琵琶湖よし笛のホームページ
耳を澄ませ、葦(よし)と対話してみませんか
 よし笛の原点

  
水辺の植物には、環境楽器として他の楽器にはない五つの基本原則があります。
  竹製マウスを初めて発明考案・装着した「菊井式よし笛」はとにかく吹きやすい。
  同じものは作らない音の美学は、自然のハーモニ−となる法則の中から生まれた。
  よし原の原風景は優しく美しく、心に浸みる癒やしの質感を醸し出します。  
  琵琶湖よし笛は、繊維質のサラサラ清涼感とよし本来の繊細な響きを求めています。

  自然な植物の姿からの遊離、また音色が変質する着色や加工は施しません。

 20年前(1999年)、滋賀県近江八幡市の筆者宅で、竹のマウスピースを付けた
日本初のオリジナル「よし笛」を誕生させました。
 それはスダレの葦の小指ほどの細い一本の葦で音楽が奏でられるという画期的なもの
でした。翌年には誕生を記念し、近江八幡に日本初のよし笛サークル(当時は18名)を結
成し、記念オープンには 「マリンバとの協奏コンサート」やNHK「昼どき日本列島」
中継、BS放送、NHK夜間実況中継「日本の美しい風景‥」。またKBSではテレビと
ラジオ番組で広告機構のコマーシャル(毎日12回)など長期間使っていただきました。
 まもなくすぐに「ちちんぷいぷい」、ABC朝日放送「ここいろ」、関西テレビの「よー
いドン」「となりの人間国宝」など、多数のテレビ出演、新聞掲載が相次ぎました。
 また、2006年に結成した「日本よし笛協会」登録30グループの活動を基礎に全国
に輪が拡がり、各地で身近な自然環境に触れる多彩な事業が展開されるなど、自然・水・
葦をバックにした活動が波となって拡がり高まっています。
 ご質問は左記メールあてお寄せ下さい。 
 

よし笛はこうして生まれた

メール

琵琶湖よし笛とは
レイクリード自己紹介
よし笛のお求め (初めてのガイド付き)
琵琶湖よし笛の自然な音色リンク集(製作中)
s-kikui@mrj.biglobe.ne.jp
<試聴曲・リンク先>
よし笛演奏曲集のお求め
よし笛のレッスン(初級・中級)
よし笛ニュース

琵琶湖よし笛

登録商標