懐メロ 思い出し療法

    前へこれからの内容
        次へ私的雑談2




小さな日記へリンク

私的雑談1   思い出し療法


懐メロの効果期待   「小さな日記」 という歌をか細い声で歌った可憐な後輩
秋深く、遠い昔栄養改善学会で静岡に行ったときのことであ
る。仕事が終わりレクレーション旅行で、伊豆の踊り子コースを
選び、全国から集まった見知らぬ栄養士達と宿で楽しい宴会
が開かれた・。歌ったり踊ったり、順番が回ってきていやいやマ
イクの前に立った小柄な栄養士がそっと唄ったその歌を最近懐
メロで偶然聞いて、その時の
微笑ましい情景と皆の温かい
拍手が懐かしく想い出された。

もうひとつ、宴も興に入り夜も深まり、私の部屋の人達に「さあ
 終りにしましょう」と言ったところ、一人のきれいな後輩が 「も
う少し踊りたい!」と甘えた声で言ったので
 「ダメ シンデレ
も12時でしょう」と言えたこともなんとなく私が一番年長だ
ったんだなあ、、、と なんとなく笑いがこみ上げてくる。思い出
し療法やや成功!

バスガイドさんに教えてもらった川柳?短歌?

「主の噂と天城のわさび。きけばきくほど目に涙」

しっかり覚えてます。 わさびがあの辺の名産

英国の公的研究助成機関,工学物理科学研究会議によると、古い映画や音楽等が認知症に効果があるとのデーターがあるとか、予防のためにもいいと思われる



 

  トップへ