今もなお生き続ける遠い昔の思い出

それを鑑賞できる事の喜びを

共に分かち合いたい


プロローグ

浅川洋 

昭和36年生まれ
  
小学生の頃、ウルトラマンやセブン

ゴジラ、ガメラ、仮面ライダーなど

たくさんの特撮映像に魅せられました。

小学校4年生の頃、工作用紙ってやつで、

仮面ライダーの仮面を2〜3個作りました。

それは、ヘルメットのようにすっぽりかぶれるようになっており、

目と鼻は半立体にし のぞき穴には、セロハンを貼り、

絵の具で着色して、一番好きなキバのパーツは、

本物どうりにヘルメット側に接着し、

下あごパーツは、かぶった後から、はめるんです!

それから赤い本物のマフラーを首に巻き

これまた工作用紙で作った胸パーツを肩からつるし

同じく工作用紙製のライダーベルトを腰に巻き 

鏡の前で、‥‥

「ライダー 〜変身! トーッー!」  

決まった〜 …‥

と思いきや‥‥。

はずれてきちゃうんですよ〜

下あごパーツが ‥‥(@_@)

口を大きく開けて叫んだのが、

失敗の原因でした。



でも最近、下あごパーツがはずれて中の顔が見えてる

仮面ライダーの資料を見て

「あの時の失敗も本物どうりだったんだな〜」

と一人、にやにやと

思い出にひたってしまいました(^o^)

























アス工房の名前の由来

アス(ASU )は、

「ASURA」
阿修羅からとりました。

「生命(ASU)を与える(RA)者」

という意味になります。

作っているのは怪獣の模型ですが、

映像の中では熟練したスーツアクターが入り

着ぐるみに生命を与えてくれていました。

そんな生きてる怪獣を表現したいと言う願いを込めて

この名前をつけました。