Atelier アル環境計画  

  
小さな家をつくろう 」
  


         「小さな家」だからできるこんな大きな夢と幸せづくり


   
     

         
    
   
                「山の小さな家づくり」バスデッキある木の風呂 

 ● 畑づくりと山の暮らしに小さな家を建てました。眺めの良いオンコ風呂とトイレ付きキッチンハウスです。
    トイレはバイオトイレを付け、水も臭気の心配も無用で、汚物は小さなおがくずで畑の堆肥になるエコライフ。
    暖房は、1階キッチンストーブと2階の風呂用マキボイラーになっています。ほとんど無垢な自然素材仕様。
    建坪/1・2階で27坪、当時の建築費は1590万+庭費160万、かなりコストダウンで・・・、





                 「小さな家と小さな住まい」こんな魅力



 ● 今、住宅は商品化され様々な家があります。あまり気張らず、本当に大切なものだけで暮らせる

   「簡素すっきり、小さなおうち」もいいものです。

   家づくりは、「自然に調和する素材と技術と感謝できる気持ち」があるだけでも、幸せな家の素は
  
   できるようです。 できるかぎり・・・


   たくさんのモノより必要最小限のモノで最小のエネルギーで・・・

   複雑なものより単純で愛着もてる呼吸素材を大切に末永く・・・

   大きいモノよりコンパクトでバランスよく和むモノでココロ豊かに・・・





 ● 小さな家の設計で良く知られる建築家

   とても好感を持った下図一枚の平面プラン図をご紹介します。小さな家の設計で良く知られる

   建築家/中村好文 氏の設計「小さな家」です。



   


   
最小限の住宅設計とは、以外にも難しいものです。クオリティの高い知恵と工夫と

   センスそして、設計思想のようなものが求められます。例えば、有名な清家清さんの「私の家」、

   吉村山荘、コルビジェの「母の家」、マルセルプロイヤーの「チャンバーレイン・コテージ」も小屋

   ではなく、最小住宅として成り立つ15坪前後のサイズで極まる「小さな家」であります。

   中村氏の上記1枚も、広さは13.5坪の簡素な最小住宅なのに狭さを感じさせない工夫が

   魅力です。山の崖上ですが最高の眺望と広いデッキ付きで建てられている「小さな家」であります。

   インテリア写真を拝見しても魅力的な設計だと思います。 

                   (写真とコメント / 雑誌「住む」2004年8月号の記事より)





 ● 小さな家は「生活の船」のよう。(共感した文章)


   『 小さな船が安全に航海するためにはどうしても必要なものと、積み込める限界から本当に必要なもの

   を見極める「眼」と割り切る「覚悟」が設計する側にも、住まう側にも求められます。小さな家は、いや

   おうなく住む人の精神、姿勢・・・が現れてまいります。まるで「生活の船」のようです。 小さくとも「華」の

   ある家。・・・コンセプトやテーマばかりにとらわれていると、理屈っぽい家になってしまうし、ローコストや

   利便性ばかり追いかけると、ただつつましいだけで面白みのない家になってしまう。粗末な材料でも豊か

   にできるし、豪華な材料を使っているのに貧相になってしまう家がある。威張ったり、卑屈にもならない、

   こんな家の健全なスピリットや住み手の人柄がどこかにちゃんと感じられる家が、理想ですね。それが、

   その家の「華」なんだと思います 』 中村氏の、こんなコメント・・・

   とても共感するものがございました。すっかりファンになり、数冊本を買ってしまいました、笑。






      『 だから、こんな小さな家 』造りました 



                 
床下の敷炭


          
   上の写真は以前設計させていただいた「お母さんの"小さな家"」です。大病で1年入院した1人
        
         暮らしの当時若いお婆ちゃんが(笑)、なんとか自立できる元気回復を実現するための必要最小
         
         の家づくりでございました。大病で入院中は、人工透析をしなくてはいけないぐらいまで悪化して
         
         いたお婆ちゃんでしたが、家族の願い、設計の願、家の自然力のお陰か・・・偶然か・・・本当に幸
        
         いにも、住宅完成移転後2年で、人工透析は一切せず、ヘルパーさんに援助してもらいながらも、
         
         1人暮らしができ、徐々に1人で買い物にも行けるまでに回復してくれました。これは嬉しかったです。
         
         2015年の今も1人暮らしで年齢なりに元気にお住まいでございます。そんな元気回復できたお母
         
         さんの「小さな家」には実は、ハウスストレスのない自然の気と調和させる色々なリラックス工夫が
        
         されております。

   

         この「小さな家」は・・・18坪の極小面積で、安心の自然素材をたくさん使って当時980万
                       現在なら1200万前後。 仕様・仕上げのポイントは・・・


                       ■外壁・・・・・・・・・・・・・・・・・・モルタル、一部壁板貼
                       ■床材・・・・・・・・・・・・・・・・・・カバ材フローリング植物性塗装
                       ■壁天井・・・・・・・・・・・・・・・・植物性エマルジョン塗装
                       ■キッチン、洗面・・・・・・・・・・大工さんの無垢材特注制作
                       ■建具、家具・・・・・・・・・・・・・大工さんの無垢材特注制作
                       ■収納の棚・・・・・・・・・・・・・・・無垢板
                       ■床下敷炭と炭素埋設・・・・すこやか空気「炭施工」
                       ■食品天然冷庫・・・・・・・・・・床下のひんやり、さわやか炭空気
                       ■ガス台・・・・・・・・・・・・・・・・・レンガ積
                       ■食器棚・・・・・・・・・・・・・・・・大工さんの無垢材特注制作


           


     ●元気回復を実現した・・・「小さな家」のこんな設計工夫


      @ 家の空気・土・水の気質と、家の気質と、住み手の気質相性をすべて高める工夫をする。

           (土地の地磁気測定から磁場の不安定ポイントを特定し、土地と床下に炭を入れる。
           土壌の微生物バランスと家の水の還元力をすべて高める)

      A 鬼門正中線上と、エトに火と水と欠けがあると体調が崩れる確率が高いのでしっかりと避ける。

      B さわやかな陽気方位と老後の寂しさに悩まぬように玄関は生年月日に合う、配置。

      C 安眠を考え、家の中心はあえて寝室内に配置する。(家族がいる場合は居間に中心をとることが必要)

      D 生まれ干支(エト)は体調と深い関わりがあるためエト中心から水・汚水・火を微妙に避ける。

      E 浴槽の水を薬湯で貯めることがあってもいいように方位分解線上にもってくる。

      F 高齢者で落ち着いた生活ができるように欠けはもちろん張り出しもあえてない間取りとする。

      G 将来の相続
発展性を確保するため敷地に対して建物面積が三分の一以内で敷地の空地バランスをとる。
       
      H 生まれ星に関わる方位を調えて、方位正中は壁でしっかり守り陽気を保てる間取りにする。

      I 風水の空地は新鮮な空気と陽気をたくさん引き込めるように東から西までを多くする。


     J 痴呆予防に役立つ家づくりには頭と共振する屋根の空間と南方位を自然調和のカタチにする。

      K 予算980万で、これだけの質を保つ家を実現できるように、工務店一括発注から分離発注にする。





                「小さなお店やアトリエ」づくり・・・



   ● 「小さなショップ、造りましょ」
  
      たとえば50万〜100万前後の水廻りなしシェッドから、トイレキッチン付きの建築費

      380〜480万くらいのアトリエやお店づくりの事例です目的、場所、仕上げにより、

      建築費用は変わります



       

       
                           atelier garde miu


        



      
        「上質な会員制アロマテラピーもりのこや」さん





  ● 「シェッド(物置小屋) も他にないもの造りましょ」 (6帖間で約70万前後から)

   
   ※ セルフ塗装でさらにコストダウンして造った物置シェッド、中は見造作でセルフ棚施工としました。
      3600×2700=6帖間サイズにミニロフト空間があります。






  ● atelier garden miu

     可愛い 6坪の小さなアトリエショップと教室づくりを工期約60日完成のお手伝いを

     させて頂きました。

     フラワースタイリスト miuさんのアトリエ、詳しいページは → こちらです。



       

       
                
 ショップ風景                       アトリエ教室風景



       「小さな家と小さなお店」づくりの気軽なアドバイスしています



      自然素材を使った他にない心地よい空気のお家をできる限り安価に設計施工実現の

      アドバイスができると思います。気軽にお問合せを、相談と見積は無料です。 

        ■お問合せは、 aru@keh.biglobe.ne.jp   アル環境計画 / 早坂までメール一報を・・・





                   Copyright 2013-2016 ARU Kankyokeikaku. All Rights Reserved





Top

Works.

Works.

Policy

Links