琵琶湖よし笛のホームページ
よし笛って?

  
よし笛には他の楽器にはない五つの大きな原則があります。
  竹製マウスの装着発明の「菊井式よし笛」は、とにかく吹きやすい。
  たった一本の細い葦から心に浸みる豊かな質感を醸し出します。  
  よし笛は繊維質で、サラサラ清涼感の心地よい響きを持っています。

  植物の特性に合わない着色や、音色が変質する加工は施していません。
よし笛はこうして生まれた
「琵琶湖よし笛」の自然な音色をお聴き下さい。
よし笛ニュース

メール

琵琶湖よし笛の特徴
レイクリード自己紹介
よし笛のお求め (初めてのガイド付き)
s-kikui@mrj.biglobe.ne.jp
<試聴曲・リンク先>
よし笛演奏曲集のお求め
よし笛のレッスン(初級・中級)

 よし笛は20年前(1999年)、滋賀県近江八幡市の自宅工房にて、頭に竹製のマウス
ピースを冠した日本初の琵琶湖よし笛を発明考案しました。現在製作者7名を仕様を満たした
製作者として公式認定しています。菊井式よし笛は、公式に使用できる規格として認知され、
標準楽器として広く製作・使用されています。
 スダレの細い一本の葦から音楽を奏でたいという発想からで非常に画期的なもので、
そもそも今のよし笛がなかったので、それまでによし笛コンサートというものはありませんでした。
 2000年にはよし笛の誕生を記念し、近江八幡に市広報募集にて日本初のよし笛サークル
(当時は18名)を結成、記念オープンには 「マリンバとの協奏コンサート」をかわらミュージアム
にて、満員御礼にて昼夜二回開催しました。
 NHK総合番組では、よし笛誕生の特集番組を二回延べ30分番組として編集放送していただき
ました。メディアでは他に、NHK「昼どき日本列島」正午の生中継、BS放送中継、「日本の
美しい風景‥」夜間生中継。またKBSではテレビとラジオ番組で広告宣伝機構のコマーシャル
(毎日12回)など10年間に亘って放送に使っていただきました。
 愛・地球博ではドーム演奏のほか、「滋賀県の日」に合わせ、終日一週間「滋賀県パビリオン」を
担当させていただき、よしを中心テーマに滋賀の自然の啓発に協力寄与させていただきました。
 その後、「ちちんぷいぷい」、ABC朝日放送「ここいろ」、関西テレビの「よーいドン」となりの
人間国宝」など、日本テレビ、東海テレビなど多数の出演と新聞掲載が相次ぎました。
 また、2006年に結成した「日本よし笛協会」登録30グループの活動を基礎に全国に輪が拡が
り、各地で身近な自然環境に触れる多彩な事業が展開されるなど、自然・水・葦をバックにした
活動が波となって全国に拡がり、各種講座を行うなど高まっています。
 よし笛に冠するご質問は左記メールあてお寄せ下さい。
 
 

琵琶湖よし笛

登録商標