墓と語る
墓は人の鏡 家の鏡である
墓には 人と 家の
過去 現在 未来が
映し出されている

墓は我々に語っている
そこには
先祖の様々な思いが
込められている

墓所に足を踏み入れると
数多くの墓石が並んでいる
大きさ 形は 異なれど
一つ一つの 墓石は
先祖と 子孫の 繋がりを示し
家の歴史を 顕わしている
それは
先祖代々の積み上げてきた
徳の象徴でもある
人は
一人で生まれてきたのではない
人は
一人で亡くなるのでもない

人は
先祖に見守られながら 生まれ
先祖に見守られながら 亡くなる
そこに
目に見えない
先祖との 繋がりがある
墓は それを教えてくれる

遠き幽世の
隠れ身人達の 深き嘆きを
為すがままに ありのままを
子孫に伝える
言霊の 伝導師
西園寺 仁のホームページです
お墓の歴史 原始宗教と墓相 神々の系統 道教・儒教と墓相学 風水と墓相学
墓相学の変遷 墓地・墓石の見方 吉 相 墓 お墓の建て方 墓地の整理と改修
戒   名 寿陵について メール相談 更新履歴
 
記事写真等の無断転用を固く禁じます
金光泰觀墓相研究所