Studio ftn Score Editor 公式サイト
https://www7b.biglobe.ne.jp/~arts-fg/lib/se/




※ 2023-10-06 Last Update 5 を公開しました。

1.公開前にウイルスチェックを行っていますが、念のため使用前にウイルスチェックを行ってください。
2.ユーザサポートや問い合わせは受け付けていません。
3.フリーソフトですのでOSで動く限り誰でも使用できます。

※ ダウンロードアーカイブ内にある「 取り扱い説明書.txt 」に書かれている範囲で自由に使用してください。

Free Download:
Studio ftn Score Editor Pro 9.77.230922L5 (Last Update 5)
3.5MB 2023-10-06
MD5ハッシュ:C21083A0E36207633B45FEDA8A2AC1BA


Studio ftn Score Editor Pro は、Studio ftn Score Editor シリーズ(9.76相当)の全ての機能を含むエディションとなっておりフリーソフトです。 全機能を無料で使用できます(9.77 以降に付属の説明書に同意してください)。

このソフトウエアはもともと80〜90年代の頃に音楽や音関連の研究のために開発されたものでした(MMLもしくはファミリーベーシックに付属のミュージックエディタで曲を書いていた時期にグラフィカルに和音の入力がしたくて開発が始まります)。後にインターネットの普及によってその後は利用者の意見を参考にしながら成長していきました。エディタ画面上の音楽フォントは一般公開後に微調整を行っているものの80年代にドットデザインしたものをそのまま使用しておりベクターフォントは使用していません。

ですから、このソフトウエアを楽譜ワープロだと思って使用してはいけません。SC88向けの楽譜MIDIシーケンサとして開発を進めたからです。これらのコンセプトは現在まで守り続けています。 SC88はGS規格でありかつGMの上記互換機であるため、SC88用に開発したこのソフトウエアも結果的にGSやGMの機能を含みます。ですから現在広く普及しているMIDI音源でこのソフトウエアを使用できます。

エディタ上では独特な音楽記号の配置ルールに従う事によって、このソフトウエアは記号の並びを演奏指示として認識します。 基本的には楽譜のルールのように記号を配置する事によって正しく演奏されますが必ずしもそうではなくより効率よく入力できる配置を採用しています。

基本的にはピアノ主体のベロシティベースのツールでありトランペットやギターのようなノート中での細かな演奏表現は基本的に出来ません。 それらは他のDAW(生演奏)で入力したほうが適切であり、楽譜作成はワープロ専用ソフトで正式に清書する方が適切です。

このソフトウエアは簡単な入力によって楽曲のインスピレーションをできるだけ正確に素早く得る事に特化して仕様を決めているのです。 具体的にはメロディの研究と伴奏の研究を深めるためにこのソフトウエアを使用します。 楽曲制作の前段階でこのソフトウエアを使用すると効果的でしょう。

先ほど清書について触れましたが、このソフトウエアは自動清書という仕組みで印刷イメージをプリンタや画像へ出力します。 印刷イメージではエディタとは異なり高解像のベクターフォントを使用しています。

自動清書機能により、清書に意識を縛られることなくエディタ上では、楽曲の骨組み作りに専念できるのです。 エディタ上で使用できる印刷制御記号と印刷設定ダイアログの内容を調整する事で、好みの楽譜を自動清書できます (プレビューは簡易的な表示となっているので高解像度のイメージで確認したい場合は画像(.bmp)で出力するかプリンタへ出力して確認します)。

印刷イメージは他の楽譜専用ワープロへ入力する原型を出力する目的で開発していますが、 個人的な用途で楽器を演奏する用途であれば問題なく使用できるレベルの楽譜出力はできると思います。 このソフトウエアは楽譜シーケンサ派の人向けに公開していますが、楽器の練習や楽譜作成をメインで使用している利用者もいるようです。

当時のコンピュータはOSといったものはなくBIOSのみで直で起動し画面すべてを占有するソフトウエアが普通でした。これを Windows のようなマルチウインドウという形式に対応するのには苦労を伴いましたが右クリックメニューによって当時のコンピュータ風な操作感を実現しています。

残念ながら現代はコンピュータ画面の解像度が格段にアップしたことによってこのソフトウエアが守り続けた伝統でもある80年代風ドットフォントコンセプトの画面は小さくて見えにくくなってしまいました。その他、あらゆる部分が時代の進化に付いていけていません。 今はこのソフトウエアについてゼロから考え直す時期にあたり、それには長期の時間を要すると判断しました。


印刷例(画像クリックで拡大できます。
拡大しない場合はこちらの画像を保存してフォトビュアーなどで確認してください)。


FAQ:
I-8 エラーのメッセージ内容は zip 内の「 取り扱い説明書.txt 」にも記載していますので、 翻訳ソフト等を使用してお読みください。
The contents of the I-8 error message are also listed in "Instruction Manual.txt" in the zip file. Please read using translation software.

説明書修正等予定:
修正点が見つかったので今後修正予定あり。
以下の利用規約的なものもいつか反映したい。

利用規約的なもの:
1.9.76 以前のバージョンは配布不可。
2.今後はあるがままスタイルで ftnSE Project を運営していきます。
3.3月以降のコミュ掲示板はアーカイブ更新の前後あたりに消失したり現れたりで期間限定で出現する場合もあります。ご意見等は出現期間中におねがいします。
2024-04-01
ftnSE Project は休眠状態かつあるがままで気まぐれに気長にというスタイルで運営します。 時代が変わりすぎて表現形態が変化しすぎたら、めんどくさいので、その時いつの間にか自然消滅。という感じで。 「開発は遊び」みんなが遊ぶためにはどうしたらいいかみんなで真剣に考える必要がある。

2024-03-XX
拡張子設定による起動不具合の修正を今後予定。

2024-03-XX
時期未定でホームページ内容を微拡張の予定。

※ 上記は正式ですが以下のコメント的なものは単なる非公式のメモです(書いておかないと今後忘れる)。

2024-04-01
一度にやらずに上記不具合の修正だけやってみる方向性。