さいたま市浦和区町田けい子ピアノ教室

詳細3


1997年、ブルーノート東京で行われた、
チック・コリア氏のクリニックのお話です。
要約して、書きます。

「僕は音楽も芸術も、実際には、教えることはできないと
 思っています。

 音楽を創るということは、創造性の話になりますが、
 僕たちは、赤ちゃんから大人になるまで、
 家庭や、学校や仕事で、「##しなさい」と言われて、
 生活しています。

(このクリニックに参加した)皆さんが、音楽をやろうと
 思ったのは、命令されてではなく、
 人がクリエイトするのを見て、
 「なんか良さそうだ」「楽しそうだ」と思って、
  自分もやってみようと思った。

 周りの環境、例えば、両親が、物分かりの良い人なら、
 ピアノで遊んだりする環境が得られる。
 そして、楽しみ始める。

 でも、「それはダメ。こうですよ」と言われた時から、
 創造性のレベルは、低い所に下がってしまう。
 こういう方向だと、閃きやインスピレーションは、
 なくなります。

 芸術や音楽の、その場所は、自分で決めて、最初のルールは、
 自分自身になること。

 自分自身が考えを持ち、その中身を理解し、自分のテイストを
 持ち、好き嫌いをはっきりさせる。

 そして、それを自分で、ちゃんと分かっていることです。

 この地球上で、政府から離れた自分自身の小さな場が、
 一つだけあります。
 それは、アートです。絵画や詩、音楽、みんなそうです。

 自分で創造して、自分の感情に、責任を持つ。

 後は、部屋から外の生活に出ていく。

 そして、静かに自分の音楽を創っていく。

 このルールを、「自分自身になれ」というタイトルにします。

(後略)

        トップページにもどる