糖尿病教室 資料 教材等 


音楽療法等も講演会を聞きに行ってみたが糖尿病ではまだ資料がないようで、自閉症などの子供の症例には効果があるとのことであった
それでも調理実習のときに、「みどりのそよ風とか一杯のコーヒーから」等のホーム歌謡を遠慮して低くかけていたら、「もっと高くして下さい」
と言われました。私の感じでは、音楽があった方が、いつもより手早くなるように思えた。  研究中
???         ???

次 詳細ページ7糖尿病

詳細ページ6糖尿病  資料 教材等


糖尿病教室で使用して、効果的なもの       准看護学生も納得
へモグロビンA1Cの説明に使用     マグネットに黒い色を塗って

糖             

血糖が高いと血液の中のヘモグロビンが、高い糖とくっついて 120日も離れないので、3日まえから食べ物を減らして病院に行っても、これを調べるとすぐわかる。      だから先生によっては[うそ発見器」と言う方もいる。   赤い血液のイメージの中に糖がべったり結びついて120日も良くならない状態を視覚的に訴えるので、皆さん  [ワッ!!」と声をあげて顔をしかめる。             正常値は4.3〜5.8 %
下が正常  真ん中がまあまあ 上は怖い  上は13%もある人でと、  毎日少しずつでも適切な食事をしていると、血液は毎日作られそして壊れていくから必ず正常に近づいて来る旨説明する。上のような怖い状態が続くと失明したり、腎臓が悪くなったり、足の壊疽や脚の切断、心筋梗塞や脳梗塞などよくない状態が遅かれ早かれ起きてくるのでしっかり食事や薬や運動を指示どうりに守りましょう、、、と

食べたい、飲みたいの口癖の方に
定量を食べてもっと食べたい時など
こんなものでは如何?  と
  
おしゃぶり昆布や味付けのりなど

その他 「シイタケ焼き酢醤油 」 
「わかめの生姜醤油 」
「刺身こんにゃく 」         「野菜のスチック 」                   などを一応お話してみる。  








前へ



トップへ