由来する。「禅」「定」は同じ意味の言葉であり、心の乱れを鎮め、安定した精神状態に集中すること、つまりその極意に達したほどの人に与えられる敬称である。禅宗系のみならず浄土宗にも多く用いられた。
D置字
 
置字は位牌を総称する言葉で、下文字ともいう。貴霊・高霊・霊位・順霊・霊儀などがある。

←戒名の興り 各宗派の戒名「天台宗」→
ホームへ戻ります

お墓の建て方・先祖の祀り方・水子や幼子の供養の仕方・旧い墓地の整理など、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。ご相談は無料です。 086-943-8871金光泰觀墓相研究所。