2月18〜19日(土、日) 早春伊豆DX モデル/今井えり(シャノワール) 

ホームhomu.html
 

 2017年最初のババロアDX撮影会は、寒い時期なので終始、館内で撮影会をさせてもらえる南伊豆、子浦のペンションブルー・イン・グリーンにて開催しました。時間的な距離が遠いことから集合時間をいつもより1時間遅い、午前11時にしました。そして昼食は各自が途中のコンビニで弁当を購入してきてもらいましたが、それよりもどっさり持ち込まれたのが飲み物。神戸からの参加者が箱詰めの「一番搾り 神戸づくり」、そして日本酒などなど。ここブルー・イン・グリーンには食事をするところに大きな冷蔵庫があり、飲み物は持ち込み方式です。

 モデルは、えりさん。まずは出窓そして円い柱のシチュエーションで約1時間ほど撮影。そして昼食ですが、さっそく皆で缶ビールで乾杯!DX撮影会の一日目は昼から飲めるのが楽しいです。午後2着目の衣装も、えりさんの自前で、その黒とオレンジ色の壁とを対比させました。ここでCAPAのボケ描写の連載記事用にメニスカスレンズによる撮影をさせてもらいました。

 ペンションの館内は、春を通り越したくらいの暖かさです。そこで3着目の衣装は、綿のからし色のロングワンピース。もう一つの出窓における撮影は、このペンションならではの絵になります。そして廊下のクラシックな家具では電気スタンドの明かりを利用して撮影しましたが、とてもいい雰囲気です。そしてDX撮影会ならではの浴衣の花魁風はペンション3階の和風コーナーで。えりさんの艶やかな表情でDX撮影会ならではの素敵な絵になりました。

 最後の撮影は、日が沈み、残照がきれいな空を背景に照明もやや暗くしてバランスをとりましたが、露出はISO800、F2.8では1/8秒。でも全員が手ブレ補正搭載の機材なので大丈夫です。こうして6時過ぎまで撮影し、このペンションではもう一つのお楽しみの夕食です。

 まずはビールで喉を潤して蒸し野菜。そして南伊豆といえば金目鯛。






さらに豪華な刺身!日本酒が合います。みなさんお好みのお酒が進みますが、次はテーブルの天板を外してオーナー手作りの干物を炭火で。その写真を撮影したのにフラッシュが発光していないことが気付かないほど、私は酔ってしまったようです。

 二日目も晴れ。窓から明るい陽が差し込んでいます。まずは、えりさん自前のエンジのニットで撮影。そして愛知のホテルでは定番だった豪華なウエディングドレスをペンションの1階で撮影しましたが、髪の毛をアップにしたえりさんのさわやかな表情も相まって、これがまたいい絵になります。DX撮影会二日目も佳境に入ってきましたが、早くもお昼。昼食はペンションにお願いしてカレーライスを作っていただきましたが、絶品の美味しさです。

 午後は紫のニットを、窓からの逆光で撮影。ここでもCAPAの作例写真の撮影をさせてもらいましたが、下の写真、上段の左右がメニスカスレンズによるソフトフォーカスのような描写です。次は、不織布と布で作った背景に、ゴールドの衣装で。引いて全身もよし、寄ってアップもよしと、変化も楽しめました。

 最後の衣装はグレーのニットですが、窓際で太陽を背にしていたえりさんが、つい「暑い…」と、言ってしまうほどの日差しです。そこで涼しいところということで、ペンションの調度品を背景にして。こうして4時前に撮影会を終了。二日間で延べ約10時間の撮影も、あっという間でした。

 ペンションの変化に富んだシチュエーションのおかげで効率よく撮影をすることができました。そして、魅力的なえりさんと、和気あいあいの参加者のみなさんによって、今回も、とても楽しく充実したババロア撮影会になりました。