人生の悦びは自然な家と庭にあり 

TOP


        

         

          




自然な住まい
-------------------------------------------------------
自然とは、「人の手を加えない万物があるがままに存在している状態」と辞書に
あります。人も自然の一部、自分もまた、「自然の分身」であることを思います。

「自然な住まい」とは、家と庭(住環境)にある「空気、水、土、植物、光」が
気持ち良いことそして、その気持ちよい自然リズムを乱す「住環境ストレス」が
少ないことがより自然な住まいといえるのかもしれません。



■ 気持ちよい「空気」
-------------------------------------------------------
住まいの空気は、適度な温湿と新鮮な通気、通風、イオンバランス、光によって
自然な気持ち良さが保たれています。よどんだ空気や汚染された空気は酸化と
腐敗を促進し、雑菌と空気質の低下を起こしやすいものです。家の空間は、
室内空間だけではなく屋根裏空間も収納空間も壁中空間も、さらに床下空間も
心地よい空気になる自然浄化素材の工夫をしております。

そのため内部仕上素材は、調湿呼吸する自然の無垢素材を多用し室内空気と
環境を汚染しない人と自然に負担のない内装材選びを心がけております。
森のように深呼吸したくなる気持ちよい住まいの空気と人工のストレスが
少ない住まいづくりを大切にしています。



■ 生命力ある「水」
-------------------------------------------------------

住まいの「水」とは、飲水と湿度と給排水と土壌の水気です。カラダに負担を
かける害のない安心、浄化、活性化された気持ちよい住まいの水でありたい
ものです。住宅の飲水と室内空気の湿気は、直接私たちの健康に深く関わります。

ボイラーや給水管内は、設備機器トラブルと寿命に関わります。飲水は、消毒
された水道水は必要ですができる限り塩素消毒のマイナス面を少なく、少しでも
カラダと川の水汚染と洗剤を減らすフィルター交換のない元菅活水器をご提案して
おります。




■ 自然力ある「土」
-------------------------------------------------------
家の周りや庭、畑の地質と植生の質と共に、土壌の微生物バランスも偏らずに
整い、宅地下の埋設物や水脈等がなく、さらに地形的な土地に流れている微弱
で自然な電気=地電流や地磁気が安定し自然リズムと自然力が整っている
生命力豊かな土地の特性を測定したうえで間取計画致します。

土地の地磁気計測で電磁気的な不安定ポイントある時は、そこを避けた寝室配置
プランにするか、避けられない場合、そこの地場(電位)を高める調整配慮も致します。
健康に関わる家庭菜園の土は、できるかぎり農薬や除草剤で土壌菌やカラダの常在菌
バランスをくずさない工夫も大切ですね。




「住環境ストレス=ハウスストレス」 とは?
-------------------------------------------------------

心地よい自然な家づくり実現には、自然の心地よさを乱す様々なハウスストレスを
できる限り取り除きストレスを緩和させる事が必要です。「ハウスストレス」には
下記要素があるとARUは、考えます。

これは東洋的な知恵と似たドイツの「バウビオロギー=建築生態学)という建築法に
似ています。 また家相学で伝える不調和要素=凶相とも多少重なるようです。 



 空気(空間)  
  1. 建材や家具家庭用品の有害化学物質  2 携帯電話や家電の有害電磁波 
  3. 有害ウィルス、細菌、カビの微生物バランス  4. 不快音、有害紫外線・太陽風・宇宙線・放射能
  5. 家の電気配線・配管ルートによる生体磁気の干渉  6. 汚物や腐敗物の有害ガスとマイナス波動
  7. 家の磁気方位と太陽光、住む人固有の気質相性と生体磁場作用
 
 水と食 
  1. 水道や地下水に含まれることのある有害物質    2. 食器、配管、容器等の有害化学物質
  3. 空気中湿度の過不足、静電気、イオンバランスの偏り  4. 汚染水の磁気情報 (水は磁性体です)
  5. 有害な食品添加物と薬害汚染の体内蓄積と排毒力低下

 ★  土. 
  1. 宅地土壌微生物バランスの偏り 2. 地磁気の乱れ 3. 地中断層、水脈、ガス、鉱物等のストレス
  4. 宅地地形変化による地電流の変化作用 (酸化と還元電位の変化作用)  5. 土地に残る負の記憶

 精神汚染 1 .激しい恐怖、怒り、恨み、疑いの精神不安でネガティブなマイナス波動からの干渉
              (意識はエネルギーの考えから、個の意識と集合意識が時間と空間を超えて
              マイナス共振・受信によるストレス作用) 

 
放射能汚染  環境として今の日本に広がる放射能汚染の大きな課題を超える英知も必要です。
               

このような「ハウスストレス」は、心地よい人と自然のリズムを乱し心身不調を感じやすい
精神的・肉体的ストレス原因となっているようです





■ ARUの「自然な住まいづくり」
-------------------------------------------------------


家は、庭があってはじめて「家庭」となるようです。庭のない家は、本来の
家庭づくりのまだ過程かもしれません(笑)。 「人生の悦びは家庭にあり」
と考え、どんな家の設計も庭(土地活用)ビジョンを描いた中から家の設計
が見えて来るように感じます。 ただ立派な庭であることより美しくも尊い
自然と慎ましく調和できるよう家も庭も「自然」をどう生かすのか・・・
可能性と生き方が問われているのかもしれません。

 


「自然住宅」 設計施工事例、M様宅の場合の設計仕様です

下記の住まいは、化学物質過敏症の家族のために環境ストレスのない
住環境でより自然な無垢の木と土(塗り壁)と紙と布だけで作ったお家です。
本当に気持ちよい空気と水と土の恵みに包まれる住まいになってくれ
ました。床下敷炭と地場調整の炭素埋設もされ、また洗剤が要らない水の
機械も付けられたお家で御座います。家族4人のお住いとなっています。


 

★ M様宅の地場測定

  この土地は、磁場測定から少し地磁気が不安定なポイントがあったことから、
  土地の自然力を調えるために3か所の炭素埋設による地場調整を施工。


  家の心地よさは自然素材だけでつくられるのではなくなく心地よさの本質と
  なる土地と家の「空気、水、土」にある見えない自然バランスとそれを乱す
  環境ストレスができる限り少ない環境でありたい。

  土地の地磁気測定等で土地の自然力とストレスポイントを調べ、地力低下
  (酸化・腐敗・陰湿)傾向あるところは調整工夫致します。そして家と土地の
  「空気と水と土」を浄化活性化へ向ける設置提案も致しております。


★ 交換フィルターのない空気と水の活性機

  あまり知られていない室内空気活性機や洗剤を減らせる浄化力あるフィルター
  交換なし活水機、大地とつながる床下空気を調え室内に自然なマイナスイオン
  リッチにする備長炭敷・・・などの提案も、 確定土地の自然力とストレス調査
  測定から必要に応じ、基本仕様にしてゆきたいと考えております。



ARUの自然素材ポイント

   ARUの自然住宅はできる限り自然な調和素材を使いたいと考えて
   おりますが予算バランスに合わせた自然仕様のご提案も致しております。



:道産木材と防腐剤
--------------------------------------------------------- - ----
・できる限り道産の構造材、外壁材          ・土台は、有害防腐剤のない素材
・建物木部防腐材は、自然な素材           ・家具建具も道産材の製作家具
・床材や壁天井の木質は、無垢材使用




自然塗装と塗り壁
---------------------------------------------------------  ------
室内の空気と肌に触れる木質は、できる限り道産材を優先し仕上げは全て自然塗装仕上
壁天井の白壁材は、珪藻土入りプラスターで自然な仕上げとする




クロス貼や畳の安全素材
-----------------------------------------------------------------
ご要望によりクロスなどの貼りもの使用時は、和紙、ウッドチップ、織物などの自然素材選択で
畳は、農薬シートのない自然畳など、化学畳ではない素材を使用




断熱材と断熱性能
-----------------------------------------------------------------
断熱材は、建主様の健康事情とコストバランスを考えながら 高性能グラスウールか次世代
省エネ基準の住宅性能表示温熱環境性能4等級と同程度の
安全な道産ウッドチップや
ポリエステル羊毛断熱材13Kなどを提案


より断熱性能を高める家づくりポイントは、今までの次世代省エネ基準の住宅暖房費をさらに半分にする
断熱性能をめざしQ値(熱損失係数)=1.3〜1.0の建物ハード性能を確保する建物施工から外壁断熱材
厚さ200oかそれ以上のレベルで全体バランスを見ながら計画いたします。施工チームは、高スペック
な断熱性能で、熱損失を抑えつつ省エネや創エネの設備機器を用い、よりランニングコストの少ない
住宅研究意欲とその施工技術力がありますので、省エネ自然住宅実現に可能な限り挑戦努力させて
頂きたいと思います。




外窓断熱ガラスと家の気密性能
-------------------------------------------------------------------------------------
できる限り新築住宅の南面窓は、トリプル三重ガラスの木製窓その他は、トリプル三重ガラスの樹脂窓
併用で高額な窓コストを少し抑えながら同性能を・・・。気密性能値となります隙間相当面積は、 C値=
0.7C〜次世代省エネ基準2.0Cを目標基準とします。







 こんな古来からの「自然環境学」も応用し設計しています・・・

    特にご要望がある場合のみですが、先人が伝え続けて来た古来の自然環境学とも
    いえる「家相風水の設計」もご提案させて頂いております。 これは、信じられる方
    にのみ設計対応となります。 まだまだ33年の自然気学研究ですが、体験的な
    確率の高かったモノだけをとりいれております、家相と申しましても占い的な妄信
    ではなく設計屋として科学的視点から事実と迷信を独自の体験判断できた設計
    となっております。 自然法則の真実は、毎日が学びです。 
  
参考まで↓


     
「家相の住宅設計」事例.1 夫婦二人の平屋住宅 →こちら

      「ARUの自然気学」  家は人と自然の増幅装置  →こちら   
                              

         





           Copyright 2013-2016 ARU Kankyokeikaku. All Rights Reserved