Hostellerie Avances soiree
Au sujet d'une auberge

初めてのお客様     オステルリーアヴァンソワとは・・・・・・




オステルリーアヴァンソワのコンセプト

南フランスの小さなオーベルジュをイメージしております。

外観や内装なども南フランスのオーベルジュに旅行に来たようなイメージをコンセプトにしております。

そのため海外から直接輸入したものや設置してあるものもありますのでもしかすると

「使いづらい」ものもあるかもしれませんが海外気分を楽しんでいただきたいと思います。

お料理は「ワインを飲む事を前提にした「必要な重さ」のある伝統的なフレンチをご提供しています。

料理と通してフランスの文化やおおらかさや寛大さなどを感じていただければと考えております。



設備に関するコンセプト


アヴァンソワルームにはタラソテラピーのできるシャワーブースをご用意しました。

足湯をしてブルターニュ産の塩を入れてボディーシャワーをします。

血行がよくなりポカポカします。






ーベルジュの発祥はフランスであり、“郊外や地方にある宿泊設備を備えたレストラン”のことを指します。

フランスにおけるオーベルジュの歴史は中世まで遡るとも言われますが、

1900年に創刊されたミシュラン・ガイドが星によるレストランの格付けを1926年から始め、

自動車が普及するようになると地方にあるオーベルジュも注目されるようになりました。

「その土地でその土地の食材を使った料理を楽しむために、お目当てのレストランへわざわざ出かける。

食べた後はレストランに併設している客室に泊まる」という美食大国フランスらしい、

グルメ旅行を代表する施設がオーベルジュといえるでしょう。

日本の和食も懐石を出す料亭から町の定食屋までさまざまな料理店があるのと同様、

フランス料理にも高級レストランから大衆的な店までさまざまあり、

グランメゾン、ビストロ、ブラッスリーなどに分かれています。

郊外・地方型レストランでもあるオーベルジュも一つのカテゴリーとして考えることができるでしょう。


現在の日本におけるオーベルジュは、日本独自の旅文化とも融合し、

日本料理や世界各地の料理を提供する多彩なスタイルのオーベルジュが登場しています。


日本オーベルジュ協会ホームページより抜粋