Atelier アル環境計画  


Top

Works.

Works.

Policy

Links

「森の家 F.house 2」自然住宅施工レポート ・・・
 


   

    キッチン ↑↓

   




   

    キッチンからダイニングとリビング望む ↓

   

 

    



    



    

     リビング奥のラウンジと小上がり和室 ↑

    
    
     ダイニングとキッチン↑

     

    

  



 



 


★「森の家」省エネ自然住宅の計画と設計

■ 木製窓3重ガラス、外壁ウッドファイバー断熱200o、天井サーモウール断熱300o、基礎断熱100o仕様。

 今までの次世代省エネ基準の住宅暖房費をさらに半分にする断熱性能をめざし 
 Q値(熱損失係数)=1.3〜1.0の建物ハード性能を確保する建物。外壁断熱材
 厚200o、窓3重ガラス、天井400mm全体バランスを見ながら計画。高スペックな
 断熱性能で熱損失を抑えつつ省エネ設備機器を用い、よりランニングコストの
 少ない住宅づくり。気密性能値となります隙間相当面積 C値=0.41C (次世代
 省エネ基準は、2.0C) 調湿呼吸できる無垢材と自然塗装し上げ材、床下には、
 空気浄化できる竹炭の敷炭施工された健康と環境負荷に配慮した省エネ自然住宅の
 家づくりとなっております。


 
            アル環境計画